説文解字私註 示部

排列

示部

新附

補遺

示部

説文解字
天垂象、見吉凶、所以示人也。从𠄞。三垂、日月星也。觀乎天文、以察時變。示、神事也。凡示之屬皆从示。
𥘅 古文示。
康煕字典
部首
《古文》𥘅
『廣韻』巨支切『集韻』翹移切『正韻』渠宜切、𠀤音岐。同。『周禮・春官』大宗伯掌天神人鬼地示之禮。『釋文』示或作祇。
姓。『史記・晉世家』示眯明。『左傳』作提彌明。
地名。『前漢・地理志』越嶲郡有蘇示縣。
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤神至切、音侍。垂示也。『說文』天垂象、見吉凶、所以示人也。从二、三垂、日月星也。觀乎天文、以察時變。示神事也。『徐曰』二、古上字。左畫爲日、右爲月、中爲星。畫縱者取其光下垂也。示、神事也。故凡宗廟社神祇皆从示。『玉篇』示者、語也。以事告人曰示也。『易・繫辭』夫乾確然示人易矣、夫坤隤然示人𥳑矣。『禮・檀弓』國奢則示之以儉、國儉則示之以禮。『書・武成』示天下弗服。
通。『詩・小雅』視民不恌。《箋》以目視物、以物示人、同作視字。『禮・曲禮』幼子常視毋誑。《疏》示視古字通。『前漢・高帝紀』視項羽無東意。『師古註』漢書多以視爲示。
姓。明宣德中賢良示容。
しめす。くにつかみ。みる。
ジ。シ。キ。
當用漢字・常用漢字

神を祭るための卓、机、壇の類に象る。

説文解字
上諱。 後漢安帝の諱。故に字釋を闕く。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『正韻』侯古切『集韻』『韻會』後五切、𠀤音戸。『說文』福也。『爾雅・釋詁』厚也。《疏》祜者、福厚也。『詩・小雅』受天之祜。『禮・禮運』是謂承天之祜。
さいはひ

KO字源に據れば、冥加の良きこと。『詩經』君子萬年、受二天之祜一。

説文解字
履也。所以事神致福也。从、豊亦聲。
𠃞 古文禮。
康煕字典
示部十三劃
《古文》礼𠃞𤔑
『廣韻』盧啓切『集韻』『韻會』里弟切『正韻』良以切、𠀤音蠡。『說文』禮、履也、所以事神致福也。『釋名』禮、體也。得其事體也。『韻會』孟子言禮之實節文斯二者、蓋因人心之仁義而爲之品秩、使各得其敘之謂禮。
姓。『左傳』衞大夫禮孔。
『徐鉉曰』五禮莫重於祭、故从示。豊者、其器也。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》礼
《人名用許容字體》禮

説文解字
禮吉也。从聲。
康煕字典
示部十二劃
『唐韻』許其切『集韻』『韻會』虛其切『正韻』虛宜切、𠀤音僖。福也、吉也。
『爾雅・釋詁』禧、告也。
。『史記・孝文紀』祠官祝釐。『師古往』釐、本作禧、假借用耳。又『賈誼傳』上方受釐宣室。《註》言受神之福。
。『前漢・禮樂志』煕事備成。『師古註』煕與禧同。
キ。コ。
さいはひ

KO字源に據れば目出度して樂しきなり、に近し。『漢書・禮樂志』禧事備成。

説文解字
以眞受福也。从聲。
康煕字典
示部十劃
『唐韻』側鄰切『集韻』之人切、𠀤音眞。『說文』以眞受福也。
シン
さいはひ

白川に據れば、用字例はなく、殆ど人名に用ゐる。

清の王士禎は、もと名を士禛といつたが、死後、世宗雍正帝の諱胤禛を避けて士正と改められ、高宗乾隆帝に士禎の名を賜り、併せて文簡と諡された。

祿

説文解字
福也。从聲。
康煕字典
示部八劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤盧谷切、音鹿。『說文』福也。『廣韻』善也。『詩・商頌』百祿是何。《箋》當擔負天之多福。又俸也。居官所給廩。『禮・王制』位定然後祿之。『周禮・天官・大宰』以八柄詔王馭羣臣、二曰祿。《疏》以功詔祿。祿、所以富臣下、故云。『禮・曲禮』士曰不祿。《疏》士祿以代耕。不祿、不終其祿也。
司祿、星名。『史記・天官書』文昌宮六曰司祿。
回祿、火神。『左傳・昭十八年』鄭禳火於回祿。
姓。紂子祿父後。
州名。廣南化外有福祿州、唐總章二年置。
天祿、獸名。『前漢・西域傳註』似鹿、長尾、一角者爲天祿、兩角者爲辟邪。漢有天祿閣、因獸立名、藏祕書。
又『廣韻』龍玉切、音錄。祿祿、形貌爲禮也。陸德明說。
叶錄直切、音力。『漢昭帝冠詞』摛顯先帝之光耀、以承皇天之嘉祿。欽奉仲春之吉辰、普遵大道之郊域。
叶歷各切、音落。『前漢・敘傳』位過厥任、鮮終其祿。博之翰音、鼓妖先作。
さいはひ。ふち。
人名用漢字
《漢字表字體》禄祿

