説文解字私註

この文書は説文解字に从ひ漢字について註記を試みようとするものである。出來上がるかどうかは知らない。

説文解字は、後漢和帝の永元12年(西暦100年)、許愼により成立。建光元年(西暦121年)、子の許沖が安帝に進上した。最古の部首別の漢字字典と言はれる。

凡例

構成

篇毎に部を列べ、部毎に文書をつくる。

字毎に、説文解字と康煕字典の字釋を揭示し、更に註を附す。

説文解字注で補はれた字は、新附の後に揭げる。

説文解字の一字が後に分かれた場合、一字を採り、他を同じ部の補遺に揭げる。

一字の重文を別字として扱ふべき場合、同じ部の補遺に揭げる。

説文解字に揭載されてゐない字について註を附すときは、関聯の深い字の屬する部の補遺に揭げる。

親字

親字は概ね康煕字典の形とし、CJK統合漢字(擴張領域含む)の中から、多く用ゐられるものを採る。康煕字典の形を採り難い場合は適宜選んで註を附す。

説文解字の字釋

説文解字の本文は、一往、説文解字@WIKISOURCEに據り、適宜修正する。見出し字と説文解字の本字のつくりが異なる場合は、本文の前に説文解字の本字に對應する字を揭げる。説文解字の本字に對應する字形が複數ある場合、見出し字も含めて、本文の前に列記する。

重文及び其の字釋は、一往、http://www.shuowen.org/に據る。一つの重文に對應する字形が複數ある場合、竝べて示す。

引用中必要があれば〔〕内に出典など補足事項を註記する。

其の他註記すべきことがあれば引用に續いて記す。

康煕字典の字釋

康煕字典の本文は、中國哲學書電子化計劃に據り、適宜分かつ。引用中の強調は、異體字あるいは通用字。避諱による玄字の缺劃を再現する必要はないので直す。

異體字の釋を引くときには、先に、字を示す。

引用中必要があれば〔〕内に出典など補足事項を註記する。

其の他註記すべきことがあれば引用に續いて記す。

註記

文字コード關係

字の形の區別に必要な場合は、UnicodeやJIS漢字コード(面區點)を附記する。

CJK互換漢字は親字には用ゐず、他の箇所でも區別のために必要な場合に限つて用ゐる。

JIS X 0213:2004に採錄されてゐない字は、JIS X 0213:2004に採錄されてゐる異體字で代替する場合がある。

その他

閲覽環境によつて表示されない字があるかも知れないが、取り敢へず知らぬ顏を決め込むこととする。

文字コードの振られてゐない字は、偏旁などをGlyphWikiに適當な字形がある場合は借用することもある。これらで足りるかどうかは知らない。

參考文獻

以下を參照した。註記において、白川、藤堂、落合の説として擧げたものは下に據る。

第一

第二

第三

第四

第五

第六

第七

第八

第九

第十

第十一

第十二

第十三

第十四