説文解字私註 生部

生部

説文解字
生𤯓 進也。象艸木生出土上。凡生之屬皆从生。
康煕字典
部首
〔古文〕𤯓
『唐韻』所庚切『集韻』『韻會』『正韻』師庚切、𠀤音甥。『說文』進也。『玉篇』起也。『莊子・外物篇』凡道不欲壅、壅則哽、哽而不止則跈、跈則衆害生。《註》生、起也。
『玉篇』產也。『博雅』人十月而生。『穀梁傳・莊二年』獨隂不生、獨陽不生、獨天不生、三合然後生。
出也。『易・觀卦』上九觀其生、君子無咎。《註》生、猶動出也。
養也。『周禮・天官・大宰』五曰生以馭其福。《註》生、猶養也。賢臣之老者、王有以養之。『左傳・哀元年』越十年生聚、而十年敎訓。
『韻會』死之對也。『孟子』生、亦我所欲也。『前漢・文帝紀』世咸嘉生而惡死。
造也。『公羊傳・桓八年』遂者何、生事也。《註》生、猶造也。專事之詞。
性也。『書・君𨻰』惟民生厚、因物有遷。《傳》言人自然之性敦厚、因所見所習之物、有遷變之道。
『左傳・僖二十七年』於是乎出定襄王、入務利民、民懷生矣。《疏》懷生者、謂有懷之心。
『詩・衞風』旣生旣育、比予于毒。《箋》生、謂財業也。『前漢・高帝紀』不事家人、生產作業。
『周禮・冬官考工記・矢人』凡相笴、欲生而摶。《註》相猶擇也、生謂無瑕蠹也。摶謂圜也。
不熟也。『史記・項羽紀』與一生彘肩。
語辭。『李白・戲杜甫詩』借問別來太瘦生。『歐陽修詩』問向靑州作麼生。
平生、疇昔也。『阮藉詩』平生少年時、趙李相經過。『杜甫詩』平生爲幽興、未惜馬蹄遙。
『正字通』凡事所從來曰生。宋高宗朝、孫楙入覲、嘗論公生明。上問何以生公。曰、廉生公。問何以生廉。曰、儉生廉。上稱善。
所生、祖父也。『詩・小雅』夙興夜寐、毋忝爾所生。《疏》當早起夜臥、行之無辱汝所生之父祖也。
友生、朋友也。『詩・小雅』矧伊人矣、不求友生。
先生、師之稱。諸生、弟子之稱。『韓愈・進學解』國子先生晨入太學招諸生。『史記・酈生傳』高祖謂酈食其、以萬戸封生。《註》師古曰、生猶言先生。文穎曰、諸生也。
先生、父兄也。『論語』有酒食、先生饌。
『儀禮・士冠禮』遂以摯見於鄕大夫鄕先生。《註》鄕先生、鄕中老人爲卿大夫致仕者。『史記・五帝紀』薦紳先生難言之。
『詩・商頌』以保我後生。『朱註』我後生、謂後嗣子孫也。
門生。『裴皡詩』三主禮闈年八十、門生門下見門生。
蒼生、民也。『晉書・謝安傳』安石不出、其如蒼生何。『張協雜詩』冲氣扇九垠、蒼生衍四垂。
『前漢・郊祀志』故神降之嘉生。《註》師古曰、嘉生謂衆瑞。
『楚語』滯則不震、生乃不殖。《註》生、人物也。
水名。『山海經』北二百二十里曰盂山。生水出焉、而東流注于河。《註》卽奢延水也。水西出奢延縣西南赤沙阜、東北流。
姓。『正字通』漢生臨、明生甫申。又微生、浩生、俱複姓。
同。『前漢・昭帝紀』令破烏桓。斬虜獲生有功。《註》獲生口也。
同。『汲冢周書』郭都生生。
『廣韻』『正韻』所敬切『集韻』『韻會』所慶切、𠀤音貹。產也。『字彙』俗謂雞生卵。
『集韻』『韻會』𠀤所景切、音眚。育也。『論語註』四乳生八子。『陸德明・音義』生、所幸反。又如字。
『正韻』息正切、音性。『周禮・地官・司徒』以土會之灋、辨五土之物生。《註》杜子春讀爲性。
『韻補』叶師莊切、音商。『傅毅・舞賦』在山峨峨、在水湯湯、與志遷化、容不虛生。
叶桑經切、音星。『詩・小雅』雖有兄弟、不如友生。叶寧平。『東方朔・七諫』觀天火之炎煬兮、聽大壑之波聲。引八維以自道兮、含沆瀣以長生。
叶尸連切、音羶。『黃庭經』內養三神可長生、魂欲上天魄入淵、還魂反魄道自然。
セイ。シャウ。
いきる。いかす。うむ。うまれる。はえる。はやす。おふ。なま。き。やしなふ。そだつ。おこる。なる。いのち。いきながら。うまれながら。
解字(白川)
草の生え出る形を象る。
説文解字に進むなりと、生、進の音を以て解するが、聲義の關係はない。
卜辭の多生は多姓、金文の百生は百姓で、姓の意に用ゐる。
《㸓鼎》の旣生霸の生を眚の形につくり、目の部分は種の形で、種の發芽の狀を示す。生は發芽生成の象を示す字である。すべて新しい生命のおこることをいふ。
解字(藤堂)
若芽の形と土の會意。地上に若芽の生えたさまを示す。生き生きとして新しい意を含む。
解字(落合)
甲骨文は、に字面を示す横線を加へ、草が生えてくる樣子を表した指事字。轉じて生まれるの意味に用ゐられてゐる。
甲骨文の「生月」とは翌月の意。
甲骨文の「多生」とは集團の呼稱。この場合は姓とも甥とも言はれるが、殷代には婚姻制度としての姓が成立してゐないので、甥の意であらう。但し實際の血縁か擬制的なものかは不明。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文はに從ふ。屮の下の一は土地の形を象る。全部で草(屮)が土地の中から生えて出て來る意であらう。本義は生出、生長。
早期金文は甲骨文の構形を承け、後に屮の下に點を加へて飾筆とし、後に點が變じて横劃となり、屮の下の一が土に變はつた。屮が土地から上に生え出る意は失はれてゐない。
甲骨文では生育を指す。《合集》34078其𠦪(禱)生于高匕(妣)丙は、高妣丙に向かつて生育を祈求することを指す。また甲骨文に「生月」の五があり、「茲月」と相對し、翌月を指す。《合集》8648正生月多雨。また形容詞に用ゐ、生きてゐる、生き生きとしてゐる、新鮮であることを指す。《合集》116正乎(呼)取生芻鳥。《合集》10270其隻(獲)生鹿。また甲骨文に「多生」の語があり、讀んで「多姓」となし、經典の所謂「百姓」に同じ。一説に「多生」は讀んで「多甥」となすべきで、周室の宗子を指すといふ。
金文では生育を指す。叔尸鐘而[食成]公之女、𩁹(粵)生弔(叔)尸粵は發語詞、全句で[食成]公の女が(叔尸で?)誕生したことを指す。また發生を指す。中山王方壺隹(唯)逆生禍、隹(唯)順生福。また生きてゐることを指す。中方鼎王乎(呼)歸(饋)生鳳于王は、王が人に生きてゐる鳳を獻ずるやう命令してゐることを指す。『孟子・萬章上』昔者有饋生魚於子產、子產使人畜之池。また月相の名に用ゐる。豐卣隹(唯)六月既生霸乙卯。また生命を指す。蔡姞簋彌氒(厥)生霝(令)冬(終)「彌生」は文獻で「彌性」につくり、圓滿な生命を有すること、「令終」は善く終はるの意。全句で圓滿な生命を祈求する語。また讀んで姓となす。兮甲盤其隹(唯)我者(諸)侯百生(姓)。
戰國文字は生育を指す。《清華簡二・繫年》十又四年、厲王生宣王、宣王即位。また生存を指し、死と相對す。《上博竹書一・緇衣》簡19此㠯(以)生不可奪志、死不可奪名。
當用漢字・常用漢字