説文解字
福也。从虒聲。
康煕字典
示部十劃
『唐韻』息移切『集韻』『韻會』相支切『正韻』相咨切、𠀤音斯。『爾雅・釋詁』福也。『張衡・東京賦』祈禠禳災。
『集韻』常支切、音匙。又、余支切、音移。又、翹移切、音祈。又、演爾切、音匜。義𠀤同。

説文解字
祥也。从聲。
康煕字典
示部九劃
『唐韻』陟盈切『集韻』『韻會』知盈切、𠀤音貞。『說文』祥也、休也。『徐曰』禎者、貞也。貞、正也。人有善、天以符端正告之。『禮・中庸』必有禎祥。《疏》本有今異曰禎、如本有雀、今有赤雀來、是禎也。本無今有曰祥、本無鳳、今有鳳來、是祥也。
簡体字
テイ。チャウ。
さいはひ。ただしい。
人名用漢字
《漢字表字體》禎(U+798E; JIS:1-36-87) 禎(U+FA53; JIS:1-89-32)

説文解字
福也。从羊聲。一云善。
康煕字典
示部六劃
『唐韻』似羊切『集韻』『韻會』『正韻』徐羊切、𠀤音詳。『說文』福也。一云善也。『禮・禮運』是謂大祥。『書・泰誓』襲于休祥。
凡吉凶之兆皆曰祥。『徐鉉曰』祥、詳也。天欲降以禍福、先以吉凶之兆詳審告悟之也。『前漢・五行志』妖孽自外來謂之祥。『左傳・昭十八年』鄭之未災也、里析曰:將有大祥。《註》祥、變異之氣。《疏》祥者、善惡之徵。中庸必有禎祥、吉祥也。必有妖孽、凶祥也。則祥是善事、而析以災爲祥者、對文言耳。書序、亳有祥桑。五行傳、時有靑眚靑祥、白眚白祥之類、皆以惡徵爲祥。是祥有善有惡、故杜云變異之氣。
祭名。『禮・閒傳』父母之喪期而小祥、又期而大祥。《疏》大祥二十五月。
。『史記・自序』隂陽之術大祥。『漢書』作詳。
シャウ
さいはひ。きざし。しるし。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》祥(U+7965; JIS:1-30-45)
《人名用許容字體》祥(U+FA1A; JIS:1-89-29)

説文解字
《説文解字本文》福也。从聲。
康煕字典
示部四劃
『唐韻』『正韻』敕里切『集韻』『韻會』丑里切、𠀤音恥。『說文』福也。『徐曰』祉之言止也、福所止不移也。『易・泰卦』以祉元吉。『詩・小雅』旣受多祉。
さいはひ
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》祉(U+7949; JIS:1-27-67)
《人名用許容字體》祉(U+FA4D; JIS:1-89-20)

説文解字
祐也。从聲。
康煕字典
《古文》
示部九劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤方六切、膚入聲。祐也、休也、善也、祥也。『禮・祭統』福者、備也。『易・謙卦』鬼神害盈而福謙。『書・洪範』嚮用五福。
『釋名』福、富也。其中多品如富者也。
祭祀胙肉曰福。『周禮・天官・膳夫』祭祀之致福者、受而膳之。『穀梁傳・僖十年』祠致福於君。
福猶同也。『張衡・西京賦』仰福帝居、陽曜隂藏。『薛註』言今長安宮、上與五帝所居之太微宮、陽時則見、隂時則藏、同法也。
州名。秦閩中郡、𨻰立閩州、唐改福州。
姓。元忠臣福壽。
『集韻』『韻會』𠀤敷救切、音副。藏也。『史記・龜筴傳』邦福重龜。《註》徐廣讀。
叶筆力切、音偪。『詩・大雅』自求多福。『儀禮・士冠禮』介爾景福。俱叶上德字。『正字通』福本有偪音。說文从示畐聲。賈誼治安策、疏者或制大權、以福天子。乃偪譌爲福、非福與偪通也。諸韻書誤以爲福、偪同音共義、合爲一、蓋未詳毛詩、儀禮及安世房中歌、班固明堂詩、福皆讀偪、與偪義不相通也。韻會職韻逼字註云、通作福。字彙福與逼同、尤非。
さいはひ。ひもろぎ。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》福(U+798F; JIS:1-42-01)
《人名用許容字體》福(U+FA1B; JIS:1-89-33)

説文解字
助也。从聲。
康煕字典
示部五劃
《古文》𨳾
『集韻』『類篇』『韻會』𠀤尤救切、音又。神助也。『易・大有』自天祐之。『繫辭』祐者、助也。
通作。『詩・周頌』維天其有之。《箋》神享其德而助之。『書・太甲』皇天眷佑有商。
叶于貴切、音位。『楚辭・天問』驚女采薇鹿何祐、北至回水萃何喜。喜、音戲。
イウ
たすける。たすけ。
人名用漢字
《漢字表字體》祐(U+7950; JIS:1-45-20) 祐(U+FA4F; JIS:1-89-24)

