説文解字私註 又部

又 手也。象形。三指者、手之𠛱多略不過三也。凡又之屬皆从又。
手口相助也。从又从口。
第二篇口部に重出。
臂上也。从又、从古文。
𠃋 古文厷、象形。
厷或从肉。
手指相錯也。从又、象叉之形。
手足甲也。从又、象㕚形。
矩也。家長率教者。从又舉杖。
老也。从又从灾。闕。
和也。从言从又、炎。籒文𤎬从𢆉。𢆉、音飪。讀若溼。
引也。从又冒聲。
𠭙
引也。从又𢑚聲。𢑚、古文申。
分決也。从又、[コ丨]象決形。
治也。从又、丿、握事者也。
𠭯
又卑也。从又虘聲。
𠭰
引也。从又𠩺聲。
拭也。从又持巾在尸下。
逮也。从又从人。
禾束也。从又持禾。
覆也。从又、厂反形。
𠬝
治也。从又从卪。卪、事之節也。
𠬢
滑也。『詩』云、𠬢兮達兮。从又、屮。一曰取也。
𠭥
楚人謂卜問吉凶曰𠭥。从又持祟、祟亦聲。讀若贅。
拾也。从又尗聲。汝南名收芌爲叔。
𠬸
入水有所取也。从又在囘下。囘、古文回。回、淵水也。讀若沫。
捕取也。从又从耳。『周禮』獲者取左耳。『司馬法』曰、載獻聝。聝者、耳也。
掃竹也。从又持甡。
借也。闕。
同𢖽爲友。从二又。相交友也。
𠬺 古文友。
𦐮 亦古文友。
法制也。从又、庶省聲。

排列

又部 舊版

説文解字
手指相錯也。从、象叉之形。
康煕字典
又部(一劃)
『唐韻』初牙切『集韻』『韻會』『正韻』初加切、𠀤音差。『說文』手指相錯。『玉篇』指相交也。『增韻』俗呼拱手曰叉手。『柳宗元詩』入郡腰常折、逢人手盡叉。
『酉陽雜俎』蘇都識匿國有夜叉城、城舊有野叉、其窟見在。『唐書・酷吏傳』監察御史李全交酷虐、號鬼面夜叉。
『唐韻』楚佳切『集韻』初佳切『正韻』初皆切、𠀤音釵。義同。
『正韻』婦人𡵨笄、同
『正韻』兩枝也。
サ。シャ。
はさむ。さしはさむ。さすまた。また。
解字(白川)
指の間に爪の現れてゐる形を象る。叉は一爪、は二爪の現はれてゐる形。指爪を以て叉取することを原義とし、のち交叉、分岐する狀態をいふ。
解字(藤堂)
手指の間に物を挾んだ形を象る。Y型をなしてゐて物を挾み、または突くものを全て叉といふ。
解字(漢字多功能字庫)
手指の間に點を畫き、指と指の間を指す。本義は指と指の間、轉じて交錯、交叉の意。
甲骨文はにつくり、手()の指の間に二點を置く。金文はそのうち一點を省き、叉につくる。説文解字は叉と㕚を分けるが、甲骨文、金文からの變遷を見るに、實は一字である。
一説に手指が相交錯する形を象るといふ。一説に㕚は爪の古字、丑、㕚、爪は同じ字で、爪の形を象るといふ。字形から見れば、㕚と丑、爪は大きく異なり、㕚の從ふところの二點は、手の形と繫がることはない。叉の本義は指の分かれるところ、轉じて分岐の意。
卜辭では地名に用ゐる。金文は商代にのみ見え、氏族名や人名に用ゐ、銅器に單獨で出現する。
人名用漢字

