説文解字私註 卅部

卅部

説文解字
卅𠦃 并也。古文省。凡卅之屬皆从卅。
康煕字典
十部二劃
『集韻』『韻會』悉盍切『正韻』悉合切、𠀤音颯。『說文』三三十也。今作卅、十幷也。『廣韻』𠦃直爲三十字。
ソフ。サフ。
みそ

三十の意。

説文解字
世丗 三十年爲一世。从而曳長之。亦取其聲也。
康煕字典
一部四劃
《古文》卋
『廣韻』舒制切『集韻』『韻會』『正韻』始制切、𠀤音勢。代也。『詩・大雅』本支百世。又『論語』必世而後仁。《註》三十年爲一世。『左傳・宣三年』王孫滿曰、卜世三十、卜年七百、天所命也。
『維摩經』大千世界。《註》世謂同居天地之閒、界謂各有彼此之別。
姓。『風俗通』秦大夫世鈞。
同。『列子・天瑞篇』亦如人自世之老、皮膚爪髮、隨世隨落。《註》世與生同。
『韻補』叶私列切、音薛。『詩・大雅』殷鑒不遠、在夏后之世。叶上撥。撥音撇。『晉書・樂志』匡時拯俗、休功蓋世。宇宙旣康、九有有截。
『集韻』書作𠀍。
解字(白川)
草木の枝葉が分かれて新芽が出てゐる形を象る。新しい枝葉を示す。字形は生に近く、生もまた草木枝葉の生ずる形。金文に世を枻、枼につくる。木には世、草には生の形となる。世をまた葉といひ、萬世を萬葉といふ。
解字(藤堂)
十を三つ竝べ、その一つの縱劃を横に引き伸ばし、三十年間に亘り期間が伸びることを示し、長く伸びた期間を表す。
解字(漢字多功能字庫)
金文は枼の上半部を切り取つたもので、枼は葉の初文、樹上に葉のある形を象り、世は樹の枝の上の葉の形を一點あるいは短い横劃に省略した形。樹の葉が累重するため、後に世代の世の意を派生したといふ。後期金文の世は聲符の立を加へ、或は意符の歺を加へる。立に從ふ世は、人が世の中に立脚することを表すと疑はれる。歺は殘骨を象り、死の意符であり、歺に從ふ世(殜)は、人が生まれ死に至る一世を表す。或は意符の人を加へ、偞につくる。專ら人世を表す字である。
一説に世は止の形を借りて分化した字といふ。甲骨文に世字は見えず、但し笹字は見える。笹は竹と世に從ひ、世は止字の上部に三點を加へて止と區別し、それでも止を聲符とするものである。按ずるに止と世の韻部は遠く離れてゐて、この説は疑はしい。
金文では一生を表す。また、世世代代を表す。また世上、人世を表す。
石刻文字でも世代を表す。戰國竹簡では世代を表す。
當用漢字・常用漢字