説文解字
吉也。从聲。
籒文从基。
康煕字典
示部八劃
《古文》𥘕
『唐韻』『集韻』『韻會』渠之切『正韻』渠宜切、𠀤音其。『說文』吉也。『爾雅・釋言』祥也。『詩・大雅』壽考維祺。『荀子・非十二子篇』儼然壯然祺然。《註》祺、安泰不憂懼之貌。
州名。古冄駹國也。宋置祺州。
『集韻』居之切、音姬。籀从基、義同。禥、籒文。
さいはひ

説文解字
敬也。从氐聲。
康煕字典
示部五劃
《古文》祬
『廣韻』旨夷切。『集韻』『韻會』烝夷切『正韻』旨而切、𠀤音脂。『爾雅・釋詁』敬也。『書・大禹謨』祗承于帝。『周禮・春官・大司樂』以樂德敎國子、中和祗庸孝友。『正譌』从示、氐聲。見神示則敬。會意。『正字通』與通。郝敬曰、祗从氏下一、韻書別出、其實同。
つつしむ。うやまふ。まさに。ただ。

は別字。

説文解字
安福也。从聲。『易〔坎・九五〕』曰、禔旣平。
康煕字典
示部九劃
『廣韻』『集韻』章移切『正韻』旨而切、𠀤音支。福也、安也。
『廣韻』『正韻』杜奚切『集韻』『韻會』田黎切、𠀤音題。又『廣韻』是支切『集韻』『韻會』『正韻』常支切、𠀤音時。義𠀤同。
『韻會』同。『易・復卦』無祗悔。王肅陸績本作禔。『史記・韓長孺傳』禔取辱耳。《註》禔、一作祗。
さいはひ。よろこび。
(祗と通用) まさに。ただ。いたす。

説文解字
天神、引出萬物者也。从
康煕字典
示部五劃
《古文》𥛠
『唐韻』食鄰切『集韻』『韻會』乗人切、𠀤音晨。『說文』天神、引出萬物者也。『徐曰』申卽引也、天主降氣、以感萬物、故言引出萬物。
『皇極經世』天之神棲乎日、人之神棲乎目。
神明。『書・大禹謨』乃聖乃神。『孔傳』聖無所不通、神妙無方。『易・繫辭』隂陽不測之謂神。『王弼云』神也者、變化之極、妙萬物而爲言、不可以形詰。『孟子』聖而不可知之謂神。
鬼神。陽魂爲神、隂魄爲鬼。氣之伸者爲神、屈者爲鬼。
諡法。『史記』民無能名曰神。
姓。漢騎都尉神矅。
升人切、音伸。『張衡・東京賦』神荼副焉。《註》海中神名。神、音伸。荼、音舒。
叶時連切、音禪。『焦仲卿詩』念與世閒辭、千萬不復全。故作不良計、勿復怨鬼神。『班固・答賓戲』言通帝王、謀合聖神、殷說夢發於傅巖、周望兆動於渭濱。《註》神、叶時連切。濱、叶𤰞眠切。○按、顧炎武『金石文字記』曰神、古𥓓多作𥛠、下从旦。『禮・郊特牲』所以交於旦明之義。鄭康成云、旦當爲神、篆字之譌。『莊子』有旦宅而無情死、亦讀爲神。蓋昔之傳書者遺其上半、因譌爲旦耳。此說甚是、非旦可作神也。
かみ。たましひ。こころ。
解字(白川)
初文は
解字(藤堂)
の會意、申は亦た音符。稻妻のやうに不可知な自然の力。のち、不思議な力や、目に見えぬ心の働きをもいふ。
解字(漢字多功能字庫)
古人は稻妻を天神の仕業とし、神を表すのに字を用ゐた。後に意符のを加へ、分化して神祇の神ができた。本義は神祇、天神。後に、魂魄、精神、心神をも表すやうになつた。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》神(U+795E; JIS:1-31-32)
《人名用許容字體》神(U+FA19; JIS:1-89-28)

説文解字
地祇、提出萬物者也。从氏聲。
康煕字典
示部四劃
『唐韻』巨支切『集韻』『韻會』翹移切『正韻』渠宜切、𠀤音岐。同示、地神。『說文』地祇、提出萬物者也。
安也。『詩・小雅』壹者之來、俾我祇也。《註》壹者之來見我、我則知之、是使我心安也。
大也。『易・復卦』不遠復無祇悔。『韓康伯云』祇、大也。旣能速復、是無大悔。
『廣韻』『集韻』『韻會』章移切『正韻』旨而切、𠀤音支。適也、但也。『詩・小雅』祇攪我心。
『韻會』孫奕示兒編曰、祇兩音、音岐者、神祇之祇。音支者、訓適是也、如詩亦祇以異。揚子曰、兹苦也、祇其所以爲樂也歟。陸德明司馬溫公𠀤以爲音支。今杜詩韓詩或書作秖、从禾从氏、而俗讀曰質者、非也。『玉篇』秖、竹尸切。『廣韻』秖、丁尼切。皆註曰:穀始熟也。
通作。『左傳・昭十二年』是以獲沒於祇宮。『馬融云』圻內游觀之宮。
ギ。キ。シ。
くにつかみ。やすらか。おほきい。ただ。
人名用漢字

