説文解字私註 音部

音部

説文解字
聲也。生於心、有節於外、謂之音。宮商角徵羽、聲。絲竹金石匏土革木、音也。从含一。凡音之屬皆从音。
康煕字典
部首
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤於今切、音隂。『說文』聲也。生於心、有節於外、謂之音。宮商角徵羽、聲。絲竹金石匏土革木、音也。从言、含一。『書・舜典』八音克諧。『禮・樂記』變成方謂之音。《疏》方謂文章、聲旣變轉和合、次序成就文章謂之音。音則今之歌曲也。『周禮・春官・大師』以六律爲之音。《疏》以大師吹律爲聲、又使其人作聲而合之、聽人聲與律呂之聲合、謂之爲音。『詩序』情發於聲、聲成文、謂之音。《疏》此言聲成文謂之音、則聲與音別。樂記註、雜比曰音、單出曰聲。記又曰、審聲以知音、審音以知樂、則聲音樂三者不同、以聲變乃成音、音和乃成樂、故別爲三名。對文則別、散則可以通。季札見歌『秦』曰、此之謂夏聲。公羊傳曰、十一而稅頌聲作、聲卽音也。下云治世之音、音卽樂也。是聲與音樂各得相通也。
『易・中孚』翰音登于天。『禮・曲禮』雞曰翰音。
姓。見『姓苑』。
『正韻』於禁切。與通。『左傳・文十七年』鹿死不擇音。『杜預註』音、所茠䕃之處。古字借用。○按註借用、是古字聲同、皆相假借、且釋文作於鳴反、𠀤不作去聲讀、正韻非。
オム。イム。
解字(白川)
は神に誓つて祈る言葉をいふ。言の下部の祝禱の器を示す口の中に、神の應答を示す一を加へた形。神はその音を以て神の訪れを示した。器の自鳴を示す意である。
解字(藤堂)
字の口中に點を含ませた會意字。口に何かを含み、含み聲を出すことを示す。
解字(落合)
西周金文でから派生した字。
解字(漢字多功能字庫)
金文が初めて見えるのは春秋早期。字の口の中に短い横劃、短い縱劃、或は圓形のある形で、聲音が口から出ることを示す。
音字は言字から分化したもので、金文では偏旁の言、音が通用され、古籍でも相通じる例が見える。
金文では本義に用ゐられ、聲音を表す。また、人名に用ゐる。
當用漢字・常用漢字

説文解字
聲也。从鄉聲。
康煕字典
音部十三劃
《古文》𡪥𡪆
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤許兩切、音享。『說文』聲也。从音鄕聲。《註》徐鍇曰:聲之外曰響。響猶怳也、怳怳然浮也。實而精者曰聲、朴而浮者曰響。響之附聲、如影之著形。『玉篇』應聲也。『書・大禹謨』惟影響。
方響、樂器。『杜陽雜編』太和九年、宮人沈阿翹進白玉方響。
『集韻』或作。『韻會』又作。通作
簡体字
キャウ
解字(白川)
形聲。聲符は鄕。鄕は盛食の器である𣪘()の左右に對坐する形で、饗の初文。そのやうに相對して音響を發することをいふ。
解字(藤堂)
響は音と鄕の會意、鄕は亦た音符。
卿は、人の向き合つた姿と(御馳走)より成り、向き合つて會食するさま、饗の原字。鄕は邑と卿の會意、卿は亦た音符、向き合つた村里。視線や方向が空間を通つて先方に傳はる意を含む。
音が空氣に乘つて向かうに傳はること。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》響(U+97FF; JIS:1-22-33)
《人名用許容字體》響(U+FA69; JIS:1-93-86)

説文解字
下徹聲。从酓聲。
康煕字典
音部十一劃
『唐韻』恩甘切『集韻』『韻會』『正韻』烏含切、𠀤音諳。『說文』下徹聲。『廣韻』聲小。『周禮・春官・典同』微聲韽。《註》韽、聲小不成也。
『集韻』於金切、音隂。又『類篇』衣廉切、音淹。又『集韻』𩾓感切、諳上聲。又烏紺切、諳去聲。義𠀤同。○按周禮釋文、韽、劉音闇。又於瞻反。鄭於貪反。戚於感反。李烏南反。凡五音、皆可讀。
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤於陷切、音揞。『廣韻』下入聲。俗作𪛏

