庸 - 漢字私註

説文解字

庸
あるいは𠭻に作る。
用也。从。庚、更事也。『易』曰、先庚三日。
用部

康煕字典

部・劃數
广部八劃
古文
𠆌

『唐韻』『廣韻』余封切『集韻』『類篇』『韻會』餘封切、𠀤音容。『說文』庸、用也。『書・堯典』疇咨若時登庸。《傳》將登用之。『莊子・齊物論』爲是不用而寓諸庸。庸也者、用也。用也者、通也。

又『爾雅・釋詁』常也。『易・乾卦』庸言之信、庸行之謹。『書・臯陶謨』自我五禮有庸哉。《傳》用我五等之禮接之、使有常。

又『玉篇』功也。『書・舜典』有能奮庸煕帝之載、使宅百揆。《傳》庸、功也。『晉語』無功庸者、不敢居高位。《註》國功曰功、民功曰庸。『周禮・天官・大宰』以八統詔王馭萬民、五曰保庸。《註》安有功者。又『地官・大司徒』以庸制祿、則民興功。

又『爾雅・釋詁』勞也。《疏》謂勞苦。又『釋訓』庸庸、勞也。《疏》有功庸者皆勞也。『詩・王風』我生之初尚無庸。《箋》庸、勞也。

又『廣韻』和也。『禮・中庸疏』以其記中和之爲用也。

又『集韻』愚也。『史記・周勃傳』才能不過凡庸。

又豈也。『左傳・莊十四年』庸非貳乎。『前漢・文帝紀賜尉佗書』雖王之國、庸獨利乎。

又租庸賦法。『唐書・食貨志』用民之力、歲二十日、閏加二日、不役者日爲絹三尺、謂之庸。

又水庸。『禮・郊特牲』祭坊與水庸事也。《註》水庸、溝也。《疏》坊者所以畜水、亦以鄣水。庸者所以受水、亦以泄水。

又國名。『左傳・文十六年』楚滅庸。《註》庸、今上庸縣、屬楚之小國。

又庸浦、地名。『左傳・襄十三年』戰于庸浦。

又姓。『姓譜』庸國子孫、以姓爲氏。『前漢・儒林傳』膠東庸生。

又與鄘通。『前漢・地理志』遷邶庸之民於𨿅邑、故邶庸衞三國之詩、相與同風。○按『毛詩』作鄘。

又與墉通。『詩・大雅』因是謝人、以作爾庸。《註》庸、城也。『禮・王制』附于諸侯曰附庸。《註》附庸、小城也。

又與傭通。『前漢・欒布傳』窮困賣庸於齊。《註》師古曰、謂庸作受顧也。『司馬相如傳』與庸保雜作。《註》師古曰庸即謂賃作者保謂庸之可信任者也。

又與鏞通。『詩・商頌』庸鼓有斁。《傳》大鐘曰庸。

又叶于方切、音央。『𨻰琳・車渠椀賦』廉而不劌、婉而成章。德兼聖哲、行應中庸。

部・劃數
亠部十四劃

『集韻』古作𠆌。註詳广部八畫。

異體字

或體。

音訓

ヨウ(漢) 〈『廣韻・上平聲・鍾・容』餘封切〉
もちゐる。いさを。つね。なみ。おろか。あに。なんぞ。

解字

白川

の會意。庚は杵を兩手で持つ形、用は木を柵のやうに組む形。そこに土を入れ、杵で搗き固める。いはゆる版築の法に近いもので、かうして土墉をつくる。故に庸は墉の初文。

『説文解字』に用ふるなり。用に從ひ、庚に從ふ。庚は事をあらたむるなり。とするが、更新の意を持つ字ではない。

詩・大雅・崧高以作爾庸(以て爾の庸と作せ)とあるのが字の本義。城の小なるものを庸といひ、諸侯の微なるものを附庸といふ。

左傳・僖二十七年車服以庸(車服、庸を以てす)は功庸、その功に應じて車服を賜與する意。

また庸常、中庸の意から、凡庸の意となる。

用と通用する。

庸が多義化するに及んで、その原義を示す墉が作られた。

【補註】『字通』庸字條に、𦤘の篆文、及び相當する甲骨文、金文の字形を擧げるが、解説を加へてゐない。落合は當該甲骨文と同樣の字形について、郭の甲骨文で字形は享に當たるが、墉と釋されることもある、とする。『説文解字』は墉の古文として𩫖を錄する。

藤堂

と音符の會意兼形聲。庚は、Y型に立てた心棒。庸は、棒を手に持つて突き通すこと。通と同じく、通用する、普通の、などの意を含む。また、用(用ゐる)と同じ意にも使はれる。

落合

甲骨文は樂器の象形のに中空の容器を意味する凡を加へた字形で、樂器としての庚の形狀を示した字。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 樂器。原義での用例。《合集》30694丙辰卜、叀舊庸用、王受祐。
  2. 祭祀名。樂器を演奏する儀禮であらう。庸奏、奏庸、庚庸ともいふ。《合集》31014叀庸奏、有正。
  3. 人名。第三期(康丁武乙代)。《屯南》3655…庸[屮戈]𠭯方、不雉衆。

字形は金文で凡が字形が近く發音を表すに變化した。少數であるが甲骨文にも既に用に從ふ字形が見える。

漢字多功能字庫

甲骨文はに從ひ、聲符は筒や桶の類の象形字。あるいは庚に從ひ聲。用は先述の筒や桶の類の象形字から分化した字。庸は鏞の初文で、本義は大鐘(裘錫圭)。

甲骨文では本義に用ゐる。

金文は多く庚と用に從ひ、また庚と先述の象形字の字形に從ひ、天亡𣪕に見える。金文では奴隸を表す。訇𣪕今余令汝啻官司邑人、先虎臣、後庸。「先虎臣」は軍旅の一種で、先は先鋒を指す。「後庸」は正規軍の後に追隨する庸を指す。(陳世輝、裘錫圭)

また用を表す。古代には庸と用を常に通用する。

金文ではまた平凡、平常を表す。傳世古書にも見える。『爾雅・釋詁上』庸、常也。

また副詞となし、難道(まさか〜ではあるまい)を表す。

屬性

U+5EB8
JIS: 1-45-39
當用漢字・常用漢字
𠆌
U+2018C
𠭻
U+20B7B

關聯字

庸聲の字