説文解字
丰𡴀 艸盛𡴀𡴀也。从、上下達也。
康煕字典
丨部三劃
《古文》[𡴀𡴀]
『集韻』符風切、音馮。丰茸、草盛貌。『說文』从生、上下達也。『徐曰』艸之生、上盛者、其下必深根也。毛氏曰、凡邦夆峰豐等字从此。
容色美好貌。『詩・鄭風』子之丰兮。
『六書正譌』俗作丰、上畫从丿者、非。
フウ。ホウ。
ゆたか。みめよい。
解字(白川)
草木の盛んに茂るさまを象る。金文の字形は禾の穗が高く伸びる形につくる。
周初の金文《康侯鼎》に康侯丰、寶𬯚彝を作るとある「康侯丰」は、『書・康誥』に見える「小子封」にあたる。
は苗木やつ枝を奉ずる形、は禾の穗を豆に盛る形で、豐滿の意がある。
解字(藤堂)
草の穗が△型に茂るさまを描いた象形字。の音符となり、豐かに茂るの意を表し、鋒、峰の音符となつて、先が三角形に尖る意を表す。
解字(落合)
求は植物の象形で根の部分を強調したもので、丰は植物を土に植ゑた後の狀態。
殷代や周代には、儀禮としてだけではなく、領域の境界にも植物を植ゑて標識としてをり、そこから繁文化して、邦や封に分化した。
解字(漢字多功能字庫)
封の初文。甲骨文、金文は土に樹を植ゑ、林木を以て境界とする形を象る。一説に植物の根莖が肥大した形で、植物が茂つてゐるさまを表すといふ。
甲骨文では方國の封疆を表す。《合集》36528反四丰方、《合集》36530三丰方、《合補》11284二丰方など。また族名に用ゐる。《合集》27893㠯(以)多田伐又(有)封、廼(乃)…
金文では人名に用ゐる。康侯丰鼎康侯丰乍(作)寶[阝尊](尊)。
《馬王堆漢墓帛書・五十二病方》第236行「旦取丰卵一潰」、原整理者は讀んで「丰(蜂)卵」となし、蜜蜂の卵を指すとする。王寧は丰を修飾詞とし、丰卵は大きく豐滿な卵を指すとし、從ふべし。潰は割ることを表す。全句で朝に大きく豐滿な卵を取つて割ることを謂ふといふ。
傳世文獻では草木が茂ることを表し、豐かである意を派生する。『詩・鄭風・丰』子之丰兮、俟我乎巷兮。毛傳丰、豐滿也。漢・司馬相如『長門賦』羅丰茸之遊樹兮、離樓梧而相撐。
また風に同じく、人の風度(風格、態度)、風采を表す。唐・韓凝《漢齊蓋廟碑》神識沈敏、凜肅丰姿。『明史・卓敬傳』(卓)敬立朝慷慨、美丰姿、善談論、凡天官、輿地、律曆、兵刑諸家無不博究。

