刀 - 漢字私註

説文解字

刀
兵也。象形。凡刀之屬皆从刀。
刀部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『韻會』都勞切『正韻』都高切、𠀤到平聲。『說文』兵也。象形。《徐曰》象刀背與刃也。『釋名』刀、到也。以斬伐到其所也。『玉篇』所以割也。『左傳・襄三十一年』未能操刀而使割也。

又錢名。『初學記』黃帝採首山之銅、始鑄爲刀。『史記・平準書』龜貝金錢刀布之幣興焉。《註》索隱曰、刀者、錢也。以其形如刀。『前漢・食貨志』利於刀。《註》如淳曰、名錢爲刀者、以其利於民也。

又『詩・衞風』誰謂河廣、曾不容刀。《朱註》小船曰刀。『正韻』小船形如刀。

部・劃數
刀部(零劃)

『韻會』、隷或作刂。

音訓

タウ(漢) 〈『廣韻・下平聲・豪・刀』都牢切〉
かたな。はもの。ふね。

解字

白川

象形。刀の形に象る。

説文解字に兵なりとあり、兵とは武器をいふ。左右兩刃は。刀は一刃、上部に握環がある。

のち通貨にその形を用ゐて、刀錢、貨幣といふ。

また簡札を削るのに用ゐたので、書記のことを刀筆の吏といふ。

藤堂

象形。刃の反つた刀を描いたもの。丿型に反る意を含む。

落合

片刃の武器である刀の象形。下部を刃とする説もあるが、例へば分で對象を切り分けてゐるのは上部であり、本來は上部が刃。甲骨文の異體字には上下を逆にしたものもある。

殷王朝の主力武器は戈や弓矢などであり、刀は小振りのものが補助的に用ゐられてゐた。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 動詞。刀を持つことか。《合集》21623辛巳卜貞、夢亞雀捍、余刀、諾。
  2. 地名またはその長。召の略體の可能性が高い。《殷墟小屯中村南甲骨》66辛丑卜、王征刀方。
漁刀
漁撈の意。この場合の刀は釣り針の象形かも知れない。

甲骨文の要素としては、主に刀による切斷や殺傷を意味して用ゐられる。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は刀の形に象る。古い武器。上邊は刀の刃、下邊は刀の柄。

甲骨文での用義は次のとほり。

早期金文では族氏名に用ゐる。

戰國金文では重量の單位に用ゐる。

傳世文獻では刀を假借して舟となし、小船を表す。この義では後に舟を加へて舠に作る。『詩・衛風・河廣』誰謂河廣、曾不容刀。鄭玄箋小船曰刀。

このほか、刀にはもと刁の音があり、姓氏を表す刁は、はじめ刀を用ゐて表し、後に刀の一撇を一趯に變へて、刁字を分化した(王鳴盛、裘錫圭)。

刀は先秦期の金屬で鑄られた貨幣の一種で、その形は青銅の削刀に由來する(參・黃錫全)。

屬性

U+5200
JIS: 1-37-65
當用漢字・常用漢字
U+5202
JIS: 2-3-21

関聯字

刀に從ふ字

説文解字・刀部のほか、以下の字など。

刀聲の字