説文解字
矩也。家長率教者。从舉杖。 段注は巨也。とする。
康煕字典
部首
『唐韻』扶雨切『集韻』『韻會』奉甫切、𠀤音輔。『說文』矩也。家長率敎者。从又、舉杖。『釋名』父、甫也。始生已者。『書・泰誓』惟天地萬物父母。『爾雅・釋親』父爲考。父之考爲王父。王父之考爲曾祖王父。曾祖王父之考爲高祖王父。父之世父。叔父爲從祖祖父父。之晜弟先生爲世父。後生爲叔父。父之從父晜弟爲從祖父。父之從晜弟爲族父。
『詩・小雅』以速諸父。《傳》天子謂同姓諸侯、諸侯謂同姓大夫、皆曰諸父。
老叟之稱。『史記・馮唐傳』文帝輦過問唐曰、父老何自爲郞。
『廣韻』方矩切『集韻』『韻會』匪父切、𠀤音府。『集韻』同。『廣韻』男子之美稱。『詩・大雅』維師尚父。《箋》尚父、呂望也。尊稱焉。○按管仲稱仲父。孔子稱尼父。范增稱亞父。皆倣此。
野老通稱。『戰國策』田父見之。
『詩・小雅』祈父。《傳》司馬也。
『春秋・桓十三年』盟于武父。《註》武父、鄭地。『釋文』音甫、有父字者、皆同甫音。
『廣韻』漢複姓。三氏孔子弟子宰父黑、漢主父偃、左傳宋之公族皇父充石。漢初皇父鸞、改父爲甫。
『正韻』防父切、音附。父母。〇按父字古無去聲。正韻始收入五暮。俗音从之。防父切、父字誤。
叶扶缶切『蘇轍・釀酒詩』誰來共佳節、但約鄕人父、生理正艱難、一醉陶衰朽。
フ。ホ。
解字(白川)
斧頭の形との會意。指揮權を持つ人を表す。
解字(藤堂)
手に石斧を持つて打つ姿を表す。斧の原字。もと拍と同系。
解字(落合)
手()に物を持つ形。持つ物は同聲の斧(石斧)とする説が有力。殷代の親族呼稱の用法から、權力の表示ではなく、單に力仕事をする壯年を表すと推定。
解字(漢字多功能字庫)
手()に丨を持つ形。丨は石斧と考へられる。古代、成年男子は多く斧を持ち生産に從事し、故に手に斧を持つことが家長の象徵とされる。本義は父親の父。按ずるに説文解字は父字の手に持つものは杖を象るとし、手に杖を持ち教導するの意を有す。一説に、金文に據れば手に持つものは炬を象るといふ。一説に手に持つものは斧を象り、斧の初文といふ。一説に父と攴とは一字の分化したもので、動作主が父、敲く動作が攴。諸説それぞれ道理があるので竝べて擧げた。
甲骨文では生父や父輩を指す。
金文でも生父や父輩を指す。また男子の美稱や地名に用ゐる。
戰國竹簡では父親を指し、或は母と對にして擧げ、或は子と對にして擧げる。
傳世文獻では多く父輩を指す。また男性の長輩に對する通稱に用ゐる。
當用漢字・常用漢字

説文解字
老也。从从灾。闕。
𡨎 籒文从寸。
𠋢 叜或从人。
康煕字典
又部八劃
《古文 》叜
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤蘇后切、音藪。『說文』老也。
『集韻』『韻會』『正韻』𠀤疎鳩切、音搜。叟叟、淅米聲。『詩・大雅』釋之叟叟、蒸之浮浮。《註》釋、淅米也。叟叟、聲也。『集韻』或作、通作
『正韻』先侯切、漱平聲。尊老之稱。『劉琨・贈盧諶詩』惟彼太公望、昔是渭濱叟。鄧生何感激、千里來相求。
『集韻』蘇遭切、音騷。同搜。搜搜、動貌。或省作叟。
サウ
おきな
解字(白川)
宀と火との會意。宀は廟屋で、廟中に火を秉る形。家の長老の職とするところであるから、また長老の意となる。
解字(藤堂)
かまどの中を手で搜す意を表し、搜の原字。老人の意は假借的な用法。
解字(漢字多功能字庫)
宀と火とに從ひ、人が手に炬火を持ち屋内を搜す形。本義は搜索。搜の初文。後に假借して老人を表し、搜尋の義は手を加へた搜字で表す。

説文解字
和也。从、炎。籒文𤎬从𢆉。𢆉、音飪。讀若溼。 段注は籀文を𤍛につくり重文に掲げる。
《段注重文》𤍛 籒文燮。从𢆉。
康煕字典
火部十三劃
『唐韻』蘇叶切『集韻』『韻會』『正韻』悉協切、𠀤音蜨。『說文』从言、从又炎。『爾雅・釋詁』燮、和也。『書・洪範』燮友柔克。『周官』燮理隂陽。『詩・大雅』燮伐大商。
姓。『正字通』宋御史燮玄圖。
『玉篇』火熟也。『說文』籀文作𤍛。从𢆉。𢆉音飪。讀若溼。《註》徐鉉曰、𤍛燮二字義相出入。
○按『說文』『玉篇』合燮𤍛爲一。『集韻』燮專訓和。𤍛本作𤏻、專訓大熟。
セフ
やはらぐ
解字(白川)
と兩火との會意。言は神に對する盟誓。自己詛盟の語をいふ。その兩旁に聖火を加へ、これを修祓する。烹飪の字ではない。
金文の《秦公鐘》に百邦を柔らげをさ、『書・顧命』に燮和天下(天下を燮和す)、『書・周官』に燮理陰陽(陰陽を燮理す)とあり、字の初義は、恐らく自己詛盟によつて神意を和らげる意であらう。
解字(藤堂)
と炎と(動詞の記號)の會意で、火で暖めるやうに調和させることを表す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は二火とに從ひ、金文は辛を簡單に省く(丅の形)。棒や火をつける道具を手にするさまを象る。本義は薪火を管理すること、そこから煮込むこと、調和するなどの義を派生する。小篆に至つて辛をと書き、言語が調和することを表す。
金文では協調、協和を表す。秦公鎛に鎮靜不廷、柔燮百邦。とあり、朝見に來なかつた部族を鎭壓し押さへ附け、多くの國々を安撫協和したることを謂ふ。また曾伯簠に克狄(逷、逖)淮尸(夷)、印(抑)燮繁湯。とある。淮夷は部族の名。繁湯とは繁陽のことで、先秦の地名、楚國に屬し、汝南鮦陽縣の南に在る。淮夷を遠ざけ、敢へて侵犯せず、繁陽を抑へて協和するの意。
戰國竹簡では調和、協和を表す。《清華簡三・傅說之命・簡2-3》故我先王滅夏、燮強、翦蠢邦、惟庶相之力乘。我が先王は夏王朝を滅亡させ、協和し國を強くし、愚昧な國を討ち滅ぼしたが、これはすべて庶相(伊尹)の力によるものである、の意。《清華簡三・芮良夫毖・簡14》燮仇啓國諸友と協和し國家を建立するの意。また征伐を表す。《清華簡三・芮良夫毖・簡13》恆靜(爭)獻亓(其)力、畏燮方讎。相爭つて力を出し、四方の仇敵を征伐し、其れを畏懼せしむの意。按ずるに「畏燮方讎」は相爭つて力を出し、威名を遠くまで弘め、それにより四方の仇敵を協和することを表す。また人名に用ゐる。《清華簡二・繫年・簡88-89》明歲、楚王子罷會晉文子燮及者(諸)侯之大夫、明(盟)於宋。「文子燮」は『左傳』では「士燮」につくり、晉國の臣。(補註: 范文子のこと)