は別字。

説文解字
生也。从、彥省聲。
康煕字典
生部六劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤所𥳑切、音剗。『說文』生也。『正字通』婦生子曰產、物生亦曰產。『禮・鄕飮酒禮』產萬物者、聖也。《註》聖之言生也。『周禮・春官・大宗伯』以天產作隂德、以中禮防之。以地產作陽德、以和樂防之。《註》天產者動物、謂六牲之屬。地產者植物、謂九穀之屬。『前漢・昭帝紀』金芝九莖、產于函德殿銅池中。
本其所生長之地曰產。『孟子』𨻰良、楚產也。『左傳・僖二年』屈產之乗。《註》屈地生良馬。趙岐以屈產爲地名、誤。
民業曰產。『孟子』有恆產者有恆心。『前漢・高祖紀』常有大度、不事家人生產作業。
『五音集韻』大籥似笛、三孔而短。『爾雅・釋樂』大籥謂之產。
水名。與同。『前漢・郊祀志』霸產豐勞。
同。『楚辭・九章』思蹇產而不釋。
姓。『何氏姓苑』彭城人也。『正字通』明產麟、產瓘。
『五音集韻』所晏切、音訕。生育也。
『韻補』叶𤕤舉切、數上聲。『漢樂章』安其所、樂終產、樂終產、世繼緒。
所蹇切、先上聲。『張協登北芒山賦』靈嶽鬱以造天、連岡巖以蹇產。伊洛渾而東流、帝君赫以崇顯。
或作𡾰
簡体字
解字(白川)
文と厂との會意。文は文身。通過儀禮として、加入の儀禮の際に文身を加へることがあり、初生のときは產、成人の際は彥、廟見の禮を顏、死喪のときを文、爽、奭といひ、その字に含まれる文、乂、百は、みなその文身の象。產は生子の厂(額の形)に文を加へる儀禮をいふ。
彥と聲の關係はなく、ともに會意の字。
解字(藤堂)
文(あや、かざり)と厂(かどだつ)との會意。产はくつきりと切れ目のある意を示す。產は母體の一部が切り離されて生まれること。のち、生(種、卵や合成によつて生まれる)と混用される。
解字(漢字多功能字庫)
金文は产とに從ふ。产は彥の本字で、聲符。生は義符で、出生を表す。
金文では人名に用ゐる外、出生を表す。哀成弔鼎余鄭邦之產。は、我は鄭國で出生したと述べてゐる。『史記・李斯列傳』此五子者、不產於秦、而繆公用之。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》産