説文解字
虞舜樂也。『書』曰、『簫韶』九成、鳳皇來儀。从聲。
康煕字典
音部五劃
《古文》𢨍
『唐韻』市招切『集韻』『韻會』時饒切『正韻』時昭切、𠀤音軺。『說文』虞舜樂也。『玉篇』繼也、紹也。『書・益稷』簫韶九成。『禮・樂記』韶、繼也。《註》韶之言紹也。言舜能繼紹堯之德。
『左傳・襄二十九年』見舞韶濩者。《註》殷湯樂。《疏》言其能紹繼大禹也。
『集韻』一曰美也。『韻會』凡言韶華、韶光、取此。
『韻會』州名。古百越地、漢曲江縣、隋置韶州。有兩石相對如雙闕。或曰舜作樂於此、故名韶石。
姓。『正字通』晉中牟令韶石。
『廣韻』同。『集韻』亦作
セウ
つぐ。うつくしい。
解字(白川)
形聲。聲。召に招神の意がある。
解字(藤堂)
の會意、召は亦た音符。召は昭、明るい意。

説文解字
樂竟爲一章。从。十、數之終也。
康煕字典
立部六劃
『廣韻』『集韻』『韻會』諸良切『正韻』止良切、𠀤音彰。『說文』樂竟爲一章。从音从十。十、數之終也。
采也。『書・臯陶謨』五服五章哉。『周禮・冬官考工記』畫繢之事、靑與赤謂之文、赤與白謂之章。
明也。『易・垢卦』品物咸章。『書・洪範』俊民用章。
文章也。『詩・小雅』維其有章矣。《箋》禮文也。
篇章。『詩疏』詩有章句、總義包體、所以明情也。
成事成文曰章。『孟子』不成章不達。『周語』將以講事成章。
『周語』余敢以私勞、變前之大章。《註》表也、表明天子與諸侯異物也。
條也、程也。『史記・高祖紀』約法三章。『太史公自序』張蒼爲章程。《註》章。歷數之章術也。
大林木曰章。『史記・貨殖傳』千章金材。
『爾雅・釋山疏』山形上平者名章。
地名。『山海經』鮮山又東曰章山。又赤水之北有章尾山。『史記・楚世家』吳大敗楚于豫章。『前漢・地理志』勃海郡屬縣章武、章鄕、會稽郡屬縣句章、西河郡千章縣、廣平國斥章、東平國章縣。『後漢・光武紀』建武六年、改春陵鄕爲章陵縣。
官名。『周禮・春官』保章氏。『前漢・王子侯表』千章侯。『百官志』東閣主章令丞。『師古註』主章、掌大材也。『前漢・宣帝紀』元康元年置建章衞尉。
『爾雅・釋天』太歲在庚曰上章。
樂名。『禮・記註』大章、堯樂名。
印章。『漢官儀』吏秩比二千石以上、銀印龜鈕其文曰章、刻曰某官之章。
章奏。『獨斷』凡羣臣書通於天子者四、曰章、曰奏、曰表、曰駁議。
『左傳・僖五年』日南至。《疏》步曆之始、以朔旦冬至爲首、曆之上元、其年是十一月朔旦冬、至十九年閏月盡、復得十一月。朔旦冬至、故以十九年爲一章、積章成部、積部成紀。治曆者以此章部爲法、以知氣朔。
章甫、殷冠名。『禮・郊特牲』章甫、殷道也。
總章、舜明堂名。
建章、漢宫名。在長安。城西周迴二十餘里。
姓、秦將章邯。
諡法。『逸書』温克令儀曰章。
國名。『左傳註』謝、章、薛、舒、呂、祝、終、泉、畢、過、此十國皆任姓。
俗或謂舅曰章。
『六書音義』周章、怔營貌。又懼貌。亦作慞。
『字彙補』與同。『司馬相如・子虚賦』楩楠豫章。
同。『周禮・冬官考工記』山以章。《註》讀爲獐。
『韻會小補』又叶之風切、音中。『書・臯陶謨』天秩有禮、自我五禮有庸哉、同寅協恭和衷哉、天命有德、五服五章哉。
之亮切。同。『禮・雜記』四面有章。
シャウ
あきらか。あや。しるし。
解字(白川)
入墨の器である(針)の針先の部分に、墨溜りを示す肥點を加へた形を象る。これによつて入墨を行ふ。その文身の文彩あるものを文章といひ、その美しさを彣彰といふ。入墨の美を章といひ、その賦彩を示す彡を加へて彰となる。入墨は刑罰の他にも、通過儀禮として、社會生活上の身分的なしるしとして多く用ゐられた。それで章明、喪章の意より、章程、憲章をいひ、また詩文の章節、樂章の意となつた。
解字(藤堂)
金文は(鋭い刃物)と田印(模樣)の會意、刃物で刺して入墨の模樣をつけること。篆文は音と十印(纏める)の會意で、一纏めをなした音樂の段落を示す。何れも纏まつてくつきりと目立つ意を含む。
解字(漢字多功能字庫)
金文は、と、中に横劃のある圓形に從ふ。構形初義不明。䇂の縱劃の下部は左右に彎曲する。䇂は乂の初文で、治理の意を有す。
一説に、柴薪を燃やしたときの光彩が環を成す形を象り、彰の初文。
一説に、辛と日に從ひ、日光が照つて新たな枝葉が生えるさまを表し、生氣が滿ち溢れるさまを象るといふが、按ずるに金文は辛ではなく䇂に從ふ。䇂と辛は、䇂の縱劃の下部が左右に彎曲し、辛の縱劃は眞つ直ぐであることで區別をする。
金文では玉製の禮器を表し、後世では璋につくる。また人名に用ゐる。
當用漢字・常用漢字

