説文解字私註 牙部

牙部

説文解字
牡齒也。象上下相錯之形。凡牙之屬皆从牙。段注は壯齒也。とする。
𤘍 古文牙。
康煕字典
部首
《古文》𤘈
『唐韻』五加切『集韻』『類篇』『韻會』『正韻』牛加切、𠀤音芽。齒也。『說文』牡齒也。象上下相錯之形。『易・大畜』豶豕之牙。
『戰國策』投之一骨。輕起相牙。《註》以牙相噬。
『詩・周頌』設業設虡、崇牙樹羽。《疏》栒之上刻爲崇牙。以鋸齒捷業然、故謂之業牙、卽業之上齒也。『禮・明堂位』殷之崇牙。
『禮・玉藻』佩玉有衝牙。《疏》其形似牙也。
『周禮・春官・典瑞』牙璋以起軍旅、以治兵守。《註》牙璋、瑑以爲牙、牙齒兵象、故以牙璋發兵。
『集韻』旗名。『張衡・東京賦』牙旗𦆯紛。《註》古者天子出、建大牙旗、竿上以象牙飾之。
『韻會』立于帳前、謂之牙門。『後漢・公孫瓚傳』拔其牙門。
『史記・東方朔傳』遠方當來歸義、而騶牙先見、其齒前後若一、齊等無牙、故謂之騶牙。
姓。『風俗通』周大司徒君牙之後。
通。『前漢・金日磾傳』霍氏有事萌牙。《註》師古曰、萌牙者、言始有端緒、若草之始生。
『集韻』語下切、音雅。車罔。
『集韻』魚駕切『韻會』五駕切、𠀤音訝。『周禮・冬官考工記・輪人』牙也者、以爲固抱也。《註》牙讀如訝。謂輪輮也。《疏》訝、迎也。此車牙亦輮之、使兩頭相迎、故讀從之。
『唐韻正』古音吾。『詩・小雅』祈父、予王之爪牙。胡轉予于恤、靡所止居。
『唐韻正』與𠀤通。『詩・召南』吁嗟乎騶虞。『山海經』『墨子』𠀤作騶吾。『前漢・東方朔傳』作騶牙。
叶五紅切。『詩・小雅』誰謂鼠無牙、何以穿我墉。
叶音峨。『晉京洛童謠』遙望晉國何嵯峨、千歲髑髏生齒牙。
ガ。ゲ。
解字(白川)
牙の上下相交はる形を象る。
解字(藤堂)
金文は└形と┐形を嚙み合はせたさまを描いたもので、枒(木目込細工)の原字。轉じて、ちぐはぐに嚙み合ふ齒のこと。
解字(漢字多功能字庫)
金文は牙齒が上下に交錯する形を象り、本義は牙齒。牙と齒の別は、説文解字に據れば、齒は門齒、牙は犬齒や臼齒を指す。
戰國竹簡では字の下に齒を加へて意符とした。説文解字の古文に當たる。
牙字は牙齒が上下交錯するを象るので、交錯、交互の意があり、互字を分化した。
金文では本義に用ゐ、猛獸の鋭い齒を表す。また、人名に用ゐる。
牙との聲は近く、それで戰國竹簡中で牙字を假借して與となし、牙の隸變後の異體をまた与につくり、後に与は與の異體字と看做される。與字中の与は實は牙で、牙は與字の中で聲符として用ゐられる以外に、古人が婚約を結ぶときに牙を贈る傳統を反映してゐる。
常用漢字(平成22年追加)

𤘌

説文解字
武牙也。从从奇、奇亦聲。 段注は虎牙也。とする。
康煕字典
牙部八劃
『唐韻』去奇切『集韻』丘奇切、𠀤音崎。『說文』虎牙也。
『篇海』邪也。

説文解字
𤘐 齒蠧也。从禹聲。
𤘐或从齒。
康煕字典
齒部九劃
『唐韻』區禹切『集韻』『韻會』顆羽切、𠀤音踽。『說文』齒蠹也。『釋名』齲、朽也。蟲齧之齒、缺朽也。『廣雅』齲、病也。『史記・倉公傳』齊中大夫病齲齒。『後漢・梁冀傳』冀妻能爲齲齒笑。《註》風俗通曰、齲齒笑者、若齒痛不忻忻也。『淮南子・說山訓』割脣而治齲。
『正韻』齲、齒啓貌。
『集韻』果羽切、音矩。義同。
ウ。ク。
むしば
解字(白川)
聲符は禹。卜文は齒と虫の會意。
解字(藤堂)
齒と禹の會意、禹は亦た音符。禹は蛇、蟲の代表。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は齒とに從ひ、齲は牙齒の中に蛀蟲のゐる形を象り、本義は蟲齒、齒疾。𤘐、齲の象形初文である。
甲骨文は本義に用ゐ、齒疾を表す。