説文解字私註 靑部

靑部

説文解字
青靑𤯝𤯞 東方色也。木生火、从。丹靑之信言象然。凡靑之屬皆从靑。
𡷉 古文靑。
康煕字典
部首
《古文》𡴑𡴏𡴐𡗡寈
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤倉經切、音鶄。『說文』東方色也。『釋名』靑、生也。象物之生時色也。『書・禹貢』厥土靑黎。『荀子・勸學篇』靑出之藍而靑於藍。
神名。『史記・封禪書』秦宣公作密畤于渭南、祭靑帝。
州名。『書・禹貢』海岱惟靑州。
鳥名。『禮・曲禮』前有水、則載靑旌。《註》靑、靑雀、水鳥。
木名。『庾信・步虛詞』空靑爲一林。《註》雲笈七籤、玉淸天中有樹、似松、名曰空靑之林。又『廣韻』男靑、女靑、皆木名。出羅浮山記。
果名。靑子、橄欖也。『蘇軾詩』紛紛靑子落紅鹽。
藥名。『本草綱目』空靑、腹中空、破之有漿、治眼疾。一名楊梅靑。『又』白靑、治目疾、色深者爲石靑、淡者爲碧靑。淮南子畢萬術云、白靑、得鐵卽化爲銅。又曾靑、綠靑、扁靑、綠膚靑、𠀤詳『本草綱目』。
『韻會』竹皮曰靑。『後漢・吳祐傳』殺靑𥳑以寫經書。《註》以火炙𥳑令汗取其靑、易書復不蠹、謂之殺靑。
『唐・李肇・翰林志』凡大淸宮道觀薦告詞文、用靑藤紙朱字、謂之靑詞。
『李綽・歲時紀』上巳曲江禊飮、曰踏靑。
姓。『廣韻』出何氏姓苑。又複姓三氏、漢有靑烏子。又有靑牛氏、靑陽氏。
『集韻』『韻會』𠀤子丁切。與同。『詩・衞風』綠竹靑靑。《傳》靑靑、茂盛貌。『釋文』靑、子丁反。本亦作菁。又『小雅』其葉靑靑。『釋文』靑、子零反。
セイ。シャウ。
あを。あをい。
解字(白川)
形聲。聲。
丹青は鑛物質のもので變色せず、故に「丹靑の信」といふ。殷墓の遺品に丹を用ゐたものは、今もなほその色を存してをり、また器の朽ちたものは、土に印して、花土として殘つてゐる。丹や青は器の聖化、修祓のために用ゐるもので、たとへばは力(耜)を上下より持ち、これに靑を加へて修祓する農耕儀礼をいふ字である。
解字(藤堂)
(あをい草の芽生え)と(井戸の中に清水の溜まつたさま)の會意。生、丼のどちらかを音符と考へてもよい。青草や清水のやうな澄み切つた青色。
解字(漢字多功能字庫)
に從ふ。構形初義不明。草木が生長するときの青色を象ると疑はれる。
甲骨文はただ一つ見え、と丹に從ふ。甲骨文の「青室」は、宗廟の室のことといふ。金文は生と丹に從ひ、丹はあるいは井につくる。生は草木の生長を象り、青の本義は草木の生長の青色。『釋名』靑、生也。象物之生時色也。一説に丹は石の名で、青の本義は石の青といふ。按ずるに前説がより理に適つてゐる。草木の生長の色は常に青く、丹石は青色とは限らない。生、井は聲符で、青と古韻で同じ耕部に屬する。丹と井は形が近く、通用する要素で、金文のの從ふところの青は多く井に從つてつくる。晩期金文は下に口を飾筆として加へる。
金文では多く人名に用ゐる。また讀んで靜となす。牆盤青(靜)幽高且(祖)、在微靈處は高祖が微の地に在つて靜かに隱棲してゐることを表すといふ。また本義に用ゐ、青色を表す。番君白盤用其青金。『荀子・勸學篇』靑取之於藍而靑於藍。
戰國楚簡では通讀して情となす。《郭店簡・性自命出》青(情)生於眚(性)。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》青