説文解字
𨼇 豐大也。从降聲。
康煕字典
阜部九劃
『唐韻』力中切『集韻』『韻會』『正韻』良中切、𠀤音癃。『說文』豐大也。
『玉篇』中央高也。『爾雅・釋山』宛中隆。《疏》山形中央蘊聚而高者名隆。
『戰國策』雖隆薛之城到於天、猶之無益也。
窿通。『正韻』穹窿、天勢。本作隆。『司馬相如・上林賦』穹隆雲橈。
『玉篇』盛也。『禮・檀弓』道隆則從而隆、道汙則從而汙。『史記・封禪書』文王攺制、爰周郅隆。『前漢・武帝紀』迫隆冬至。《註》隆冬、猶言盛冬也。
『禮・祭義』頒禽隆諸長者。《註》隆、猶多也。
『荀子・致士篇』君者、國之隆也。《註》隆、猶尊也。『史記・平準書』方隆貴用事。
『前漢・王莽傳』臣莽夙夜隆就孺子。《註》隆、長也。言成就之、使其長大也。
厚也。『後漢・皇后傳』使後世不見隆薄進退之隙。
『前漢・五行志』沛城鐵官鑄鐵、鐵不下、隆隆如雷聲。
地名。『史記・晉世家』齊伐魯、取隆。《註》隆、卽龍也。魯地有隆山。
州名。後周陵州、宋升隆州。
豐隆、雷師。『屈原・離騷』吾令豐隆乗雲兮、求宓妃之所在。『正韻』靊霳、本作豐隆。
通。『淮南子・俶眞訓』終南作終隆。
叶盧王切、音郞。『道藏歌』但聞仙道貴、不聞鬼道隆。謠歌參天氣、賈生元正章。
叶閭承切、音棱。『陸雲・贈孫世顯詩』制動以靜、祕景在隆。雲根可棲、樂此隈岑。
リュウ
さかん。たかい。
解字(白川)
𨸏と夂と土の會意。𨸏は神靈の陟降する神梯。その前に土主を置き、夂はそこに上から神靈の降下する象。神を迎へて祀ることをいふ。
説文解字に降聲とするが、聲が合はない。
漢碑には土、などに從ふ形のものがあり、丰は夆の從ふところと同じく、神靈の降下するところをいふ。
隆ととは疊韻。説文解字はその疊韻を以て訓する。靈威の豐盛なることをいふ。
解字(藤堂)
降の略體と(草が上へ伸び出るさま)の會意。降りる力に抗して上へ上へと盛り上がることを表す。
當用漢字・常用漢字

説文解字
草木實甤甤也。从、豨省聲。讀若綏。
康煕字典
生部七劃
『唐韻』『集韻』『韻會』儒隹切『正韻』如隹切、𠀤音緌。『說文』草木實甤也。『徐曰』甤豕聲相近、又生子之多、莫若豕也。『正韻』華橤之生、有類豕豪。會意。
『廣韻』『正韻』如累切『集韻』『類篇』乳捶切、𠀤音蘂。義同。『正字通』俗作
ズイ
解字(藤堂)
形聲。に從ひ豕聲。

さかんなること、草木の實が垂れ下がるさまをいふ。

説文解字
眾生並立之兒。从二。『詩〔大雅・桑柔〕』曰、甡甡其鹿。
康煕字典
生部五劃
『唐韻』所臻切『集韻』『韻會』『正韻』疏臻切、𠀤音莘。『說文』衆生𠀤立之貌。『詩・大雅〔桑柔〕』瞻彼中林、甡甡其鹿。《傳》甡甡、衆多也。聲類云、聚貌。徐曰、𠀤生而齊盛也、若鹿角然。
シン
おほい