説文解字私註 晶部

晶部

《説文解字本文》精光也。从三日。凡晶之屬皆从晶。
《音》シヤウ
《訓》あきらか
多數の星が光ることを表す。落合、漢字多功能字庫は、星の初文とする。
康煕日部
當用漢字・常用漢字
《説文解字本文》曐 萬物之精、上爲列星。从晶生聲。一曰象形。从口、古口復注中、故與日同。
《説文解字重文》𠻖 古文星。
《説文解字重文》星 曐或省。
《康煕古文》𤽛皨
《音》セイ。シヤウ。
康煕日部
當用漢字・常用漢字
《説文解字本文》曑 商星也。从晶㐱聲。
《説文解字重文》𠻝 曑或省。
《康煕古文》𠫰朁
《訓》まじはる。まゐる。みつつ。
白川は、簪の玉の光を表す厽と、人の鬒髮の長いさまを表す㐱の會意、簪飾を加へた人が拜跪する姿とする。藤堂は、簪をきらめかす女の象に彡を加へた形とする。漢字多功能字庫は、金文を、晶と光と彡に從ひ、亦た彡聲、本義を二十八宿の參とする。
康煕厶部
當用漢字・常用漢字《漢字表字體》参
《説文解字本文》曟 房星。爲民田時者。从晶辰聲。
《説文解字重文》晨 曟或省。
《康煕古文》𠔹
《音》シン
《音》あさ。あした。
康煕日部
人名用漢字
《説文解字本文》曡㬪 楊雄說、以爲古理官決罪、三日得其宜乃行之。从晶从宜。亡新以爲曡从三日太盛、改爲三田。 (康煕日部)
《康煕》 『字彙』同𤴁
《康煕》𤴁 『玉篇』重也。累也。『左思・吳都賦』雖累葉百𤴁、而富強相繼。
《音》ジヤウ
《訓》たたむ。かさなる。
康煕田部
當用漢字・常用漢字《漢字表字體》畳 《人名用許容字體》疊