骨 - 漢字私註

説文解字

肉之覈也。从。凡骨之屬皆从骨。
骨部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『韻會』古忽切『集韻』吉忽切、𠀤音汨。『說文』肉之覈也。『釋名』骨、滑也。骨堅而滑也。『靈樞經』腎主骨、張筋化髓榦、以立身。『周禮・天官・疾醫』以酸養骨。《註》酸木味、木根立地中似骨。《疏》謂似人之骨立肉中者。『列子・天瑞篇』精神者、天之分。骨骸者、地之分。屬天、淸而散。屬地、濁而聚。

又牲骨。『禮・祭統』凡爲俎者、以骨爲主。『儀禮・鄕射禮註』以骨名肉、骨貴也。

又姓。『隋書・骨儀傳』骨儀、京兆長安人。

又『唐書・東夷傳』新羅、其族名第一骨、第二骨、以自別。

又苦骨、苦參別名。又多骨、白荳𦸅別名。見『本草綱目』。

音訓

コツ(漢) コチ(呉)
ほね。ほねぐみ。むくろ。からだ。ひとがら。
(國訓) こつ: (1)火葬して殘つた白骨。(2)勘所、要點、要領、呼吸、調子。「―を摑む」

解字

白川

象形。上部は骨。胸骨より上の形。下部は肉。なほ殘骨の存する形。

説文解字に肉の覈(あな)なりとあり、『太平御覽〔人事部一十六・骨〕』に引く説文解字に體之質也、肉之核也。(體の質なり。肉の核なり。)と見える。

その直硬の質よりして、氣骨、骨力のやうに用ゐる。

藤堂

會意兼形聲。は、上部は大きく穴の開いた關節の受ける方の骨、下部はその穴に嵌り込む關節の下の方の骨。骨字はこれにを加へたもの。

落合

初文は。古文で身體に關係することを意味するを加へた。

上古音では冎、骨は別部であり、骨は形聲字ではなく、肉の附いた骨を意味する會意字とする説もある。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、骨骼の互ひに支へる形に象る(于省吾)。隸定してにつくり、冎は骨の初文。(補註: 漢字多功能字庫の擧げる甲骨文は、落合が冎の異體字、手足の骨と推測する形。)

戰國文字はを意符に加へる。

甲骨文では人命、地名に用ゐる。金文では人命に用ゐる。

戰國竹簡での用義は次のとほり。

漢帛書でも本義に用ゐる。

屬性

U+9AA8
JIS: 1-25-92
當用漢字・常用漢字

関聯字

骨に從ふ字

説文解字・骨部のほか、以下の字など。

骨聲の字