咼 - 漢字私註

説文解字

口戾不正也。从聲。
口部

康煕字典

部・劃數
口部六劃

『唐韻』苦媧切『集韻』空媧切、𠀤音跬。『說文』口戾不正也。『廣韻』同。『集韻』或作𩰬

又與同。『淮南子・說山訓』咼氏之璧。

又『正字通』音戈。姓也。南唐咼拯、宋咼輔、明咼文光。

部・劃數
口部九劃

『玉篇』同

異體字

簡体字。

音訓

(1) クヮイ(漢) 〈『廣韻・上平聲・佳・咼』苦緺切〉
(2) クヮ(漢)
(1) くちゆがむ。ゆがむ。

解字

白川

の會意。冎は人の上體の殘骨の象。口は祝禱を收める器の形。その死靈の呪能によつて、人に呪詛する意で、これによつて禍殃を與へる。説文解字に口戾りて正しからざるなりとあり、の初文。

藤堂

と音符(丸い穴に嵌り込む骨)の會意兼形聲。丸く回る、丸いといふ意味を含む。

と音符咼の會意兼形聲。

補註: 藤堂は喎字について音(1)の音義のみを採る。

屬性

U+54BC
JIS: 1-51-5
U+558E
JIS: 1-15-11
U+5459

関聯字

咼聲の字