説文解字
樂曲盡爲竟。从从人。
康煕字典
立部六劃
『廣韻』『韻會』『正韻』𠀤居慶切、音敬。窮也、終也。『史記・項羽紀』籍大喜、略知其意、又不肯竟學。『高祖紀』歲竟、兩家常折券棄責。『前漢・元帝紀』竟寧元年。『師古註』竟者、終極之言、言永安寧也。『霍光傳』縣官重太后、故不竟。『師古註』竟、窮竟其事也。
『說文』樂曲盡爲竟。
地名。『史記・白起傳』遂東至竟陵。《註》在郢州長壽縣南百五十里。
姓。出『何氏姓苑』。
『集韻』舉影切、音景。與境同、界也。『禮・曲禮』入竟而問禁。《疏》竟、界首也。『左傳・莊二十七年』卿非君命不越竟。『字彙補』按竟界之竟、宜从上聲。徐師曾禮註:字彙附於去聲、非。
『韻補』叶居亮切『郭璞・不死圖讚』有人爰處、員丘之上。稟此遐齡、悠悠無竟。
キャウ。ケイ。
をはる。つひに。
解字(白川)
と人の會意。兄が祝禱の器を奉ずる人の形なら、竟は音を奉ずる人の形。音は言の下部を曰とする形。言は自己詛盟の辛(入墨の器)と祝禱の器で、神に誓ひ祈ること。その祝禱の器に神の反應として音を發する形は音。それを奉ずる形が竟で、祝禱の終はることを意味する。その音によつて神意を考へることを意といひ、臆度すること。
説文解字が樂曲盡くる意とするのは、樂曲の終はることをといふことから推測したものであらうが、音、竟と章とは、字形に意味が全く異なる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文はと人に從ふ。一説に、の省文。一説に、と人に從ひ、人の頭上に辛を頂く形、辛は頭飾。一説に、黥刑の黥の初文。小篆は音と人に從ふ。と言は一字から分化したものである。
甲骨文では祭名に用ゐる。金文では氏族徽號に用ゐる。

新附

説文解字
和也。从聲。裴光遠云、古與均同。未知其審。
康煕字典
音部十劃
《古文》均
『唐韻』『集韻』『韻會』王問切『正韻』禹慍切、𠀤音運。『說文』和也。从音員聲。『玉篇』聲音和曰韻。『文心雕龍』異音相從謂之和、同聲相應謂之韻。『晉書・律曆志』凡音聲之體、務在和韻、益則加倍、損則減半。『陸機・文賦』收百世之闕文、采千載之遺韻。○按文人言韻、始見於此。漢魏以上之書、皆言音不言韻。自晉以後、音降而爲韻矣。至韻書之最古者、莫如魏李登『聲類』、晉呂靜倣其法作『韻集』、齊周顒始著『四聲切韻』、梁沈約有『四聲』一卷、隋秦王俊有『韻纂』、陸法言有『切韻』、至唐孫愐『唐韻』出、而諸書皆廢。宋𨻰彭年等重修『廣韻』、丁度有『集韻』、金韓道昭有『五音集韻』、元黃公紹有『韻會舉要』、明洪武中宋濂等修『正韻』、此韻書大略也。
『正韻』風度也。
『說文』裴光遠云、古與均同。『唐書・楊收傳』夫旋宮以七聲爲均。均言韻也。古無韻字、猶言一韻聲也。
『集韻』或作
ヰン
ひびき。おもむき。みやび。
解字(白川)
字は古くは均を用ゐ、のち韻を用ゐる。
解字(藤堂)
(丸い)の會意、員は亦た音符。
當用漢字・常用漢字