説文解字
引也。从冒聲。
康煕字典
曰部七劃
『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤無販切、音萬。『說文』作曼。引也。从又冒聲。『玉篇』長也。『詩・魯頌』孔曼且碩。《傳》曼、長也。《箋》脩也、廣也。
『前漢・司馬相如傳』鄭女曼姬。《註》曼者、言其色理曼澤也。『楚辭・天問』平脅曼膚。《註》曼、輕細也。
『前漢・司馬遷傳』曼辭以自解。《註》如淳曰、曼、美也。
『莊子・馬蹄篇』馬知介倪闉扼鷙曼詭銜竊轡。《註》曼、突也、言曲頸於扼以抵突也。
『揚子・法言』周之人多行、秦之人多病。行有之也、病曼之也。《註》曼、無也。
姓。『前漢・五行志』曼滿。《註》鄭大夫。
『廣韻』母官切『集韻』『韻會』謨官切、𠀤音瞞。『博雅』曼曼、長也。『屈原・離騷』路曼曼其修遠兮。《註》曼、或作
『集韻』『韻會』𠀤莫半切、音幔。曼衍、無極也。『莊子・寓言篇』因以曼衍、所以窮年。
『集韻』母伴切、音滿。曼漶、不分別貌。
同。『公羊傳・昭十六年』楚子誘戎曼子殺之。『釋文』曼音蠻。二傳作戎蠻。
『正韻』微夫切、音無。『揚子』聖人曼云。註、曼音無。○按『法言・重黎篇』曼訓無、不音無。
『韻補』叶無沿切。『楚辭・大招』嫮目宜笑、蛾眉曼只。容則秀雅、稚朱顏只。魂兮歸來、靜以安只。顏、倪堅切。安、於虔切。
マン。バン。
ひろい。ながい。ひく。うつくしい。つく。ない。
解字(白川)
冒との會意。冒は面衣を著け、目が下に現れてゐる形。又は手。面衣を引いて眉目の美しさが表れる意。『楚辭・招魂』蛾眉曼睩とは、婦人の美しい目元をいふ。
『楚辭・九章・哀郢』曼余目以流觀兮(が目をはるかにして、以て流觀す)、また『詩・魯頌・閟宮』はなはゆたかにして且つおほいなり(上揭)のやうに用ゐる。
解字(藤堂)
覆ひを表す冃と、目と、の會意。長い垂れ幕を目の上に被せて垂らすことを表す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は二と目に從ひ、兩手で目を開くさま、或は眉目の上を兩手で覆ひ遠くを視ることと推定される。『楚辭・哀郢』に上揭のやうにいふ。本義は目を開き遠望すること。轉じて、長遠、美麗の意。甲骨文の目は面に換へられることもあり、面は聲符。金文については、曼龔父盨は冃を聲符に加へる。冃は帽子の形を象る。一説に曼龔父盨の從ふところは冕の象形初文で、曼の聲符であるといふ。
甲骨文では地名、人名に用ゐる。金文では國族名に用ゐる。曼龔父盨曼龔父乍(作)寶盨。
戰國竹簡では蔑の通假字となす。《清華簡一・祭公・簡6》茲迪襲學于文武之曼德。今本《祭公》は曼を蔑につくる。一説に「曼德」には二通りの解釋があるといふ。一つは、曼は勉と讀み、勉德とは勤勉の德であるとする。もう一つは、曼は迈(邁)と讀み、迈德とは日々進步する德であるといふ。
この外、一説に戰國竹簡では晩の通假字となすといふ。《郭店簡・老子乙・簡12》大器曼(晚)成但し注意を拂つて讀むと、「大器曼成」の曼は慢の通假字で、輕慢、輕忽、或は不重視と解けるともいふ。「大方無隅」、「大音希聲」、「大象無形」の語はいづれも事理の大に從ひしかしその反義を立てる。故に「大器曼(慢)成」も、實は、大器は成就の有無に拘らないことを指す。王弼は「大器晚成」に改めたが、老子とは前後の文意が一致しない。(補註: 金谷治は「大器晩成」についてむしろいつまでも完成しない、その未完のありかたにこそ、大器としての特色があるといふことであらう(講談社學術文庫『老子』)と釋してゐる。)
《上博竹書六・用曰・簡17》曼曼柬柬は「慢慢簡簡」、なほ簡慢と言ひ、即ち輕忽、怠慢。

