説文解字私註 異部

異部

説文解字
分也。从从畀。畀、予也。凡異之屬皆从異。
康煕字典
田部七劃
《古文》𢄖
『唐韻』『集韻』『韻會』羊吏切『正韻』以智切、𠀤移去聲。『說文』分也、从廾从𢌿。𢌿予也。『博雅』異分也。『史記・商君傳』民有二男以上、不分異者、倍其賦。
不同也。『書・旅獒』王乃昭德之、致于異姓之邦。『禮・儒行』同弗與異弗非也。《疏》謂彼人與己之疏異、所爲是善、則不非毀之也。
怪也。『釋名』異者、異於常也。『左傳・昭二十六年』據有異焉。《註》異猶怪也。『史記・屈賈傳』化爲異物兮、又何足患。
奇也。『周禮・地官・質人』掌成市之貨賄、人民、牛馬、兵器、珍異。《註》珍異、四時食物。『史記・仲尼弟子傳』受業身通者七十有七人、皆異能之士也。
違也。
姓。唐異牟尋歸唐、冊封南詔王、今白水蠻有此姓。
異翹、草名。『爾雅・釋草』連、異翹。
無名異、藥名、主治金創折傷。
『韻補』叶延知切、音怡。『詩・邶風』洵美且異。叶下貽。
叶弋質切、音逸。『詩・小雅』亦祇以異。『朱註』逸織反。『無名氏樂德歌』所見奇異、叶甘美酒食。
簡体字
ことなる。ことにする。わかつ。あやしい。あやしむ。わざわひ。
解字(白川)
卜文、金文の字形によると、鬼頭のものが兩手を擧げてゐる形。畏はその側身形。神異のものを示す。
解字(藤堂)
大きな笊または頭と、兩手を出した身體の會意。一本の手のほか、もう一本の手を添へて物を持つさま。同一ではなく、別にもう一つとの意。
解字(落合)
甲骨文は、面を被つた人の象。上部(田)は面、下部(共)は人が手を擧げた形。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は頭部が殊に異な人の形を象り、兩手を上に擧げてゐる。手に物を持ち頭頂に戴くさまを表してゐるのではなく、戴の甲骨文と形に區別がある。異の本義は特異、別異。
甲骨文では主に田獵卜辭で用ゐられ、虛詞となし、間もなくの意を表す。また恐らく不同、別異の意を表す。
金文では虛詞となし、乃と訓ず。また假借して翼となし、輔翼、輔佐を表す。
戰國秦漢の文献では、不同、殊異の意を表す。
また、別の、其の他の、の意を表す。また詫異(訝る)の意を表す。また、異事、災異を表す。
當用漢字・常用漢字

説文解字
分物得增益曰戴。从𢦔聲。
𢨇 籒文戴。
康煕字典
戈部十四劃
《古文》𢨇
『唐韻』都代切『集韻』『韻會』『正韻』丁代切、𠀤𪒴去聲。『說文』分物得增益曰戴。一曰首戴也。『廣韻』荷戴也。『書・大禹謨』衆非元后何戴。『孟子』頒白者不負戴於道路矣。
『爾雅・釋地』途出其前戴丘。《疏》道過丘南、若爲道負戴。
値也。『禮・喪大記』君纁戴六。《註》戴之言値也。『爾雅・釋地』戴日爲丹穴。《註》値也。《疏》値日之下、其處名丹穴。
『諡法』典禮無愆曰戴。『左傳・隱三年』其娣戴嬀生桓公。《註》戴謂諡。
姓。出濟北、本宋戴穆公後。
或作。『禮・月令』載靑旂。『詩・周頌』載弁俅俅。『音義』如字。又與戴同。
『韻會』作代切、音再。地名。『春秋・隱十年』宋人、蔡人、衞人伐戴。《註》戴國、今𨻰留外黃縣東南有戴城。『釋文』戴音再。
いただく
解字(白川)
聲符は𢦏。𢦏は古くdz tzの聲であつた。異は鬼頭神異のもので、これを翼戴することを戴といふ。𢦏には、呪飾を加へて聖化する意がある。
解字(藤堂)
聲符は異。古くタイの音を表すことができた。𢦏は在の原字、切り止めること。戴は、じつと頭の頂上に止め置くこと。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は、人が頭上に甾を頂き兩手を擧げて捧げてゐるさまを象り、恐らく戴くの義。恐らく甾は聲符を兼ねてゐる。金文は頭上に頂く甾を皿に換へ、また聲符の戠を加へる。戰國に至り、また首と戠聲に從ふ形につくる。
簡帛文字にも首と戠聲に從ふ戴字がある。また、首に從ひ、弋聲あるいは之聲に從ふ異體もある。秦漢に至り、異と𢦏に從ふ字が出現する。
甲骨文は降雨を貞問する卜辭中に多用され、虛詞に用ゐる。
金文では讀んで熾となす。
常用漢字(平成22年追加)