説文解字私註 用部

用部

説文解字
用𤰃 可施行也。从。衞宏說。凡用之屬皆从用。
𤰆 古文用。
康煕字典
部首
《古文》𤰆𠛁
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤余頌切、容去聲。『說文』可施行也。『易・乾卦』初九、潛龍勿用。《疏》唯宜潛藏、勿可施用。『書・臯陶謨』天討有罪、五𠛬五用哉。
『廣韻』使也。『左傳・襄二十六年』惟楚有材、晉實用之。『杜甫詩』古來才大難爲用。
功用。『易・繫辭』顯諸仁、藏諸用。《疏》謂潛藏功用、不使物知、是藏諸用也。『論語』禮之用、和爲貴。
貨也。『書・大禹謨』正德利用厚生。《疏》謂在上節儉、不爲糜費、以利而用、使財物殷阜。『禮・王制』冢宰制國用、必於歲之杪、五穀皆入、然後制國用。
以也。『詩・小雅』謀夫孔多、是用不集。『古樂府』何用識夫壻、白馬從驪駒。
庸也。『論語』則四方之民、襁負其子而至矣、焉用稼。又『增韻』器用也。『書・微子』今殷民乃攘竊神祇之犧牷牲用以容。《傳》器實曰用。『左傳・襄二十五年』我先王賴其利器用也。
『廣韻』通也。
姓。漢有用蚪、爲高唐令。
『韻補』叶餘封切、音容。『詩・小雅』謀臧不從、不臧覆用。『陸賈新語』大化絕而不通、道德施而不用。『又』立則爲太山衆本之宗、仆則爲萬世之用。
『六書正譌』周伯琦曰、用、古鏞字、鐘也。古㱁識、商鐘寅簋鐘字皆作用、後人借爲施用字。
ヨウ
もちゐる。はたらき。つひえ。もつて。
解字(白川)
象形。卜文、金文の字形は、木を編んだ木柵の形。中に犧牲を置くので、犧牲にすることを「用ふ」といふ。
『春秋經・僖十九年』邾人執鄫子用之とは、その鼻を撲つて血を取り、牲血として用ゐる意で、古い用義法である。卜兆の辭に「茲れを用ひよ」とあるのも、古くは用牲の意であらうが、のち施行の意となつたものと思はれる。
金文の『曾姬無卹壺』に後嗣之を甬ひよ、また『左傳・隱元年』無庸(庸ふること無かれ)のやうにを用ゐ、みな通用の義。木柵の用に上から土を塗り込んだものが庸、用に持つ所をつけたのが甬で桶の初文である。
解字(藤堂)
長方形の板と棒より成る會意字。板に棒で穴をあけ通すことで、貫き通す働きをいふ。轉じて、通用の意となり、力や道具の働きを他の面にまで通し使ふこと。
解字(落合)
桶の象形でその初文。「もちゐる」の意は假借義。中空の容器の一般形である凡と字形が近い。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は桶の形を象る。左邊は桶の本體、右邊は把手。(字形は《合集》19762、21405參照のこと) 本義は桶。後に假借して施行、使用を表す。用と同は一字から分化した。
甲骨文は施行を表す。《合集》1616乙子(巳)卜、叀(惠)二牛且(祖)乙。用。や《花東》459癸丑卜、叀(惠)二牢于且(祖)甲。不用。など。用や不用は命辭の後に現はれ、命辭の内容が施行されたかどうかを表す。
金文では動詞に用ゐ、使用することを表す。召仲鬲其子子孫孫永寶用。など。また介詞に用ゐ、以に相當する。虢季子白盤王睗(賜)乘馬,是用左(佐)王。など。また連詞に用ゐ、相承關係を表し、因而(それ故に)に相當する。守宮盤守宮對揚周師釐、用乍(作)且(祖)乙[⻖尊](尊)。など。また因果關係を表し、因為(〜なので)に相當する。禹鼎用天降大喪于二或(國)、亦唯噩侯馭方率南淮尸(夷)、東尸(夷)、廣伐南或(國)、東或(國)、至于歷內。は、上天が災難を降下させたので、噩侯や馭方が周朝の南國や東國を攻め、歷內に至つたことを記述してゐる。
金文ではまた用事の語があり、職務を執行することを表す。善鼎易(賜)女(汝)乃且(祖)旂、用事。は、職務執行に用ゐる、祖先の旗を給ふ賞賜を表す。
戰國竹簡では本義に用ゐる例がある。《睡虎地秦簡.秦律十八種》簡100縣及工室聽官為正衡石贏(纍)、斗用(桶)升,毋過歲壺〈壹〉。では用を讀んで桶となす。整理者の注に斗桶、見『呂氏春秋・仲春紀』及『史記・商君列傳』、秦漢時以十斗為桶、一說六斗為桶。といふ。縣と工室は、關係する官府によつて、はかりの重り(分銅)、斗桶や升を校正し、少なくとも毎年一回校正すべきであるとの意。
また運用を表す。『論語・學而』禮之用、和為貴。など。また採用を表す。『史記・秦始皇本紀』韓非使秦、秦用李斯謀、留非、非死雲陽。など。また、特に飲食を指す。『韓非子・外儲說左下』孔子御坐於魯哀公、哀公賜之桃與黍。哀公曰、請用。
任用を表す。『左傳・僖公三十年』吾不能早用子、今急而求子、是寡人之過也。や『孟子・梁惠王下』國人皆曰賢、然後察之。見賢焉、然後用之。
效用、作用、用途を表す。『莊子・逍遙遊』今子有大樹、患其無用。や『韓非子・五蠹』賞其功、必禁無用、故民盡死力以從其上。など。また用具を表す。『國語・周語上』先王之於民也、懋正其德而厚其性、阜其財求而利其器用。」韋昭注「「用、耒耜之屬也。
財用、費用を表す。『論語・顏淵』年饑、用不足、如之何。『墨子・辭過』故節於身、誨於民、是以天下之民可得而治、財用可得而足。
統治、治理を表す。『荀子・富國』仁人之用國、將脩志意、正身行、伉隆高、致忠信、期文理。『韓非子・內儲說上・七術』我死後、子必用鄭、必以嚴莅人。
當用漢字・常用漢字

