説文解字私註 自部

鼻也。象鼻形。凡自之屬皆从自。
𦣼 古文自。
𦤝 (臱)
宮不見也。闕。

自部 舊版

を參照のこと。

説文解字
𦤝 宮不見也。闕。
康煕字典
自部九劃
『玉篇』眉然切、音眠。不見也。
康煕字典・𤾜
白部十一劃
『正字通』𦤝字之譌。按說文宀字重文作𦤝、武延切、讀若緜、非與緜同。字彙作古文緜字、非。
ヘン。ベン。メン。
解字(白川)
は鼻の象形。下は臺架の形。鼻のあなを上にして臺上に屍體を置く形で、首祭としての祭梟の俗を示す。いはゆる髑髏棚である。臱は架屍の象。方は人を磔する形。
解字(藤堂)
(鼻)と[冂八](兩側に分かれる)と方(兩側に張り出る)の會意、鼻の兩脇に出た鼻ぶたの端を表す。