説文解字
神也。从必聲。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤兵媚切、音賁。『說文』神也。『徐曰』祕之言閉、祕不可宣也。『廣韻』勞也、密也、藏也。『史記・孝文紀』祕祝之官。《註》祕祝移過於下、國家諱之、故曰祕。『前漢・劉向傳』詔向領校中五經祕書。《註》言中以別外。『班固・兩都賦』校理祕文。
官名。『唐書・百官志』祕書省監一人、又祕書郞三人。
姓。『西秦錄』有僕射祕宜。
『字彙補』𤰞吉切、音必。『郤正釋譏』無遠不至、無幽不悉。挺身取命、幹兹奧祕。
『正字通』从示从必。俗从禾作、譌。
ひそか。ひめる。かくす。
解字(白川)
必は戈矛や鉞の柲部の形。その刃光の放射する形は尗。必は聖器として呪儀に用ゐ、これを廟中に置いて、火で清める呪儀は密。あはせて祕密といふ。宓もその呪儀をいふ。尗を廟中に置く字は𡧯で、寂の初文。みな神祕の呪儀をいふ。
解字(藤堂)
必は戈を兩側から締めるさまを象り、兩側から添へ木を當てて締め附ける柲のこと。祕は示と必の會意、必は亦た音符。入口を締め附けて内容が分からないやうにした神祕なこと。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》秘
《人名用許容字體》祕

説文解字
戒、潔也。从省聲。
𥜷 籒文齋从𥜹省。 𥜹音禱。
康煕字典
齊部三劃
『廣韻』側皆切『集韻』『韻會』『正韻』莊皆切、𠀤債平聲。『正韻』潔也、莊也、恭也。『廣雅』齋、敬也。『禮・祭統』齋之爲言齊也。『易・繫辭』聖人以此齋戒。《註》洗心曰齋。
『後漢・輿服志』有齋冠曰長冠。
燕居之室曰齋。
『集韻』『正韻』𠀤津私切、音貲。『孟子』齋疏之服。『趙岐註』卽齋縗也。音資。
『易・履卦』得其資斧。『子夏傳』作齊斧。虞喜志林云、當作齋。齋戒入廟而受斧也。
叶眞而切、音支。『後漢・周澤傳』生世不諧、作太常妻、一年三百六十日、三百五十九日齋。
○按『說文』示齊爲齋。示、明也、祗也。齊者、萬物之潔齊也。洪武『正韻』云、古單作齊、後人于其下加立心、以別之耳。
ものいみ。つつしむ。とき。いつき。
解字(白川)
の省文との會意。齊は、神事に奉仕する婦人が、髮に簪飾を加へる形。簪を斜めにして刺す形は。示は祭卓。祭卓の前で神事に奉仕することを齋といひ、また䶒といふ。字の原義は齋女。
解字(藤堂)
の略體の會意、齊は亦た音符。齊はきちんと揃へるの意。祭のために心身を整へること。
解字(漢字多功能字庫)
金文は、の省文に從ふ形ではなく、齊の初文に從ふ形であると按ずる。古代、齋を齊につくるのは、同音を借りるのみ。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》斎

説文解字
潔祀也。一曰精意以享爲禋。从垔聲。
𡫻 籒文从宀。
康煕字典
示部九劃
《古文》𥛡𠖦
『唐韻』於眞切『集韻』伊眞切、𠀤音因。『說文』潔祀也。一曰精意以享爲禋。『書・舜典』禋于六宗。『周禮・春官・大宗伯』以禋祀、祀昊天上帝。《註》禋之言煙、周人尚臭、煙氣之臭聞者。
『集韻』『韻會』𠀤因蓮切、音燕。『詩・周頌』肇禋、徐邈讀若煙。○按、禋、又作。見魏受禪表。
イン
つつしむ。まつり。まつる。

煙を焚く祭儀の名。

説文解字
祭祀也。从示、以手持肉。
康煕字典
示部六劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤子例切、音霽。『說文』祭祀也。从示、右手持肉。
『尚書・大傳』祭之言察也。察者、至也、言人事至於神也。
『孝經・士章疏』祭者、際也、人神相接、故曰際也。詳見『禮・記祭法祭統祭義』諸篇。
『廣韻』『集韻』側界切『韻會』『正韻』側賣切、𠀤音債。周大夫邑名。
姓、周公子祭伯、其後爲氏。
當用漢字・常用漢字

