説文解字私註

この文書は説文解字に从ひ漢字について註記を試みようとするものである。出來上がるかどうかは知らない。

説文解字は、後漢和帝の永元12年(西暦100年)、許愼により成立。建光元年(西暦121年)、子の許沖が安帝に進上した。最古の部首別の漢字字典と言はれる。

凡例

構成

篇毎に部を列べ、部毎に文書をつくる。

字毎にまた文書をつくり、部毎の文書からリンクを張る。字毎の文書は説文解字に採錄されてゐない字についても作成するので、漢字私註と稱す。

説文解字の本字、重文及びその字釋は、部毎の文書にも揭示する。

本字、重文は、篆文を畫像で示すか、單に該當字を揭げる。該當字が複數ある場合は、その旨註記する。重文について、本字とは別の文書に註記する場合、重文に該當文書へのリンクを張る。

本字、重文の篆文の畫像は、各資料を參考に作成する。

參考文獻

漢字私註 凡例」の參考文獻に提示する。

第一

第二

第三

第四

第五

第六

第七

第八

第九

第十

第十一

第十二

第十三

第十四

補遺