説文解字私註 鼎部

鼎部

説文解字
三足兩耳、和五味之寶器也。昔禹收九牧之金、鑄鼎荊山之下、入山林川澤、螭魅蝄蜽、莫能逢之、以協承天休。『易』卦、巽木於下者爲鼎、象析木以炊也。籒文以鼎爲貞字。凡鼎之屬皆从鼎。
康煕字典
部首
《古文》鼑
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤都挺切、音頂。『說文』鼎三足兩耳、和五味之寶器也。昔禹收九牧之金、鑄鼎荆山之下。『玉篇』鼎,所以熟食器也。『左傳・宣三年』昔夏之方有德也、遠方圖物、貢金九牧、鑄鼎象物、百物而爲之備、使民知神姦、故民入川澤山林、不逢不若、螭魅罔兩莫能逢之。『周禮・天官・膳夫』王日一舉鼎、十有二物、皆有俎。『鄭註』鼎有十二、牢鼎九、陪鼎三。
『周易卦名』巽下離上之卦。
『正韻』鼎、當也。
方也。『前漢・賈誼傳』天子春秋鼎盛。
鼎鼎、大舒也。『禮・檀弓』喪事鼎鼎爾、則小人。《疏》形體寬慢也。
周鼎、星名。見『步天歌』。
湖名。『史記・封禪書』黃帝鑄鼎於荆山、後世因名其處爲鼎湖。
州名。宋朗州攺鼎州。
城門名。『後漢・郡國志』雒陽東城曰鼎門。《註》九鼎所後入。
維舟曰鼎。『揚子・方言』維之謂之鼎。
官名。『前漢・東方朔傳』夏育爲鼎官。《註》鼎官、今殿前舉鼎者也。
姓。未將鼎澧。
人名。『西京雜記』鼎、匡衡小名也。又『前漢・匡衡傳註』張晏曰、匡衡少時字鼎、長乃易字稚圭、世所傳衡與貢禹書、上言衡狀報、下言匡鼎白、知是字也。『又』無說詩匡鼎來。《註》服虔曰、鼎、猶言當也、若言匡且來也。○按服虔註誤。
『前漢・賈捐之傳』捐之復短石顯。楊興曰、顯鼎貴。《註》如淳曰、言方且欲貴矣。鼎音釘。師古曰、讀如字。
叶他經切、音汀。『左思・吳都賦』精若耀星、聲若雷霆。名藏於山經、形鏤於夏鼎。
左傳・宣三年
楚子伐陸渾之戎。遂至于雒、觀兵于周疆。定王使王孫滿勞楚子。楚子問鼎之大小輕重焉。 楚子は楚の莊王を指す。
史記・秦本紀・武王四年
王與孟說舉鼎、絕臏。八月、武王死。
テイ
かなへ。あたる。まさに。
人名用漢字

三つ足の器たる鼎を象る。元は煮炊き用のもの。禮器として青銅製のものがつくられた。

説文解字
鼎之圜掩上者。从聲。『詩〔周頌・絲衣〕』曰、鼐鼎及鼒。
俗鼒从金从兹。
康煕字典
鼎部三劃
『唐韻』子之切『集韻』津之切『韻會』『正韻』津私切、𠀤音兹。『說文』鼎之圜掩上者。『爾雅・釋器』圜掩上謂之鼒。『郭註』鼎斂上而小口。『玉篇』小鼎也。
『廣韻』昨哉切『集韻』『韻會』『正韻』牆來切、𠀤音裁。又『集韻』『類篇』𠀤將來切、音哉。又『集韻』作代切、音再。義𠀤同。
サイ。シ。
ある
解字(白川)
説文解字に口のすぼんだ圓鼎とする。その器制は列國期に盛行し、鄭器に自らサイを作ると銘するものがある。また『段𣪘』に王、畢にり。[米下豆](蒸祭)す。のやうに在の意に用ゐる。『詩・周頌・絲衣』(上揭)に禮記としての鼎の名を列す。
解字(漢字多功能字庫)
金文はに從ひ聲。鼒は小鼎を指し、一説に口のすぼんだ鼎といふ。俗に鎡と書く。『詩・周頌・絲衣』(上揭)について毛傳は大鼎謂之鼐、小鼎謂之鼒。といふ。『爾雅・釋器』に鼎絕大謂之鼐、圜掩上謂之鼒。とあり、郭璞は鼎斂上而小口。といふ。『玉篇』小鼎也。とある。金文に、王乍康季鼎王乍康季寶尊鼒など多く見える。
鼒は才聲に從ひ、音が近いので、解いて才、在となす。例へば段簋王鼒(在)畢烝。十一月に記載され、周王は畢の地に在り、烝祭を舉行した。『周禮・大宗伯』に以烝冬享先王に記するところと相合ふ。
この外、梁十九年鼎に擇吉金、鑄 □ 一。とある。□は月と才に從ひ、鼎の異名で、鼒と同、三晉文字の異寫である。

説文解字
鼎之絕大者。从聲。『魯詩』說、鼐、小鼎。
康煕字典
鼎部二劃
『唐韻』奴代切『集韻』『韻會』乃代切、𠀤音耐。『說文』鼎之絕大者。『廣雅』鼎絕大謂之鼐。『詩・周頌〔絲衣〕』鼐鼎及鼒。
『廣韻』奴亥切『集韻』『韻會』『正韻』曩亥切、𠀤音乃。義同。
『集韻』寧鄧切、能去聲。大鼎也。
ダイ

大きな鼎のこと。

𠕪

説文解字
以木橫貫鼎耳而舉之。从聲。『周禮』廟門容大𠕪七箇。即『易』玉鉉大吉也。
康煕字典
鼎部二劃
『唐韻』莫狄切、音覓。『說文』以木橫貫鼎耳而舉之。从鼎門聲。【周禮】廟門容大鼎七箇。卽【易】玉鉉大吉也。【正韻】云、𠕪从冂音冋、與上鼏字不同。○按鼏从冖、冖音覓。故與𠕪異。然【說文】𠕪又作莫狄切、則𠕪又有覓音矣。
解字(白川)
説文解字にいふところは扃の字義。

説文解字注增補

説文解字注
鼎覆也。从冖。冖亦聲。
康煕字典
鼎部二劃
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤莫狄切、音覓。『玉篇』覆樽巾也。『禮・禮器』犧尊疏布鼏。
『玉篇』鼎蓋也。『儀禮・士冠禮』特豚、載合升、離肺、實于鼎、設扃鼏。《註》鼏、鼎覆也。
『廣雅』鼏、慢閹也。
ベキ
おほふ。おほひ。

鼎の蓋のこと。また、覆ひ布のこと。

補遺

説文解字
の重文
康煕字典
金部十劃
『廣韻』子之切『集韻』『韻會』『正韻』津私切、𠀤音兹。『玉篇』鎡錤、鉏也。『孟子』雖有鎡基。『韻會』通作。『前漢・樊噲傳』作兹基。
簡体字
シ。ジ。
解字(白川)
説文解字にの重文として擧げるが、鎡は鎡基(農具のすき)に用ゐる字である。

鎡錤あるいは鎡基とは、農具のすきのこと。