肉とと示の會意。祭壇に肉を奉つてまつることを表す。

説文解字
祭無已也。从聲。
祀或从異。
康煕字典
示部三劃
《古文》𥛴
『唐韻』詳里切『集韻』『韻會』象齒切『正韻』詳子切、𠀤音似。祭也。『書・洪範』八政、三曰祀。『禮・祭法』聖王制祭祀、法施於民則祀之、以死勤事則祀之、以勞定國則祀之、能禦大葘則祀之、能捍大患則祀之。又『月令』春祀戸、夏祀竈、秋祀門、冬祀行、中央土、祀中霤。又『祭法』王爲羣姓立七祀、諸侯爲國立五祀、大夫立三祀、適士二祀、庶士庶人一祀。
年也。『書・伊訓』惟元祀。《傳》取四時祭祀一訖也。『釋名』殷曰祀。祀、巳也。新氣升、故氣巳也。
『孝經・士章疏』祀者、似也。似將見先人也。
叶夷益切、音亦。『詩・小雅』以爲酒食、以享以祀。叶上翼下福、福音壁。
叶養里切、音以。『詩・大雅』克禋克祀、以弗無子。『司馬相如・封禪頌』孟冬十月、君徂郊祀、馳我君輿、帝用享祉。
叶詳兹切、音祠。『參同契』絫土立壇宇、朝暮敬祭祀。鬼物見形象、夢寐感慨之。
『集韻』或作𥘰
まつり。まつる。とし。
解字(白川)
聲。巳は蛇の形。自然神をまつることを祀といふ。
禩はに從ふ。異は鬼の正面形で、その尸坐する形。百物の怪異を祀る意。
解字(藤堂)
と巳の會意、巳は亦た音符。巳はもと(道具で仕事をする)で、(子供)ではない。祭禮を執り行ふの意。
解字(漢字多功能字庫)
に從ひ聲。古くと巳は一字で、已は停止を表す。祀は、祭祀の永續、香火を斷たぬ意であらう。

説文解字
燒祡燓燎、以祭天神。从此聲。『虞書』曰、至于岱宗、祡。
𥚨 古文祡。从隋省。
康煕字典
示部五劃
《古文》𥚨
『廣韻』士佳切『集韻』『韻會』鉏佳切『正韻』牀皆切、𠀤音柴。『說文』燒柴燓燎、以祭天神。『揚雄・甘泉賦』欽祡宗祈。
。『書・舜典』至于岱宗柴。『說文』引書作祡。『正字通』按祡本作柴、後人因祭天、改从示。別詳木部柴字註。
サイ
ひまつり

説文解字
以事類、祭天神。从類聲。
康煕字典
示部十九劃
『唐韻』『韻會』『正韻』𠀤力遂切、音類。『說文』以事類祭天神。『爾雅』作禷、經傳多作。『書・舜典』肆類于上帝。
師祭。『禮・王制』天子將出征、類乎上帝。『詩・大雅』是類是禡。《傳》於內曰類、於野曰禡。○按『周禮・小宗伯』凡天地之大烖、類社稷宗廟、則爲位。『鄭註』禱祈禮輕、類者依其正禮而爲之。則知凡言類者、皆謂依事類而爲之、如郊祀爲祭天之常祭、今非常祭、而亦依郊祀爲之、則曰類、非有專稱、故許愼釋之以事類祭天神也。本作𥜛
ルイ
まつり
解字(白川)
聲符は類。類は、天、上帝、社を祭る祭名で、禷の初文。類を種類の意に用ゐるので、のち禷字がつくられた。

説文解字
祔、祪、祖也。从危聲。
康煕字典
示部六劃
『唐韻』過委切『集韻』『韻會』『正韻』古委切、𠀤音詭。『爾雅・釋詁』祪、祖也。《疏》毀廟之主曰祪。
『集韻』虎委切、音䃣。通作。又歸謂切、音貴。義𠀤同。

説文解字
後死者、合食於先祖。从付聲。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤符遇切、音附。祭名。『說文』後死者合食於先祖。『禮・檀弓』以吉祭易喪祭、明日祔於祖父。
合葬亦曰祔。『禮・檀弓』周公蓋祔。《註》謂合葬自周公以來始。又孔子曰、衞人之祔也離之、魯人之祔也合之、善夫。
或省作。『周禮・春官』大祝付練祥。《註》付當爲祔、祭先王以祔後死者。
まつる。はうむる。