説文解字
審也。从聲。
康煕字典
靑部八劃
《古文》㣏
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤疾郢切、音穽。『說文』審也。从靑、爭聲。《註》徐鍇曰、丹靑明審也。
『增韻』動之對也。『易・坤卦』至靜而德方。
『書・堯典』靜言庸違。《傳》靜、謀也。
『詩・邶風』靜言思之。《傳》靜、安也。又『鄭風』琴瑟在御、莫不靜好。
『詩・邶風』靜女其姝。《傳》靜、貞靜也。
『廣韻』息也。『禮・月令』百官靜事毋𠛬。
『韻會』澄也。
『廣韻』和也。
『韻會』通作。亦通作。亦通作
『韻會』『正韻』𠀤疾正切、音淨。義同。『前漢・揚雄傳』京師爲之語曰:維寂寞自投閣、爰淸靜作符命。
『詩・大雅』籩豆靜嘉。《箋》潔淸而美。『釋文』淸、如字、又才性反。淸靜皆可讀去聲。○按玉篇、廣韻、集韻、類篇、靜字皆無去聲。韻會始收入敬韻、正韻因之。考大雅、釋文、及揚雄傳京師語、靜字本可讀去聲、但韻會引解嘲爰淸爰靜句、云、顏註合韻、音才性切、則謬甚。解嘲云、爰淸爰靜、游神之庭。卽音才性切、如何與庭叶、是必因爰淸靜句而誤記也。正韻仍其失、今特辨之。
叶千廷切、音淸。『六韜』秋道斂、萬物盈。冬道藏、萬物靜。
セイ。ジャウ。
しづか。しづめる。
解字(白川)
の會意。青は青丹。爭は力(すき)を上下から持つ形、爭奪の爭と同じではない。耜を清めて蟲害を祓ふ儀禮。これによつて耕作の寧靜を得ることができるとされたのであらう。
周初の金文《班𣪘》に東或(國)をやすんず、後期の毛公鼎に大いにみだれてやすらかならずと見え、寧靜の意に用ゐる。本來は農耕儀禮として農器を修祓する儀禮であつた。
粢盛の清らかなことを『詩・大雅・旣醉』に籩豆靜嘉といひ、嘉も字形中にすきの形を含み、鼓聲を加へ、祝禱して祓ふ農耕儀禮をいふ字であつた。靜嘉と合はせて、粢盛の明潔の意とする。
竫、靖、瀞には通用の義がある。齊器の《國差𦉜》にて旨酒をみたさん。旨からしめきよからしめんとあるのは、瀞の意である。
解字(藤堂)
(取り合ひ)との會意、靑は亦た音符。靑は澄み切つた意を含み、取り合ひをやめて、しんと澄み渡つた雜音のない狀態になること。
解字(漢字多功能字庫)
金文はに從ひ、青も爭も聲符、兩者の古韻は同じ。一説に靜は耕の初文、本義は耦耕、つまり二人が竝んで耕す意といふ。一説に爭ふは義符で、靜は爭はず安らかなることといふ。
金文では人名に用ゐる外、二つ用法がある。一つに、安靜の意。師訇簋民亡(無)不康靜。もう一つに、鎭撫、平定の意、後世の典籍では多く靖につくる。班簋三年靜東或(國)、秦公簋鎮靜不廷、虔敬朕祀
金文ではただ青につくることもある。戰國から漢に至る簡帛書では、靜はまた通讀して爭となす。《上博楚竹書・緇衣》上好(仁),則下之為(仁)也靜(爭)先。《馬王堆漢帛書・老子甲本》夫唯不靜、故无尤は、乙本や通行本では爭につくる。
このほか、靜は竫と同じく、汗簡古文で竫につくる。秦公鎛靜公を、『史記・秦本紀』は竫公につくる。(補註: 竫公は秦の文公の太子。即位前に卒す。『史記・秦本紀』四十八年、文公太子卒、賜謚為竫公。竫公之長子為太子、是文公孫也。)
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》静
《人名用許容字體》靜