説文解字
男子美稱也。从、父亦聲。
康煕字典
用部二劃
『唐韻』方矩切『集韻』『韻會』匪父切『正韻』斐古切、𠀤音斧。『說文』男子美稱也。『禮・檀弓』臨諸侯畛於鬼神曰、有天王某甫。《疏》某是天子之字、甫是男子美稱也。『儀禮・士冠禮』永受保之、曰伯某甫仲叔季、唯其所當。《註》甫是丈夫之美稱。孔子爲尼甫、周大夫有嘉甫、宋大夫有孔甫。『雜記疏』甫、且也。五十以伯仲、是正字。二十之時曰某甫、是且字。言且爲之立字也。
『爾雅・釋詁』甫、大也。『詩・小雅』倬彼甫田。傳甫田謂天下田。《箋》甫之言丈夫也。明乎彼太古之時、以丈夫稅田也。
『玉篇』始也。
『廣韻』衆也。『博雅』甫甫、衆也。『詩・大雅』魴鱮甫甫。
『爾雅・釋詁』甫、我也。
國名。『詩・大雅』維申及甫、維周之翰。《箋》甫甫、侯也。
地名。『詩・小雅』東有甫草、駕言行狩。《箋》甫草者、甫田之草也。鄭有圃田、今開封府中牟縣西圃田澤是也。『春秋・定十年』冬、齊侯衞侯鄭游速、會于安甫。『穀梁傳・昭二十三年』吳敗頓胡沈蔡𨻰許之師于雞甫。《註》雞甫、楚地。
山名。『詩・魯頌』徂來之松、新甫之栢。《傳》新甫、山也。
章甫、冠名。『禮・郊特牲』章甫、殷道也。
姓。『風俗通』甫侯之後、周甫瑕、明甫轍、甫輊。又皇甫、複姓。宋戴公之子曰皇父、因命族曰皇父。至秦攺爲皇甫。
『集韻』彼五切、音補。種菜曰圃、或省作甫。
ホ。フ。
はじめ。おほい。おほきい。
解字(白川)
苗木の根を立てて圍ふ形を象る。上部をの形に記すことがあるのは、父の声に近づけたもので、本來の字形は、尃、專が苗木の根を包み込む形であつたのと同じである。
説文解字に男子の美稱なりとするが、金文では「伯懋父」「師雍父」のやうに全て父を用ゐ、『詩』に見える吉甫、中山甫のやうな用ゐ方は假借。
甫は苗木の形で、植樹のはじめ、その植ゑるところを圃といひ、苗木を地に著けることを尃、傅といひ、輔、補にはみな輔助の意がある。
解字(藤堂)
(芽生え)と田の會意。苗代のこと。平らに擴がる意を含む。
父や伯に當てて、男性の相手を尊敬して呼ぶ場合につける。
解字(漢字多功能字庫)
田とに從ひ、野菜あるいは幼苗が田の中で生長してゐる意と思はれ、本義は苗圃。一説に田に野菜があるさまを象り、圃の初文といふ。發展して金文に至り、早期の字形は甲骨文の古く素朴な元の形を殘し、後期はの亦聲に從ひ、會意字から形聲字に變はつた。
人名、族名、地名に借用される。田圃の義は義符の囗を加へて圃字をつくり表す。
人名用漢字

