説文解字私註 象部

象部

説文解字
長鼻牙、南越大獸、三秊一乳、象耳牙四足之形。凡象之屬皆从象。 段注は三年一乳。とする。
康煕字典
豕部五劃
《古文》𤉢
『唐韻』徐兩切『集韻』『韻會』『正韻』似兩切、𠀤詳上聲。『說文』長鼻牙、南越大獸、三年一乳、象耳牙四足之形。『爾雅・釋地』南方之美者、有梁山之犀象焉。《疏》犀、象二獸、皮角牙骨、材之美者也。『詩・魯頌』元龜象齒。『左傳・襄二十四年』象有齒以焚其身、賄也。『禮・玉藻』笏、諸侯以象、士竹本象可也。
『王安石・字說』象牙感雷而文生、天象感氣而文生、故天象亦用此字。『易・繫辭』在天成象。《疏》謂懸象日月星辰也。『禮・樂記・註』象、光耀也。
『韓非子・解老篇』人希見生象也、而得死象之骨、按其圖以想其生也、故諸人之所以意想者、皆謂之象也。『易・繫辭』象也者、像此者也。《疏》言象此物之形狀也。『左傳・桓六年』申繻曰、名有五、以類命爲象。《註》若孔子首象尼丘。『周禮・春官・大卜』以邦事作龜之八命、二曰象。《註》謂災變雲物如衆赤鳥之屬、有所象似。『前漢・王莽傳』白煒象平。《註》象、形也。萬物無不成形于西方。
法也。『書・舜典』象以典𠛬。《傳》法用常𠛬、用不越法。『儀禮・士冠禮』繼世以立諸侯、象賢也。《註》象、法也。
象魏、門闕也。一曰書名。『周禮・天官・大宰』正月之吉、縣治象之法于象魏。《疏》周公謂之象魏、雉門之外、兩觀闕高魏魏然也。『左傳・哀三年』命藏象魏。《疏》由其縣于象魏、故謂其書爲象魏。
象尊、酒器。『左傳・定十年』犧、象不出門。《疏》象尊以象鳳凰。或曰以象骨飾尊。『三禮圖』云、當尊腹上畫象之形。『禮・明堂位』犧象、周尊也。
通言之官。『禮・王制』南方曰象。《註》劉氏曰、象、像也。如以意倣象、其似而通之、周官象胥是也。
舞名。『詩・周頌序』維淸奏象舞也。『正義』文王時有擊刺之法、武王作樂、象而爲舞、號其樂曰象舞。『禮・內則』成童舞象。『史記・樂書』文王之舞、舞之以未成人之童、故謂之象舞。
象人、若今戲蝦魚、獅子者也。『前漢・禮樂志』郊祭、常從象人四人。
罔象、水怪名。『史記・孔子世家』水之怪龍、罔象。《註》罔象食人、一名沐腫。
藥名。『本草綱目』盧會、一名象膽、以其味苦如膽也。
象敎。卽佛敎也。『王中・頭陀寺𥓓』正法旣沒、象敎陵侇。《註》謂爲形象以敎人也。
郡名、州名、山名。『史記・秦始皇紀』三十三年爲象郡。《註》今日南。又百越地、𨻰置象郡、因象山名。隋平𨻰置象州。
姓。『姓苑』潁州望族。今南昌有此姓。
『正字通』象有平、上、去三聲、諸韻書收入養韻、漾韻不收、『正韻』亦然。『六書』有一字備四音者、有轉十數音者、獨至象必限以一音、此古今分韻之謬也。
叶徐羊切、音詳。『晉書・樂志・地郊饗神歌』祇之體、無形象。潛泰幽、洞忽荒。
シャウ。ザウ。
きさ。かたち。かたどる。
解字(白川)
象は古く江北の地にも群棲してゐたことが知られる。
象を象徴の意に用ゐるのは、との通用義であらう。相似の意は、像、樣の意である。
解字(藤堂)
最も目立つた大きい形をしてゐるところから、かたちといふ意味になつた。
解字(落合)
殷代は氣候溫暖で、黃河流域にも象が棲息してゐた。西周中期以降、氣候が寒冷化し、黃河流域の象は絶滅した。
解字(漢字多功能字庫)
本義は象、後に抽象、形象の象の意を派生した。
韓非は北方に象が見えること少なく、人々は象の骨に據つてその形狀を想像し、故に想像することを象と稱すると認める。(上揭『韓非子・解老』參照) 後に人偏を增やして像字を分化し、雕像、塑像の義を表す。
戰國文字の象と兔は相混ざり、兔の尾は短く上に上がり、象の尾は下に垂れてゐることで區別される。
甲骨文、金文では本義に用ゐる。甲骨文ではまた方國名に用ゐる。金文ではまた地名に用ゐる。
戰國竹簡では本義に用ゐる。
戰國竹簡では傷字を象の通假字となす。
當用漢字・常用漢字