死者を先祖と合祀、合葬するの意。

説文解字
始廟也。从且聲。
康煕字典
示部五劃
《古文》𥘲
『唐韻』則古切『集韻』『韻會』總古切『正韻』總五切、𠀤音組。『玉篇』父之父也。又先祖、始祖、通謂之祖。『詩・小雅』似續妣祖。『禮・喪服小記』別子爲祖。
『說文』始廟也。『周禮・冬官考工記・匠人』左祖右社。
『廣韻』始也、上也、本也。『禮・中庸』祖述堯舜。『仲尼燕居』如此則無以祖洽於衆。『前漢・食貨志』舜命后稷、以黎民祖饑。『孟康註』謂黎民始饑也。
法也。『禮・鄕飮酒義』亨狗於東方、祖陽氣之發於東方也。
習也。『魯語』祖識地德。
祭道神曰祖。共工之子曰修、好遠遊、舟車所至、靡不窮覽、故祀以爲祖神。祖者、徂也。『詩・大雅』仲山甫出祖。《註》祖、將行犯軷之祭也。『左傳・昭七年』公將往、夢襄公祖。
姓。祖已之後、出范陽。
『集韻』咨邪切、音𦊨。『前漢・地理志』安定郡有祖厲縣。
神名。『山海經』祖狀之尸。《註》音如柤棃之柤。
叶阻渚切、音樹。『張衡・東京賦』敺以就役、惟力是視。百姓弗能忍、是用息肩於大漢、而欣戴高祖。
解字(白川)
聲符は且。卜文、金文に祖の意味で且を用ゐる。且は俎の初形で、俎板。且に物を載せ薦めて祀る意であらう。
解字(藤堂)
物を重ねたさまを象る且と示の會意。且は亦た音符。累代の先祖のこと。
解字(落合)
甲骨文では且を祭祀對象の先祖の象徴として用ゐる。後に且を重複を表す助辭に用ゐるため、古文、籀文で、繁文の祖がつくられた。且は俎板の象、俎の初文。
解字(漢字多功能字庫)
本義は俎上に肉を置いて祭るの意か。假借して祖先を表す。
當用漢字・常用漢字《漢字表字體》祖(U+7956; JIS:1-33-36祖) 《人名用許容字體》祖(U+FA50; JIS:1-89-25)

説文解字
𥛱 門内祭、先祖所以徬徨。从彭聲。『詩』曰、祝祭于𥛱。
𥛱或从方。
康煕字典
示部四劃
『集韻』『韻會』晡橫切『正韻』補耕切、𠀤音閍。『說文』作𥛱。从示、彭聲。或从方、門內祭先祖、所以彷徨也。『詩・小雅』祝祭于祊。《傳》祊、門內也。孝子不知神之所在、使祝博求之門內之旁、待賓客處也。『禮・禮器』設祭於堂、爲祊乎外。《註》祊、明日繹祭也。謂之祊者、於廟門之旁、因名焉。《疏》祊有二義、一正祭時、祭神於廟、復求神於廟門內。一明日繹祭時、設饌於廟門外西室。
邑名。『春秋・隱八年』鄭伯使宛來歸祊。《註》祊、鄭祀泰山之邑、在琅邪費縣東南。
。『公羊傳・隱八年』作來歸邴。《註》彼命反、又音丙。
叶補光切、音邦。『詩・小雅』祝祭于祊、與下祀事孔明叶。明音芒。
『正字通』周禮大司馬、中秋敎治兵、羅弊致禽以祀祊。鄭註、祊、當爲方、主祭四方、報成萬物。引『詩』、以社以方。據此是『周禮』方譌作祊、非方祊同也。『字彙』祊音方、合方、祊爲一字、誤。
ハウ

祭名。

説文解字
告祭也。从聲。
康煕字典
示部七劃
『唐韻』『集韻』𠀤苦浩切、音考。禱也、告祭也。或从高。
『集韻』居號切、音告。義同。

説文解字
宗廟主也。『周禮』有郊、宗、石室。一曰大夫以石爲主。从从石、石亦聲。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』『正韻』常隻切『韻會』常亦切、𠀤音石。宗廟中藏主石室也。『左傳・莊十四年』命我先人、典司宗祏。《疏》慮有非常火災、於廟之北壁內爲石室、以藏木主、有事則出而祭之、旣祭納於石室。祏字从示、神之也。『說文』周禮有郊宗石室。一曰大夫以石爲主。
セキ

神主(靈牌)を收めた石匣或は石室を指す。

説文解字
以豚祠司命。从比聲。漢律曰、祠䃾司命。
康煕字典
示部四劃
『唐韻』𤰞履切『集韻』『韻會』補履切『正韻』補委切、𠀤音𠤎。『說文』以豚祠司命。漢津曰、祠䃾司命。 音𠤎は音匕の誤りか。
『集韻』毗至切、音庳。又必至切、音庇。義𠀤同。

説文解字
春祭曰祠。品物少、多文詞也。从聲。仲春之月、祠不用犧牲、用圭璧及皮幣。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』似兹切『集韻』『韻會』『正韻』詳兹切、𠀤音詞。祭也。『詩・小雅』禴祠烝嘗。『公羊傳・桓八年』春曰祠。《註》祠、猶食也、猶繼嗣也。春物始生、孝子思親、繼嗣而食之、故曰祠、因以別死生。
報賽也。『周禮・春官』小宗伯禱祠於上下神示。《註》求福曰禱、得求曰祠。
神祠。『史記・封禪書』立畤郊上帝、諸神祠皆聚云。
廟也。『朱子・家禮』君子將營宮室、先立祠堂於正寢之東。『司馬光・文潞公家廟𥓓』先王之制、天子至官師皆有廟。秦尊君𤰞臣、無敢營宗廟者。漢世多建祠堂於墓所。
生祠。『史記・萬石君傳』慶爲齊相、大治、爲立石相祠。
祠官。『朱子・語錄』王介甫更新法、慮天下議論不合、於是甁爲宮觀祠祿、以待異議之人。
叶祥吏切、音劑。『張衡・東京賦』春秋改節、四時迭代。蒸蒸之心、感物增思。躬追養於廟祧、奉烝嘗與禴祠。代叶地、思叶四。
まつり。まつる。ほこら。
解字(白川)
聲符は。司は祝詞を啓いて神意を伺ふことを示す字。祝詞を奏して祀ることを祠といふ。字はまたにつくる。
解字(藤堂)
の會意、司は亦た音符。司は人と口の會意、人體の下方にある狹い尿道の穴。狹い穴からのぞくことを伺、𥄶といふ。祠は、祭壇をつくつて神の樣子をうかがふこと。