父と通じ、男子の美稱に用ゐる。

説文解字
用也。从。庚、更事也。『易』曰、先庚三日。
康煕字典
广部八劃
《古文》𠆌
『唐韻』『廣韻』余封切『集韻』『類篇』『韻會』餘封切、𠀤音容。『說文』庸、用也。『書・堯典』疇咨若時登庸。《傳》將登用之。『莊子・齊物論』爲是不用而寓諸庸。庸也者、用也。用也者、通也。
『爾雅・釋詁』常也。『易・乾卦』庸言之信、庸行之謹。『書・臯陶謨』自我五禮有庸哉。《傳》用我五等之禮接之、使有常。
『玉篇』功也。『書・舜典』有能奮庸煕帝之載、使宅百揆。《傳》庸、功也。『晉語』無功庸者、不敢居高位。《註》國功曰功、民功曰庸。『周禮・天官・大宰』以八統詔王馭萬民、五曰保庸。《註》安有功者。又『地官・大司徒』以庸制祿、則民興功。
『爾雅・釋詁』勞也。《疏》謂勞苦。又『釋訓』庸庸、勞也。《疏》有功庸者皆勞也。『詩・王風』我生之初尚無庸。《箋》庸、勞也。
『廣韻』和也。『禮・中庸疏』以其記中和之爲用也。
『集韻』愚也。『史記・周勃傳』才能不過凡庸。
豈也。『左傳・莊十四年』庸非貳乎。『前漢・文帝紀賜尉佗書』雖王之國、庸獨利乎。
租庸賦法。『唐書・食貨志』用民之力、歲二十日、閏加二日、不役者日爲絹三尺、謂之庸。
水庸。『禮・郊特牲』祭坊與水庸事也。《註》水庸、溝也。《疏》坊者所以畜水、亦以鄣水。庸者所以受水、亦以泄水。
國名。『左傳・文十六年』楚滅庸。《註》庸、今上庸縣、屬楚之小國。
庸浦、地名。『左傳・襄十三年』戰于庸浦。
姓。『姓譜』庸國子孫、以姓爲氏。『前漢・儒林傳』膠東庸生。
通。『前漢・地理志』遷邶庸之民於𨿅邑、故邶庸衞三國之詩、相與同風。○按『毛詩』作鄘。
通。『詩・大雅』因是謝人、以作爾庸。《註》庸、城也。『禮・王制』附于諸侯曰附庸。《註》附庸、小城也。
通。『前漢・欒布傳』窮困賣庸於齊。《註》師古曰、謂庸作受顧也。『司馬相如傳』與庸保雜作。《註》師古曰庸即謂賃作者保謂庸之可信任者也。
通。『詩・商頌』庸鼓有斁。《傳》大鐘曰庸。
叶于方切、音央。『𨻰琳・車渠椀賦』廉而不劌、婉而成章。德兼聖哲、行應中庸。
ヨウ
もちゐる。いさを。つね。なみ。おろか。あに。なんぞ。
解字(白川)
の會意。庚は杵を兩手で持つ形、用は木を柵のやうに組む形。そこに土を入れ、杵で搗き固める。いはゆる版築の法に近いもので、かうして土墉をつくる。故に庸は墉の初文。『詩・大雅・崧高』以作爾庸(以て爾のしろと作せ)とあるのが字の本義。城の小なるものを庸といひ、諸侯の微なるものを附庸といふ。
『左傳・僖二十七年』車服以庸(車服、庸を以てす)は功庸、その功に應じて車服を賜與する意。
また庸常、中庸の意から、凡庸の意となる。
用と通用する。
庸が多義化するに及んで、その原義を示す墉が作られた。
解字(藤堂)
(Y型に立てた心棒)との會意、用は亦た音符。棒を手に持つて突き通すこと。通と同じく、通用する。また用(もちゐる)と同じ意にも使はれる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文はに從ひ、筒や桶の類を象つた字を聲符とする。或は庚に從ひ聲。用は先に述べた筒や桶の類を象つた字から分化した字である。庸は鏞の初文で、本義は大鐘。
甲骨文では本義に用ゐる。《合集》31023其奏庸、[門𢻱]美、又正。の「奏庸」は即ち「奏鏞」。この用法は傳世古書にも見え、『逸周書・世俘』王奏庸とあり、朱右曾集訓校釋に庸、大鐘也。庸、鏞本字、經典皆作鏞。といふ。また《合集》31017庸壴(鼓)とあり、鏞と連係する鼓の一種を指す。
金文は多く庚と用に從ひ、また庚と先に述べた象形字の形に從ふ。金文では奴隸を表す。訇𣪕今余令汝啻官司邑人、先虎臣、後庸。の「先虎臣」は軍旅の一種で、先は先鋒を指す。「後庸」は正規軍の後に追隨する庸を指す。
また用を表す。中山王鼎寡人庸(用)其悳(德)、嘉其力。のやうに、古代、庸と用は通用された。説文解字に庸、用也。、『國語・吳語』に夫吳之與越、唯天所授、王其無庸戰。とある。また雇傭されることを表す。『史記・陳涉世家』若為庸耕、何富貴也。また雇はれた人を指し、後に傭につくる。『韓非子・五蠹』澤居苦水者、買庸而決竇。
金文では平凡、平常を表す。中山王鼎後人其庸庸之、母(毋)忘尒(爾)邦。この義はまた傳世古書にも見える。『爾雅・釋詁上』庸、常也。『荀子・榮辱』夫『詩』、『書』、『禮』、『樂』之分、固非庸人之所知也。『史記・廉頗藺相如列傳』且庸人尚羞之、況於將相乎。
また副詞となし、「まさか〜ではあるまい」の意を表す。『左傳・僖公十五年』晉其庸可冀乎。の意味するところは、晉はまさか冀を求めるまい、との意。また『管子・大匡』に雖得賢、庸必能用之乎。とある。
當用漢字・常用漢字

