音 - 漢字私註

説文解字

音
聲也。生於心、有節於外、謂之音。宮商角徵羽、聲。絲竹金石匏土革木、音也。从。凡音之屬皆从音。
音部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤於今切、音隂。『說文』聲也。生於心、有節於外、謂之音。宮商角徵羽、聲。絲竹金石匏土革木、音也。从言、含一。『書・舜典』八音克諧。『禮・樂記』變成方謂之音。《疏》方謂文章、聲旣變轉和合、次序成就文章謂之音。音則今之歌曲也。『周禮・春官・大師』以六律爲之音。《疏》以大師吹律爲聲、又使其人作聲而合之、聽人聲與律呂之聲合、謂之爲音。『詩序』情發於聲、聲成文、謂之音。《疏》此言聲成文謂之音、則聲與音別。樂記註、雜比曰音、單出曰聲。記又曰、審聲以知音、審音以知樂、則聲音樂三者不同、以聲變乃成音、音和乃成樂、故別爲三名。對文則別、散則可以通。季札見歌『秦』曰、此之謂夏聲。公羊傳曰、十一而稅頌聲作、聲卽音也。下云治世之音、音卽樂也。是聲與音樂各得相通也。

又『易・中孚』翰音登于天。『禮・曲禮』雞曰翰音。

又姓。見『姓苑』。

又『正韻』於禁切。與䕃通。『左傳・文十七年』鹿死不擇音。『杜預註』音、所茠䕃之處。古字借用。○按註借用、是古字聲同、皆相假借、且釋文作於鳴反、𠀤不作去聲讀、正韻非。

音訓

オム(呉) イム(漢) 〈『廣韻・下平聲・侵・音』於金切〉
おと。ね。

解字

白川

の會意。

説文解字に、字形について言に從ひ、一を含む。といふ。一を節ある意とするものであらう。

言は神に誓つて祈る言葉をいふ。言の下部の祝禱の器を示すの中に、神の應答を示す一を加へた形。神はその音を以て神の訪れを示した。器の自鳴を示す意。

藤堂

會意。字のの中に點を含ませたもの。言は、はつきりとけぢめをつけた言葉の發音を示す。音は、その口に何かを含み、含み聲を出すことを示す。

落合

古文でから派生した同源字。に變へたもの。その後、甘が曰に變はつた。

漢字多功能字庫

古文字の音はに從ひ、言のの内に點を加へ、聲音が口から出ることを表す。

金文は春秋早期から見え始め、言字の口内に短い橫劃、短い縱劃あるいは圓形のある形で、聲音が口から出ることを表す。

音字は言字から分化して出來した。金文では偏旁の言、音が通用され、古籍でもまた相通ずる。

金文での用義は次のとほり。

《郭店楚簡・老子甲本》音聖(聲)之相和也

屬性

U+97F3
JIS: 1-18-27
當用漢字・常用漢字

関聯字

音に從ふ字

音聲の字