礿

説文解字
夏祭也。从勺聲。
康煕字典
示部三劃
『唐韻』以灼切『集韻』『正韻』弋灼切『韻會』弋約切、𠀤音藥。亦作。祭名。『禮・王制』天子四時之祭、春曰礿、夏曰禘、秋曰嘗、冬曰烝。《疏》礿、薄也、春物未成、祭品鮮薄。○按礿禘嘗烝爲四時之祭、乃三代通禮。鄭康成泥『天保』詩及『周官』有禴、祠、烝、嘗語、遂指此爲夏殷之禮。周則春曰祠、夏曰禴、不知『天保』詩作於武王時、而禴、祠、烝、嘗實諸侯之禮。武王末受命、典禮未定、故止春禴、夏禘、秋嘗、冬烝、未遑追王上祀、至周公相成王而後定、不必執彼疑此也。若『周官』所言、先儒多謂爲周公未成之書、更不必泥耳。餘詳字註。
『集韻』弋笑切、音耀。義同。
ヤク

祭名。

説文解字
諦祭也。从聲。『周禮』曰、五歲一禘。
康煕字典
示部九劃
『唐韻』特計切『集韻』『韻會』『正韻』大計切、𠀤音第。王者大祭名。『禮・大傳』禮、不王不禘、王者禘其祖之所自出、以其祖配之。○按、禘祫之說、千古聚訟。鄭康成據『禮緯』三年一祫、五年一禘、謂祫大禘小。王肅張融孔晁輩、謂祫小禘大、確分禘祫爲兩祭。通考『禮』經、禘祫實一事、而禘卽時祭中之一也、夫祫从示从合、是凡合祭皆爲祫。禘从示从帝、蓋帝祭之稱、其制始帝舜、夏、商、周、因之、其義取審諦昭穆、上追祖所自出、下及毀廟未毀廟之主、天子四時之祭、春礿、夏禘、秋嘗、冬烝、『祭統』『王制』每𠀤舉之、而要莫大於禘、故『春秋』獨書大事、『公羊』亦以禘之祫爲特大而著之曰大祫也。先儒以『春秋』『公羊』於此俱不言禘、遂謂別有祫祭、獨杜預以『左傳』無祫祭之文、因以禘釋大事。孔穎達疏曰、祫卽禘也、取其序昭穆、謂之禘、取其合羣祖、謂之祫、誠不易之解矣。趙匡又泥以祖配之之文、謂不及羣祖、夫始祖下皆曰祖、以祖配之、獨不包諸祖乎。且『爾雅』釋祭云禘、大祭也。若止禘祖所自出、非大合昭穆、得爲大祭乎。元儒黃楚望曰、始祖率有廟無廟之主、以共享於所自出、所以使子孫皆得見其祖、又以世次久遠、見始祖之功德爲尤盛也、斯深得制禘之旨矣。
テイ

祭名。上帝、先王を祀る大祭。或は夏の時祭。

説文解字
大合祭先祖親疏遠近也。从。『周禮』曰、三歲一祫。
康煕字典
示部六劃
『唐韻』侯夾切『集韻』『韻會』轄夾切『正韻』胡夾切、𠀤音洽。『說文』大合祭先祖親疏遠近也。『公羊傳・文二年』大事者何、大祫也。大祫者何、合祭也。毀廟之主、𨻰於太祖、未毀廟之主、皆升合食於太祖。『禮・王制』天子犆礿、祫禘、祫嘗、祫烝。○按凡合祭曰祫、禘嘗烝皆合祭、故皆言祫。據此則知天子別無祫祭。凡諸經傳所言祫皆指禘、嘗、烝之祭也。但烝、嘗二祭、止太祖及羣廟、而禘則上追太祖所自出、下及毀廟之主、其祫較烝、嘗爲大、故『春秋』於文二年八月之禘、書爲大事、而『公羊』釋之爲大祫也。互詳字註。
カフ

説文解字
灌祭也。从果聲。
康煕字典
示部八劃
《古文》𥚌
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤古玩切、音貫。祭酌鬯以灌地。『詩・大雅』祼將于京。『周禮・春官・大宗伯』以肆獻祼享先王。《註》祼之言灌、灌以鬱鬯、謂始獻尸求神時也。『書・洛誥』王入大室祼。《疏》以圭瓚酌鬱鬯之酒以獻尸、尸受祭而灌於地、因奠不飮謂之祼。
『周禮・春官・典瑞』祼圭有瓚、以肆先王、以祼賓客。《疏》祼皆據祭而言、至於生人飮酒、亦曰祼、故禮記投壷云、奉觴賜灌、是生人飮酒爵行亦曰祼也。○按此則祼與灌通。
クヮン

