漢字私註 凡例

漢字私註の凡例。

構成

字毎に一つ文書をつくることを基本とするが、大體同じ字については纏めることもある。

次の事項を揭示する。

説文解字の字釋

本字、重文は、篆文を畫像で示すか、單に該當する字を揭げる。該當字が複數ある場合は、その旨を註記する。

篆文の畫像は各資料を參考に作成する。

説文解字の字釋は、一往、説文解字@WIKISOURCEに據るが、適宜修正する。

重文及びその字釋は、一往、http://www.shuowen.org/に據る。

本字の釋の後に屬する篇・部を示す。ある字の重文を本字とは別の文書に揭げるときは、當該重文の釋の後に篇部を示す。

重出の字については、いづれの字釋も揭示する。

引用中必要があれば〔〕内に出典など補足事項を註記する。

その他適宜註記を施す。

康煕字典の字釋

最初にGlyphWikiから字の形を示し、部、劃數、古文を示す。

康煕字典の字釋は、中國哲學書電子化計劃に據るが、適宜修正する。

別文書に分けるまでもない異體字の字釋は、同じ文書に倂せて揭示する。

避諱による字の缺劃(𤣥)を再現する必要はないので、見附けたものは修正する。

引用中必要があれば〔〕内に出典など補足事項を註記する。

その他適宜註記を施す。

廣韻の字釋

康煕字典が見出しに採らない異體字を示す場合などに、廣韻を引く。

テキストは中國哲學書電子化計劃に據るが、適宜修正する。

異體字

康煕字典や廣韻の見出し字に採られてゐない字形を適宜擧げる。

典籍

特に取り上げるべき場合、典籍を引用し、適宜註記する。

音訓・用義

複數の資料で確認できる音訓を示すことを基本とする。

字音假名遣は『学研新漢和大辞典』に據つておく。

字音にはなるべく反切を附す。廣韻に據ることを第一とし、廣韻を引けない場合は康煕字典の引用などに據る。

訓義により音が異なる場合、番號を振つて音訓の對應を示す。對應關係はKO字源、『学研新漢和大辞典』、康煕字典による。

國訓は他と分けて示す。

訓だけでは分かりづらい用義や熟語については更に説明を加へる。

解字

參考文獻に基づき諸説を倂記する。

場合により、諸説を纏めたり、私見を示したりする。

屬性

取り上げた字について、文字コードや漢字表揭載の狀況を示す。單にJISとして示してゐるのは、JIS X 0213の面區點コードである。

関聯字

関聯する字を示したり、關連性について述べたりする。

また、似た形の別字についても、示したり述べたりする。

用字

CJK互換漢字は、區別のために特に必要な場合に限つて用ゐ、なるべく文字コードを附記する。

JIS X 0213:2004に採錄されてゐない字は、JIS X 0213:2004に採錄されてゐる異體字で代替する場合がある。

閲覽環境によつて表示されない字があるかも知れないが、環境が惡いことにしておく。

文字コードの振られてゐない字は、偏旁などを[]内に列記して示す。Unicodeの漢字構成記述文字(Ideographic Description Character; jawp:漢字記述言語を參照のこと)を附すやう努める。GlyphWikiに適當な字形がある場合は借用することもある。これらで足りるかどうかは知らない。

品質

この私註はあくまで素人が個人的な興味を充足することが目的であり、正確性、完全性は保證しない。

參考文獻