説文解字
夬叏 分決也。从、[コ丨]象決形。 []内は叏の上部に當たり、コ形を縱劃が貫き、㐄の左右逆の形。
康煕字典
大部(一劃)
『廣韻』『集韻』『韻會』古邁切『正韻』古壞切、𠀤音噲。『說文』分決也。『易・說卦』兌上乾下夬。『彖傳』夬、決也。剛決柔也。
『集韻』古穴切、音玦。所以闓弦者。
通作叏。『正字通』字彙、叏見子集又部、此重出、應刪。○按『說文』叏从又、入又部、但今經文夬从大、宜入大部、只可刪又部叏字訓註。
康煕字典・𡗒
大部(一劃)
俗夬字。
康煕字典・叏
又部三劃
『唐韻』古賣切『集韻』『韻會』古邁切『正韻』古壞切、𠀤音怪。『說文』分𣲺也。『易・叏彖』叏、𣲺也、剛𣲺柔也。
『集韻』『韻會』𠀤古穴切、音玦。『集韻』所以闓弦者。『韻會』詩𣲺拾旣佽。《註》本作叏、今文作𣲺。𣲺拾、射韝縱弦者曰𣲺、拾箭者曰拾。
『集韻』或作𢎹
クヮイ。ケツ。
わける。ゆがけ。
解字(白川)
弓懸(鉤弦)を持つ形、あるいは玉玦を持つ形。
解字(藤堂)
コ印と又と指一本の會意。凹みに引つ掛ける、コ型に抉るなどの意。

説文解字
治也。从、丿、握事者也。
𢂟 古文尹。
康煕字典
尸部(一劃)
《古文》𢃵𢃹𢃁𢃂
『廣韻』于準切『集韻』『韻會』庾準切、𠀤音允。『說文』治也。从又丿、握事者也。『廣韻』進也、又正也。『書・君𨻰』尹兹東郊。又『多方』𥳑畀殷命、尹爾多方。《註》言天畀付文武以殷命、正爾多方也。
官名。『書・益稷』庶尹允諧。《傳》尹、正也。衆正官之長也。『應劭曰』天子之相稱師尹。『薛瓚曰』諸侯之卿、惟楚稱令尹、餘國稱相。他如周禮門尹除門、月令奄尹申宮令、周語關尹以告、皆是也。
誠也、信也。『禮・聘義』孚尹旁達、信也。《註》玉之爲物、孚尹於中、旁達於外、所以爲信也。應氏曰、尹當作允。允亦信也。
『禮・曲禮』脯曰尹祭。《疏》脯必裁割方正、而後祭也。
姓。周有尹吉甫。
○按『李氏詳校篇海』尹、古音允。今音引、非。
宋本廣韻
正也、誠也、進也。『說文』治也。又姓。出天水河閒周有尹吉甫。又漢複姓。齊定王時有尹文子著書。又漢書百官表曰、内史周官秦因之掌治京師。武帝更名曰京兆尹。應劭曰、河南尹所以治周地秦兼天下置三川守河洛伊地。漢更名河南太守也、丗祖徙都雒陽改爲尹。余準切、八。
ヰン。イン。
ただす。をさめる。つかさどる。つかさ。
解字(白川)
丨と又の會意。丨は呪杖。尹は聖職者。
解字(藤堂)
丨と又の會意。上下を疏通し調和することを表す。
解字(落合)
丨は白川の言ふ杖ではなく、漠然とした道具の表現で、尹は王のために勞働する人々を指すと考へられる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は又と丨に從ひ、杖を手に持つさまを表し、權力者を指す。一説に、手に筆を持つさまを象り、古の史官の官名。

𠭯

説文解字
又卑也。从虘聲。 段注は叉卑也。とする。
康煕字典
又部十一劃
『集韻』莊加切、音查。『說文』取也。或从手作
とる。およぶ。ここに。ああ。
解字(白川)
虘との會意。虘は虎頭のものが且(腰掛け)に腰掛けてゐる形で、戲、劇の從ふところと近く、軍戲のとき虎頭して舞ふやうなことがあつたのであらう。
説文解字注に𠭯は叉もてるなりとあり、註に叉卑者、用手自高取下也。(手をて高きよりひくきを取るなり)といふ。
金文に酒に𠭯およ𠭯ここ𠭯ああなどの用法があり、且と聲義の關係があるやうである。《許子鐘》に自ら鈴鐘を作る。すでたか𠭯つ揚がると鐘聲の清揚なることをいひ、𠭯を且の義に用ゐてゐる。