長鼻の獸たる象を象る。

説文解字
象之大者。賈侍中說、不害於物。从聲。
𢄮 古文。
康煕字典
豕部九劃
《古文》𠄛
『廣韻』『集韻』『類篇』『韻會』羊洳切『正韻』羊茹切、𠀤音預。象類。『說文』象之大者、賈侍中說、不害於物。
『爾雅・釋詁』安也。『又』樂也。『玉篇』怠也、佚也。『正韻』悅也。『易・豫卦疏』謂之豫者、取逸豫之義、以和順而動、動不違衆、衆皆悅豫也。『書・太甲』無時豫怠。『詩・小雅』逸豫無期。
『增韻』遊也。『孟子』一遊一豫、爲諸侯度。『張衡・東京賦』度秋豫以收成。《註》秋行曰豫。
『爾雅・釋言』敘也。《疏》事豫備者亦有敘也。『玉篇』早也、逆備也。『易・旣濟』君子思患而豫防之。『禮・學記』禁於未發之謂豫。『中庸』凡事豫則立。《註》素定也。『玉篇』或作
『爾雅・釋詁』厭也。
參與也。『正韻』與通。『後漢・東夷傳』楚靈會申、亦來豫盟。『宋書・王弘傳』以私賤無名之人、豫公家有實之任。
猶、豫、二獸名、性多疑。凡人臨事遲疑不決者、借以爲喩。『史記・呂后紀』計猶豫未有所決。『禮・曲禮』作猶與。《註》與、本亦作豫。《疏》猶、玃屬。與、象屬。二獸皆進退多疑、人多疑惑者似之。
州名。『書・禹貢』荆河惟豫州。《疏》西南至荆山、北距河水。『釋名』豫州在九州中、京師、東都所在、常安豫也。『晉書・地理志』豫、舒也、言稟中和之氣性理安舒也。舒音豫。『廣韻』秦爲三川郡。漢爲河南郡。後魏置同州、又攺爲豫州。
姓。『潛夫論』豫氏、本姬姓。晉智伯臣豫讓。
『集韻』詞夜切、音謝。與通。『儀禮・鄕射禮』豫則鉤楹內、堂則由楹外。《註》豫、讀如成周宣榭之榭、今言豫者、謂州學也。一云與堂序之序同。
『集韻』商居切、音書。與同。伸也。
たのしむ。やすんずる。あそぶ。よろこぶ。おこたる。いとふ。あらかじめ。かねて。くみする。あづかる。
解字(白川)
聲。説文解字の兩義とも用例はない。
『書・顧命』に不豫たのしまず(補註: 中國哲學書電子化計劃Wikisourceは該當箇所を王不懌とする。『漢書・律曆志下』の引用では王有疾不豫とする。)、『孟子・梁惠王下』に吾王不豫あそばずなど、不豫、悦豫、逸豫の意に用ゐる。心部に悆字があり、忘るるなり。ゆるやかなるなり。周書に曰く、疾有りてたのしまずと。悆はたのしむなり。とあつて、『書・金滕』王有疾、弗豫。を引き、字を悆につくる。
「猶豫」は形況の連語で、舒緩の意。力部にエウエウ、緩やかなるなり。とあつて、その聲に舒緩の意があるのであらう。
豫定、豫占の意に用ゐるのは、象を豫占のことに用ゐたと思はれるが、そのことを確かめがたい。
解字(藤堂)
會意、は亦た音符。はのんびりしたものの代表。のんびりとゆとりをもつこと。
解字(漢字多功能字庫)
金文はに從ふ。八は予の上部の裝飾の筆畫、予は聲符、象は義符。説文解字は本義を大きい象とし、説文解字注に侍中說豫象𨿽大而不害於物。故寛大舒緩之義取此字。と註する。
金文では讀んでとなす。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》