説文解字私註 冎部

冎部

説文解字
剔人肉置其骨也。象形。頭隆骨也。凡冎之屬皆从冎。
説文解字注
註して剔當作𩮜。解也。其周禮膊之、焚之、辜之之㓝與。『列子〔湯問〕』曰、炎人之國、其親戚死、冎其肉而棄之。刀部無剔字。冎俗作剮。といふ。
康煕字典
冂部四劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤古瓦切、音寡。『說文』剔人肉、置其骨也。
『集韻』亦作。『韻會』或作
康煕字典・叧
口部二劃
『集韻』古瓦切、音寡。『玉篇』剔人肉、置其骨。『集韻』與冎剮同。
康煕字典・剮
刀部九劃
『唐韻』『集韻』𠀤古瓦切、音寡。『玉篇』剔肉置骨也。『說文』作冎。『廣韻』俗字。『正字通』本作冎。
クヮ
わける。けづる。えぐる。
解字(白川)
頭や胸の骨の形を象る。
『列子・湯問』に其の肉をけづりて之を棄つ(上揭も參照のこと。Wiktionary中國哲學書電子化計劃は冎に換へて㱙とする。)とあり、複葬の俗をいふ。
卜辭に犬を冎らんかのやうに犬牲の法を卜するものがある。
祝禱の器たる口を加へたものはの初文。
解字(藤堂)
上部に丸い穴の空いた骨があり、下にその丸い穴に嵌り込む骨を描いた象形字。や剮の原字。
解字(落合)
肩甲骨を象る。異體字には手足の骨を象ると思はれるものもある。
籀文で肉を加へて骨字となる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、骨骼の互ひに支へる形に象る。(補註: 例示の甲骨文は、落合のいふ手足の骨を象る異體字と同じく見える。)
骨の初文。戰國文字で意符として肉を加へる。
甲骨文では人名、地名に用ゐる。金文では人名に用ゐる。

按ずるに、骨の象形初文。後には冎字は剮の意で用ゐるやうになり、骨の意には繁文の骨字を用ゐるやうになつたか?

説文解字
𠛰 分解也。从从刀。
康煕字典
刀部
《古文》𠔁
『玉篇』分別也。『增韻』辨也。
『玉篇』離也。『增韻』解也、訣也。
康煕字典・𠛰
刀部六劃
『說文』別本字。𠛰、分解也。隷作別。
簡体字
わかつ。わかれる。
解字(白川)
と刀の會意。骨節のところを刀で分解する意。牛角を刀で解くことを解といひ、骨間をわかつことを別といふ。文理解體することを原義とする。
解字(藤堂)
と刀の會意。冎は嵌り込んだ上下の關節骨。關節を刀でばらばらにするさまを示す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は刀と骨の初文(隸定してにつくる)に從ひ、刀を以て骨肉を分解する意であらう。本義は、分解、分割。古書では刀で分割するといふ本義に用ゐる。『淮南子・齊俗訓』宰庖之切割分別也。分解から轉じて、分別、離別の義を有す。
甲骨文では地名に用ゐる。戰國竹簡では分別、區別を表す。また離別を表す。漢代簡帛でも區別を表す。
當用漢字・常用漢字

説文解字
𠕩 別也。从卑聲。讀若罷。 段注に府移切。十六部。罷聲古音在十七部。合韵也。㗗與𠂢[𠂢一皿]字音義相近。と註する。
康煕字典
口部十劃
『集韻』補買切、音擺。『玉篇』別也。
『集韻』部買切、罷上聲。『博雅』裂也。