𠭰

説文解字
引也。从𠩺聲。
康煕字典
又部十一劃
『唐韻』里之切『集韻』陵之切、𠀤音釐。『說文』引也。

説文解字
拭也。从又持巾在尸下。 段注は飾也。とする。
康煕字典
又部六劃
『唐韻』『集韻』𠀤所劣切、音刷。同。『說文』㕞、拭也。『廣韻』掃也、淸也。
セツ
ぬぐふ
解字(白川)
尸と巾との會意。尸は人の側身形。その腰に巾を加へ、手(又)を添へて、㕞ふ意とする。
説文解字注にぬぐふなりとあり、巾部飾字條に㕞ふなりとあり、互訓。飾は食するとき巾を帶びる形。
解字(藤堂)
尸(尻)と巾(ぬの)と(手)の會意。布で尻の汚れを拭き取るさま。

説文解字
逮也。从从人。
乁 古文及。『秦刻石』及如此。
𢎜 亦古文及。
𨕤 亦古文及。
康煕字典
又部二劃
キフ
およぶ。およぼす。および。いたる。つぐ。ともに。
解字(白川)
人との會意。後ろより手を延ばして、前の人に追ひ及ぶ形。
説文解字におよぶなりと、逮及、逮捕の意とする。古文第三字(𨕤)は逮を誤入してゐる。
彶は西周期の金文に見え、途上に相及ぶ意。
解字(藤堂)
人と(手)の會意。逃げる人の背に追ふ人の手が屆いたさまを示す。その場、その時に恰度屆くの意を含む。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は人とに從ひ、恐らく手で人を捕らふの意。春秋金文は人、又が重なる。《郭店楚簡・唐虞之道・簡24》はこの形を承け、人字の兩筆は分けられ、且つ下に飾筆が加はる。金文の《秦公鎛》は人を又の上に移し、戰國文字は多くその形に似てをり、或は人旁に飾筆を加へる。そのほか、金文には義符の止に兼ねて從ふものがあり、戰國竹簡には義符の辵を重ねて加へるものがある。甲骨文、金文には他に彳に從ふ彶があり、及と同じである。
甲骨文では本義に用ゐ、追及、逮獲を指す。《合集》490乎(呼)追羌、及。は、羌人を追ふやう命じ、彼等を捕らへたことを記す。《合集》31798弗及は追ひ附けない、附いていけない意。また逮獲より到達の意を派生し、甲骨卜辭に「及某時」の語があり、及は到了の意。《合集》12160及今夕雨は、今日は晩になると雨が降るであらうことを指す。
金文では動詞に用ゐる。保卣乙卯、王令保及殷東或(國)五侯。一説に及は軍事の意味を含む用語で、ここでは巡視の義、王が保に、已に平定した後の東國を巡察するやう命ずることを指すといふ。また一説に及は參與することを指し、王が保に命じて往かせ參與せしむの意といふ。他には、介詞に用ゐ、到了を指す。中山王鼎隹(雖)有死辠(罪)、及參(三)世、亡不赦は、死罪ありと雖も、三代に至るまで、赦免せざるはなし、の意。また、動詞の後に置くことができて、向かふ方向を表す。中山王方壺以陀(施)及子孫。金文では連詞に用ゐ、與や和の意を表す。(補註: 日本語では「及び」ないし「と」に當たる。) 王孫𢍓鐘以樂楚王、者(諸)侯嘉賓及我父兄諸士。
戰國竹簡では連詞に用ゐる。《上博竹書一・緇衣・簡3》「隹(惟)尹躳(躬)及康(湯)、咸又(有)一惪(德)。」は、我伊尹自身及び湯は、どちらも純一の道德を有す、の意といふ。また介詞「到」として用ゐる。《上博竹書二・民之父母・簡12》亡(無)聖(聲)之樂、它(施)及孫子。
當用漢字・常用漢字

