説文解字私註 爪部

爪 丮也。覆手曰爪。象形。凡爪之屬皆从爪。
卵孚也。从爪从子。一曰信也。
𤓽 古文孚从𡥀、𡥀、古文𠈃。
母猴也。其爲禽好爪。爪、母猴象也。下腹爲母猴形。王育曰、爪、象形也。
𦥮 古文爲象兩母猴相對形。
𤓯
亦丮也。从反爪。闕。

爪部 舊版

説文解字
卵孚也。从。一曰信也。 段注は卵卽孚也。とする。
𤓽 古文孚从𡥀、𡥀、古文𠈃。 段注は古文孚。从𣎼。𣎼、古文𠈃。𠈃亦聲。とする。𠈃は保の或體。
康煕字典
子部四劃
《古文》𤓽
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤芳無切、音敷。『說文』卵孚也。一曰信也。『徐鍇曰』鳥之乳卵、皆如其期、不失信也。『詩・大雅』成王之孚。《註》成王者之信於天下也。『書・呂𠛬』獄成而孚。又『禮・聘義』孚尹旁達、信也。『馬氏曰』玉之爲物、孚尹於中、而旁達於外、所以爲信。
『集韻』玉采也。
孚甲。『禮・月令・鄭註』其日甲乙、萬物皆解孚甲、自抽軋而出。
中孚、易卦名。
去聲。『集韻』芳遇切、音赴。育也。『揚子・方言』雞伏卵而未孚。或作孵。
叶芳尤切、音浮。『詩・大雅』儀𠛬文王、萬邦作孚。叶上臭。臭平聲。○按『集韻』訓玉采、音方尤切。孚亦有浮音、則又非但叶音矣。
かへる。かへす。はぐくむ。とらへる。まこと。
解字(白川)
は手で上からおさへる形、孚は俘獲の俘の初文。金文に孚を俘獲の意に用ゐる。孚信の意は假借。
解字(藤堂)
は手、幼い子を手で大切に庇ふさま。
解字(漢字多功能字庫)
俘の初文。甲骨文はに從ひ、或はと子に從ふ。孩子を捕らへる形で、本義は俘虜。

説文解字
母猴也。其爲禽好爪。爪、母猴象也。下腹爲母猴形。王育曰、爪、象形也。
𦥮 古文爲象兩母猴相對形。
康煕字典
爪部八劃
《古文》𦥮𤓸
『唐韻』薳支切『集韻』于嬀切、𠀤音潙。『說文』母猴也。其爲禽好爪。爪母猴象也。下腹爲母猴形。王育曰、爪象形也。
『爾雅・釋言』作、造、爲也。『書・益稷』予欲宣力四方汝爲。『洪範』有猷有爲有守。
治也。『晉語』疾不可爲也。《註》爲、治也。
使也。『魯語』其爲後世昭前之令聞也。《註》爲、猶使也。
語詞。『前漢・武帝紀』何但亡匿幕北寒苦之地爲。
姓。『廣韻』風俗通云:漢有南郡太守爲昆。『韻會』魯昭公子公爲之後。
『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤于僞切、音䧦。『廣韻』助也。『增韻』所以也、緣也、被也、護也、與也。『書・咸有一德』臣爲上爲德、爲下爲民。『釋文』爲上爲下之爲、于僞反。徐云:四爲字皆于僞反。又『多士』惟我下民秉爲。『詩・大雅』福祿來爲。『箋』爲、猶助也。『釋文』于僞反、協句如字。
叶吾何切、音莪。『詩・王風』有兔爰爰、雉離于羅。我生之初、尙無爲。我生之後、逢此百罹、尙寐無吪。
なす。つくる。なる。まなぶ。まねる。たり。ため。
解字(白川)
と手の會意。手で象を使役する形。
解字(藤堂)
甲骨文は手との會意で、象を手懷け調教するさま。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、に從ひ、象を牽く形に象る。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》為
《人名用許容字體》爲

𤓯

説文解字
亦丮也。从反。闕。
康煕字典
爪部零劃
『唐韻』諸兩切『集韻』止兩切、𠀤音掌。『說文』亦𠃨也。从反爪。『正字通』古字。