説文解字私註 舛部

對臥也。从夊𡕒相背。凡舛之屬皆从舛。
楊雄說、舛从足、春。
樂也。用足相背、从舛、無聲。
𦐀 古文舞从羽、亡。
車軸耑鍵也。兩穿相背、从舛、𥜿省聲。𥜿、古文偰字。

舛部

《説文解字本文》對臥也。从夊𡕒相背。凡舛之屬皆从舛。
《説文解字重文》踳𨅱 楊雄說、舛从足、春。
《音》セン
《訓》そむく。たがふ。
本邦では升と混同され、「ます」とも訓む。
康煕部首

《説文解字本文》樂也。用足相背、从舛、聲。
《説文解字重文》𦐀𦏶 古文舞从羽、亡。
初文は無。白川は舛と無の會意、藤堂は舛と無の會意で亦た無聲とする。
康煕舛部
當用漢字・常用漢字

《説文解字本文》車軸耑鍵也。兩穿相背、从舛、𥜿省聲。𥜿、古文偰字。
《康煕》『詩・衞風』載脂載舝。『釋文』車軸頭金也。又『小雅』閒關車之舝兮。
《康煕》『韻會』亦作。『左傳・昭二十五年』叔孫昭子賦車轄。
《音》クワツ
《訓》くさび。くさびする。
白川は象形字とする。藤堂は韋と牽の會意とする。
車軸の端に施すくさびのこと。
康煕舛部