説文解字
禾束也。从持禾。
康煕字典
禾部三劃
『唐韻』兵永切『集韻』『韻會』『正韻』補永切、𠀤音丙。禾盈把也。『詩・小雅』彼有遺秉。《疏》秉、把也。『禮・聘禮』四秉曰筥。《註》此秉謂刈禾盈手之秉、筥穧名、今萊易閒刈稻聚把有名爲筥者。
米數。『禮・聘禮』十斗曰斛、十六斗曰籔、十籔曰秉。又『小爾雅』鐘二謂之秉、秉十六斛。○按『儀禮』禾米之秉,字同𢿘異。惟徐氏『韻譜』二石爲秉、又是一說。蓋石卽斛也。冉子與粟五秉。據『儀禮』爲八十石、據徐氏止十石、多寡迥別、俟考正。
執持也。『禮・禮運』天秉陽垂日、星地秉隂竅於山川。『詩・大雅』民之秉彝。『書・君奭』秉德明恤。
去聲、陂病切。與柄同。『史記・天官書』二十八舍主十二州、斗秉兼之。『絳侯世家』許負相周亞夫曰、君後三歲而侯、侯八歲爲將相、持國秉。
姓。
○按『說文』秉、从又持禾、『正字通』兼載鐘鼎文𥝐字重出。
康煕字典・𥝐
禾部二劃
『正字通』鐘鼎文秉字。
ヘイ
とる。たば。
解字(白川)
禾との會意。禾を束ねて手に持つ形。その一束をいふ。
説文解字に禾の束なり、『爾雅・釋詁』に執也。といふ。
『詩・小雅・大田』彼有遺秉(彼に遺秉有り)とは、田に殘されてゐる落穗をいふ。
四秉を筥とする。齊器の《國差𦉜》に西郭の寶𦉜四秉なるをつくる。て旨酒をみたさん。とあつて、量の單位に用ゐる。
堅く執る意から、金文に德をること恭純威儀を秉るのやうに用ゐる。
『詩・大雅・烝民』に民之秉彝、好是懿德。(民のつねを秉る、是の懿德を好む。)の句がある。
解字(藤堂)
禾(いね)と手の形の會意。稻の穗の眞ん中を手に持つさまを表す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、早期金文は手(の形)で禾を持つさまを象り、後の金文や小篆は又と禾の莖が交はる形。字の初義は執り持つこと。
金文では執り持つ意を表す。虢弔鐘不(丕)顯皇考叀弔(叔)穆穆秉元明德弔向父簋共明德、秉威義(儀)。
古書では兵器の類の器物を手に執るとき、秉字を用ゐるといふ。 『爾雅・釋詁』では執也。と釋し、『廣雅・釋詁』では持也。と釋する。
執持の意より、つかさどる、管轄するの意を派生する。班簋に秉緐蜀巢の語が見える。ほかに、族氏名に用ゐる。秉觚に見える。

説文解字
覆也。从、厂反形。
𠬡 古文。
康煕字典
又部二劃
《古文》𠬡
『唐韻』府遠切『集韻』『韻會』甫遠切、𠀤音返。『說文』覆也。从又、厂。『詩・周頌』福祿來反。《註》言福祿之來、反覆不厭也。
『前漢・𨻰勝傳』使者五反。《註》師古曰、反、謂回還也。
『唐韻』『集韻』『韻會』孚袁切『正韻』孚艱切、𠀤音幡。『廣韻』斷獄平反。『韻會』錄囚平反之、謂舉活罪人也。『增韻』理正幽枉也。『前漢・食貨志』杜周治之、獄少反者。《註》反、音幡。
通作。『前漢・張安世傳』反水漿。
『集韻』『韻會』𠀤部版切、翻上聲。『集韻』難也。『詩・小雅』威儀反反。沈重讀。
『集韻』方願切、音販。難也。『詩・小雅』威儀反反。毛萇說。一曰順習貌。
『正韻』販亦作反。『荀子・儒效篇』積反貨而爲商賈。
『集韻』孚萬切、音娩。覆也。
かへる。かへす。そむく。たがふ。もどる。かへりみる。かんがへる。ひるがへる。ひるがへす。ひさぐ。そる。そり。
解字(白川)
厂との會意。厂は崖の形。崖に手を掛け攀援する(よぢのぼる)形。そのやうな地勢を坂といひ、もし聖所ならば阪といふ。阪の從ふ𨸏は聖梯の形。聖所の攀援を試みるやうな行爲は反逆と看做された。
金文の《小臣單觶》に、厂下に土を加へてゐる字形があり、土はの初文で聖所を示す字とみられる。《小臣謰𣪘》に東夷、大いに反すのやうに叛逆の意に用ゐ、また《頌鼎》瑾璋(灌鬯のための玉器)を反入(返納)すのやうに往反の意に用ゐる。
解字(藤堂)
厂との會意。布または薄い板を手で押して反らせた姿。反つたものは元に返り、また、薄い布や板はひらひらと飜ることから、かへる、ひるがへるの意となる。
解字(落合)
厂との會意。
厂は石磬の象形で石の初文。甲骨文の要素としては石や石器の意に用ゐられる。
甲骨文、西周金文では、反亂の意に用ゐられてをり、石製の武器を手に反亂する意と考へられる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は、厂とに從ひ、あるいは石に從ふ。又は手の形を象る。石、厂は、山石厓巖を象る。人が手を以て崖をよぢ登ることをいふ。扳は反の後起加旁字で、攀援を表す。『莊子・馬蹄』鳥鵲之巢可攀援闚『釋文』攀又作扳。また反覆、背叛の意を表すが、派生義である。
金文では通讀して返となし、返回(引き返す意)、歸還を表す。善父山鼎反(返)入(納)堇(瑾)章(璋)。また背叛を表す。白懋父簋東尸(夷)大反。またの通假字となし、金の板を表す。九年衛鼎帛(白)金一反(鈑)。『爾雅・釋器』鉼金謂之鈑。また人名や地名に用ゐる。
當用漢字・常用漢字

