肉 - 漢字私註

説文解字

胾肉。象形。凡肉之屬皆从肉。
肉部

康煕字典

部・劃數
部首
古文

『唐韻』如六切『集韻』『韻會』『正韻』而六切、𠀤音衄。『說文』胾肉、象形。本書作𠕎。『易・噬嗑』噬乾肉。『禮・孔子閒居』觴酒豆肉。『左傳・莊十年』肉食者鄙。『管子・水地篇』五藏已具、而後生肉。『又』心生肉。五肉已具、而後發爲九竅。

又『正字通』禽鳥謂之飛肉。『揚子・太𤣥經』明珠彈于飛肉、其得不復。

又肉𠛬。『史記・孝文帝紀』法有肉𠛬三。《註》黥劓二、左右趾合一、凡三。

又芝草名。『抱朴子・僊藥卷』五芝者、有石芝、有木芝、有草芝、有肉芝。

又視肉、獸名。見『山海經・郭璞註』視肉、形如牛肝、有兩目、食之無盡、尋復更生如故。又土肉、生海中。色黑、長五寸、大如小兒臂、有腹、無口耳、多足、可炙食。『本草』李時珍曰、此蟲魚之屬、與土精名封同類。『郭璞・江賦』土肉石華。

又『本草』人頂生瘡、五色、如櫻桃、破則自頂分裂、連皮剝脫至足、名曰肉人。夏子益奇疾方、常飮牛乳、卽消。

又『釋名』肉、柔也。

又『集韻』『韻會』『正韻』𠀤如又切、音輮。錢璧之體。『爾雅・釋器』肉倍好謂之璧。《註》肉、邊也。好、孔也。『釋文』肉、如字。又如授反。

又錘體爲肉。『前漢・律歷志』圜而環之、令之肉倍好者。《註》錘之形如環、體爲肉、孔爲好。

又肥滿也。『禮・樂記』使其曲直繁瘠、廉肉節奏、足以感動人之善心而已矣。《疏》肉謂肥滿。『又』寬裕肉好、順成和動之音作、而民慈愛。《註》肥也。『釋文』𠀤而救反。

又『史記・樂書』寬裕肉好。《註》肉好、言音之洪美。

又『集韻』儒遇切、音孺。肌肉也。

又『韻會』『正韻』𠀤而由切、音柔。邊也。

又『正字通』音腴。『周禮・地官・大司徒』其民豐肉而庳。劉昌宗讀。

部・劃數
宀部四劃

『集韻』古作宍。『通雅』本作𡧢。『淮南子・原道訓』欲𡧢之心亡於中、則饑虎可㞑。《註》欲𡧢、自戀其軀也。𡧢、古肉字。○按太玄數五、五爲土、爲食、爲𡧢。『吳越春秋』載『古孝子・彈歌』𢇍竹、續竹、飛土、逐宍。从宀从六。

音訓

ニク(呉) ジク(漢)
しし。ししむら。からだ。こえる。

解字

白川

象形。切り取つた肉塊の形を象る。

説文解字に胾肉なりとあり、大きな一臠の肉をいふ。

釋名・釋形體』に肉、柔也。(肉は柔なり)とあり、その古音は相近い聲であつた。

藤堂

象形。筋肉の線が見える、動物の肉の一切れを描いたもの。

形聲。に從ひ聲。六と肉の音は、江南方言で混同する。

落合

切つた肉の象形。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. にく。しし。《殷墟花園莊東地甲骨》113丙、入肉。
  2. 祭祀名。肉を捧げる儀禮であらう。
  3. 多の略體。

甲骨文の要素としては、主に祭祀で捧げる肉の意味で使はれてゐる。

字體がに近いため、月やに近い形になつてゐることが多い。甲骨文にも若干の混同が見られる。

漢字多功能字庫

甲骨文は獸肉の形を象り、甲骨文から小篆に至るまでの變化で、肉の中に一筆を加へ、字形は段々との形と混ざつた。本義は鳥獸の肉。

戰國文字の肉は月の字形と相近く、肉に從ふ字が少なからず月に從ふ字と混じつた。隷書、楷書では、肉を月と混同しないために、複雜な肉の形にした。このほか、肉を俗體の宍と書く方法がある。肉との古音は相近く、それで肉の俗體は六を聲符とする。

甲骨文での用義は次のとほり。

戰國竹簡でも本義に用ゐて獸肉を指す。《上博竹書二・魯邦大旱》簡6公剴(豈)不飽杒(粱)飤(食)肉才(哉)。

屬性

U+8089
JIS: 1-38-89
當用漢字・常用漢字
U+5B8D
JIS: 1-28-21

関聯字

肉に從ふ字

説文解字・肉部のほか、以下の字など。

肉聲の字