冎 - 漢字私註

説文解字

剔人肉置其骨也。象形。頭隆骨也。凡冎之屬皆从冎。
段注に剔當作𩮜。解也。其周禮膊之、焚之、辜之之㓝與。『列子〔湯問〕』曰、炎人之國、其親戚死、冎其肉而棄之。刀部無剔字。冎俗作といふ。
冎部

康煕字典

部・劃數
冂部四劃

『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤古瓦切、音寡。『說文』剔人肉、置其骨也。

『集韻』亦作。『韻會』或作

部・劃數
口部二劃

『集韻』古瓦切、音寡。『玉篇』剔人肉、置其骨。『集韻』與同。

部・劃數
刀部九劃

『唐韻』『集韻』𠀤古瓦切、音寡。『玉篇』剔肉置骨也。『說文』作。『廣韻』俗字。『正字通』本作冎。

音訓

クヮ
わかつ。さく。けづる。えぐる。

解字

白川

象形。頭や胸の骨の形を象る。

『列子・湯問』に其の肉をけづりて之を棄つ(上揭。Wiktionary中國哲學書電子化計劃は冎に換へて㱙とする。)とあり、複葬の俗をいふ。

卜辭に犬を冎らんかのやうに犬牲の法を卜するものがある。

祝禱の器たるを加へたものは。禍の初文。

藤堂

冎は、上部に丸い穴の空いた骨があり、下にその丸い穴に嵌り込む骨を描いた象形字。

の原字。

落合

肩甲骨の象形。の初文。支那では新石器時代から獸の肩甲骨を用ゐた卜占が行はれてをり、そのため骨の意を表す際に選擇されたのであらう。

甲骨文には卜骨に關する字の要素としての用法も見える。

甲骨文の異體字に、手足の骨であらう形もある。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 骨。《英國所藏甲骨集》1125貞、疾冎(骨)、惟有[⿱𫝀它]。
  2. 通告すること。假借の用法。冎告(骨告)は過告と同義。(補註: に同じ。)《合集》20576…貞、雀亡禍、冎告、使。
  3. 地名。《合集補編》8982戌冎弗雉王衆。
冎凡(骨盤)
腰の骨であらう。凡を借りて盤の意味で使つてゐる。

古文でを意符に加へ、骨につくる。上古音では冎、骨は別部であり、骨は形聲字ではなく、肉の附いた骨を意味する會意字とする説もある。

屬性

U+518E
U+53E7
U+526E

関聯字

冎に從ふ字

冎聲の字