𠬝

説文解字
治也。从从卪。卪、事之節也。
康煕字典
又部二劃
『集韻』房六切、音伏。『說文』治也。『正譌』从又、卪。卪、事之節也。又、手、所以治事也。
フク
をさめる。したがふ。
解字(白川)
卩と又の會意。卩は人の跪坐する形。その後ろから手を加へ、壓服することを表す。もと俘人を意味する字であらう。故に服屬の意となる。
解字(藤堂)
人の背に手をぴたりとつけたさま。ぴつたり着けて離さない意を含み、服の原字。報にも含まれる。
解字(落合)
服の初文。卩との會意。卩は坐つた人、又はそれを後ろから捕らへる手の形で、降服した捕虜を表す。繁文の服にあたる甲骨文は、𠬝と聲符の凡より成り、凡は後に舟に變はつた。なほ、坐つた人を前から捕らへる形は、
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、卩とに從ふ。卩は跪坐する人の形を象り、又は手の形を象り、全部で跪坐する人を手で執る形を象り、屈服させる意、服の初文。𠬝字は手の形が後に在り、手の形が前にある印字とは區別される。
甲骨文では動詞となし、征服を表す。名詞となし、征服された國や族の人を指し、祭祀の犧牲に用ゐられ、羊や豚など牲畜と地位が等しい。また人名に用ゐられる。金文㝬鐘南國𠬝子「𠬝子」は南國の首領の名稱ではないかと疑はれる。一説に、征服された者で、華夏族に非ざる種族の奴隸を指すといふ。

𠬢

説文解字
滑也。『詩』云、𠬢兮達兮。从。一曰取也。
康煕字典
又部三劃
『唐韻』土刀切『集韻』他刀切、𠀤音叨。『說文』滑也。一曰取也。
『舉要』𠬢、同挑。
『廣韻』腰鼓大頭名。『集韻』戎鼓大首謂之𠬢。

𠭥

説文解字
楚人謂卜問吉凶曰𠭥。从、祟亦聲。讀若贅。
康煕字典
又部十劃
『唐韻』之芮切『集韻』朱芮切、𠀤音贅。『說文』楚人謂卜問吉凶曰𠭥。
『集韻』輸芮切、音稅。又山芮切、音帥。義𠀤同。
セイ。スイ。
うらなふ
解字(白川)
の會意。祟は呪靈を持つ獸の形。これを用ゐて呪詛を加へ、或は防禦する呪儀をといふ。
説文解字に楚人、吉凶を卜問することを謂ひて𠭥と曰ふとあり、ゼイの音で讀む。『儀禮・士冠禮』の注に筮は吉凶を問ふ所以なりとあつて、筮と聲義の近い字であらう。

説文解字
拾也。从尗聲。汝南名收芌爲叔。
𡬧 叔或从寸。
康煕字典
又部六劃
《古文》𡭫𠁮𢆑
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤式竹切、音菽。『說文』拾也。从又、尗聲。汝南謂收芋爲叔。『徐曰』收拾之也。『詩・豳風』九月叔苴。《註》拾也。
『玉篇』伯叔也。『廣韻』季父也。『釋名』叔、少也。幼者稱也。
『爾雅・釋親』婦謂夫之弟曰叔。
『玉篇』同尗、豆也。『前漢・昭帝紀』得以叔粟當賦。《註》師古曰、叔、豆也。
姓。『韻會』魯公子叔弓之後。漢光武破虜將軍叔壽。
『集韻』或作𡬧。『玉篇』俗作𠦑
『集韻』昌六切、與同。『說文』善也。詩、令終有俶。
ひろふ。すゑ。よい。
解字(白川)
尗との會意。尗は鉞頭の形、上は刃と柲部、は刃光の放射する形。白色に光る銀や錫、また素巿をいふ。
拾の意や伯叔の意は假借。
解字(藤堂)
蔓の卷いた豆の形との會意。菽の原字。小さい豆や蕎麥の實を拾ふことを示す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は、弋と、と、地面を表す小さな方形あるいは短い横劃に從ひ、兩手で杭を持ち地面に樹てるさまを象り、本義は杭で穴を掘ること。本義での用例は見えず、埱が後起の本字。
金文は、廾に替へて、あるいはに從ふ。秦簡では或はに從ふ。又も丑も寸も同義の旁である。
當用漢字・常用漢字