𤰈

説文解字
具也。从、茍省。
康煕字典
用部六劃
『唐韻』『集韻』『韻會』平祕切『正韻』毗意切、𠀤音避。與同。『說文』具也。
康煕字典・𤰇
用部五劃
『玉篇』皮祕切、與備同。具也。『正字通』俗𤰈字。
解字(白川)
箙の形を象る。全體が象形で、箙の初文。上は鏃を竝べた形、下は橐の形。
箙を負つて、戰ひに赴く用意の整ふことを「備はる」といふ。説文解字の具ふるなりとする訓は、備字に施すべきである。
解字(藤堂)
矢を射る用意として矢をぴたりと揃へて入れた箙を描いた象形字。
解字(漢字多功能字庫)
矢が容れ物に插され、矢羽が外に出てゐて取り出しやすくなつてゐるさまを象り、文獻では箙につくる。本義は矢を入れる容れ物。

説文解字
所願也。从、寕省聲。 段注は省聲。とする。
康煕字典
用部七劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤乃定切、音佞。『說文』所願也。『徐曰』甯、猶寧也。今俗言寧可如此爲甯可如此。
姓。
邑名。『春秋・僖七年』公會齊侯、宋公、𨻰世子款、鄭世子華、盟于甯母。《註》高平方與縣東有泥母亭。『左傳・文五年』晉陽處父聘于衞、反過甯、甯嬴從之。《註》甯、晉邑、汲郡修武縣也。『水經注』武王伐紂、勒兵于甯、更名甯曰修武。
『集韻』『韻會』囊丁切『正韻』奴經切、𠀤與同。『前漢・郊祀歌』周流常羊思所幷、穰穰復正直往甯。《註》言獲福旣多、歸於正道、克當往日所願。又『王莽傳』永以康甯。
デイ。ネイ。
やすい。やすらか。むしろ。
解字(白川)
甯、寍、はみな安寧を願ひ祈る字で、もと同字と考へられる。
解字(藤堂)
形聲。に從ひの省聲。