説文解字
捕取也。从从耳。『周禮』獲者取左耳。『司馬法』曰、載獻聝。聝者、耳也。
康煕字典
又部六劃
『唐韻』七庾切『集韻』『韻會』『正韻』此主切、𠀤娶上聲。『說文』捕取也。从又耳。『玉篇』資也、收也。『廣韻』受也。『增韻』索也。『禮・儒行』力行以待取。『史記・魯仲連傳』爲人排難解紛、而無取也。『管子・白心篇』道者、小取焉則小得福、大取焉則大得福。
『韻會』凡克敵不用師徒曰取。
『前漢・王莽傳』考論五經、定取禮。《註》師古曰、取、讀曰娶。
『集韻』『韻會』『正韻』𠀤逡須切、音趨。『集韻』取慮、縣名、在臨淮。
『集韻』雌由切、音秋。『前漢・地理志』𨻰留浚儀。《註》師古曰、取慮、縣名。音秋盧。取又音趨。
『集韻』『韻會』『正韻』𠀤此苟切、音趣。『杜甫・遭田父泥飮詩』今年大作社、拾遺能住否。呌婦開大瓶、盆中爲吾取。感此氣揚揚、須知風化首。
『正韻』索也。『詩・小雅』如酌孔取。《箋》謂度所勝多少。
『六書本義』𦥔通用伸、伸通取。訓索、取轉聲、與娶趣字同。
『古文奇字』朱謀㙔曰、古文取、疑當从与聲。人與而我取也。
とる。めとる。
解字(白川)
戰場で討ち取つた者の左耳を切り取る意。これを聝と言ひ、その數によつて戰功を定めた。首を取ることを馘といひ、聝耳を集めることを最、撮といひ、また聚といふ。妻を娶ることも取といふ。
解字(藤堂)
捕虜や敵の耳を戰功のしるしとして確り手に持つことを示す。
解字(落合)
獸の耳を手で取つて捕らへる樣子と言はれる。また、祭祀の名の用法は、犧牲の耳を切り取る儀禮をいふか。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、耳と又に從ひ、耳を手に持つ形に象る。本義は持取。古の戰爭では俘虜を聝した耳を數へて功を記した。轉じて一切を取獲するの義となる。『周禮』獲者取左耳。司馬法曰載獻聝。聝者耳也。
卜辭では「取牛」、「取馬」のやうに、取得の義を有す。また娶る意を派生し、娶の初文。金文では拿取、收取、選取などを表す。また地名、人名に用ゐる。
當用漢字・常用漢字

説文解字
掃竹也。从持甡。
彗或从竹。
𥱵 古文彗从竹从習。
康煕字典
彐部八劃
『唐韻』祥歲切、音篲。『說文』掃竹也。从又持甡。『廣韻』帚也。『禮・曲禮』國中以策彗卹勿驅、塵不出軌。
草名。『爾雅・釋草』葥、王彗。《註》王帚也。似藜、其樹可以爲掃篲。
『廣韻』妖星。『爾雅・釋天』彗星爲攙搶。《註》亦謂之孛。言其形孛孛如掃彗。『前漢・文帝紀「有長星出于東方」註』文穎曰、孛彗長三星、其形象小異、孛星光芒短、其光四出、蓬蓬孛孛也。彗星光芒長、參參如埽篲。長星光芒有一直指、或竟天、或十丈、或三丈二丈、無常也。
『廣韻』『集韻』『正韻』𠀤徐醉切、音遂。又『集韻』雖遂切、音祟。義𠀤同。
『類篇』須銳切、音歲。日中暴明也。『太公・兵法』日中不彗、是謂失時。
『廣韻』于劌切、音衞。義同。
通。『史記・淮南王安傳』淮南王有女陵、彗有口辨。
スイ。セイ。
はうき
解字(白川)
手に帚を持つ形。
解字(藤堂)
細い穗や竹枝を揃へて手で持つさま。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は帚の象で、本義は帚。掃除の意を派生する。
人名用漢字

説文解字
借也。闕。
𠖊 古文叚。
𠭊 譚長說、叚如此。
康煕字典
又部七劃
『唐韻』古馬切『集韻』舉下切、𠀤音賈。『說文』借也。『集韻』或作𠭊、通作
『集韻』何加切、音瑕。姓也。『春秋傳』晉有叚嘉。通作
かり。かりる。かす。
解字(白川)
手を以て巖石を切り取る形。また琢冶を加へない瑕玉の意。これを琢冶して眞玉を得るので、眞假の意となる。假は假面。
解字(藤堂)
厂と二印とコの下にの會意。厂は布や皮を垂らしたさま。二印は下に置いたもの。コに又は手で行ふ動作。下に物を置きベールを被せる動作を表す。假の原字。
解字(漢字多功能字庫)
金文は爪とに從ひ、石聲。石字の口形の部分はは短い横劃二本に略される。一説に人の有する所を借りて己のために之を用ゐること、本義は借りることといふ。
金文では通讀して嘏となし、幸ひを表す。克鐘用匄屯(純)叚(嘏)永命。『詩・魯頌・閟宮』天錫公純嘏、鄭玄箋受福曰嘏。また通讀して瑕となし、過失を表す。曾伯陭壺為德無叚(瑕)。また通讀して胡となし、疑問の副詞。曾伯簠叚(胡)不黃耇、萬年眉壽無疆。文獻では或は遐につくる。『詩・小雅・南山有臺』遐不眉壽。また可能を表す情態的助動詞。師㝨簋今余弗叚組(沮)は、我は損なふことができない、の意。

説文解字
法制也。从、庶省聲。
康煕字典
广部六劃
《古文》𡧪㡯
(1) ド。ト。
(2) タク
(1) ものさし。のり。わたる。
(2) はかる
解字(白川)
席の省文と又の會意。席をひろげる意。席の大きさが長短の基準であつた故、測量、度量の意となる。
解字(藤堂)
説文解字に同じ。尺と同系で、はかる意。また、企圖の圖と近く、長さをはかる意から轉じて、推しはかる意。
解字(漢字多功能字庫)
又に從ひ、石聲。石字の口が訛變して廿の形となつた。手で長短を量る意。
當用漢字・常用漢字