酒を灌ぐ祭儀。

説文解字
數祭也。从毳聲。讀若舂麥爲䄟之䄟。
康煕字典
示部十二劃
『五音集韻』充稅切、音㯔。『博雅』謝也。
『說文』數祭也。讀若舂麥爲䄟之䄟。『徐鉉曰』舂麥爲䄟、今無此語。
『集韻』千短切、音㦌。義同。

説文解字
祭主贊詞者。从从人口。一曰从兌省。『易』曰、兌爲口爲巫。
康煕字典
示部五劃
〔古文〕𥘱『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤之六切、音粥。贊主人饗神者。『說文』祝、祭主贊詞者、从人口、从示。一曰从兌省。易曰、兌爲口、爲巫。『徐曰』按易、兌、悅也、巫所以悅神也。『詩・小雅』工祝致告。『周禮・春官』大祝掌六視之辭。
屬也。『詩・鄘風』素絲祝之。《箋》祝、當作屬。屬、著也。『毛傳』訓織也。
祝融、神名。『虞翻曰』祝、大。融、明也。『韋昭曰』祝、始也。
斷也。『公羊傳・哀十四年』子路死、子曰噫、天祝予。『穀梁傳・哀十三年』祝髮文身。
丁寧也、請求之辭。
國名。『禮・樂記』封帝堯之後於祝。
姓。『左傳』鄭大夫祝𥅆、後漢司徒祝恬。
『集韻』『類篇』𠀤職救切、音晝。『詩・大雅』侯作侯祝。《傳》祝、詛也。《疏》祝。無用牲之文、口告而祝詛之也。『書・無逸』否則厥口詛祝。《疏》以言告神謂之祝、請神加殃謂之詛。
陟慮切、音註。『周禮・天官』瘍醫掌祝藥。《註》祝、讀如注病之注、謂附著藥也。
『集韻』或作。亦作
シュク。シウ。
はふり。いはふ。のりと。
解字(白川)
と兄の會意。示は祭卓。兄は祝禱の器を戴く人の形で、巫祝。女巫を巫、男巫を祝といひ、また覡といふ。
解字(藤堂)
祭壇を表すと、人のひざまづいたさまの兄の會意。祭壇で祝詞を上げる神職を表す。
解字(落合)
甲骨文はと卩の會意。示を加へる字形もある。卩は人が跪坐する形。
人が跪いて祈りを唱へる姿といふ説と、白川説(祭器を奉じた人の形)と、いづれが正か判斷は困難。
西周金文で卩を儿に替へた字が出現し、後代の字はその形を承ける。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、と卩に從ふ。口を開けて跪坐する人の形。或は兩手を開いて伸ばす人の形である丮に從ふ。巫祝が神主の前で天を仰ぎ祈る意であらう。本義は祝禱、祝告、また、祭祀をつかさどる人。甲骨文には示に從はざる形もある。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》祝(U+795D; JIS:1-29-43)
《人名用許容字體》祝(U+FA51; JIS:1-89-27)

𥛅

説文解字
𥛽 祝𥛽也。从畱聲。
康煕字典
示部十劃
《古文》䄂
『唐韻』『集韻』𠀤力救切、音溜。『說文』祝𥛅也。
『集韻』𨻰留切、音儔。義同。

説文解字
除惡祭也。从犮聲。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤敷勿切、音拂。除災求福也。又潔也、除也。『周禮・春官』女巫掌歲時祓除釁浴。《註》祓除、如今三月上巳如水上之類。『左傳・襄二十五年』祝祓社。
『司馬相如・封禪書』祓飾厥文。『師古註』祓飾者、除去舊事、更飾新文。
『五音集韻』方肺切、音廢。義同。
縣名。在琅邪郡。
通作。『爾雅・釋詁』祓、福也。《註》詩、祓祿爾康矣。今詩本作茀。
通作。『詩・大雅』以弗無子。《註》弗之言祓也。祓除其無子之疾。
フツ
はらふ
解字(白川)
聲符は犮。犮は犬を犧牲として殺す形。犬牲によつて祓ふことをいふ。
解字(藤堂)
示と犮の會意。犮は亦た音符。犮は、はらふ、はらひのける、の意。

説文解字
求福也。从斤聲。
康煕字典
示部四劃
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤渠希切、音旂。『說文』求福也。『書・召誥』祈天永命。『詩・小雅』以祈甘雨。
『爾雅・釋言』叫也。『周禮・春官』大祝掌六祈、以同鬼神示。《註》祈、𡂢也、謂有災變、號呼告於神、以求福。𡂢、音叫。
報也、告也。『詩・大雅』以祈黃耉。《疏》報養黃耉之老人、酌大斗而嘗之、以告黃耉將養之也。
。『荀子・儒效篇』跨天下而無蘄。
。『書・酒誥』圻父薄違。『詩・小雅』作祈父。『毛萇曰』祈折畿𠀤同。
。『書・君牙』冬祁寒。『禮・緇衣』作祈寒。
『集韻』古委切、音詭。同、祭山名。『周禮・冬官考工記・玉人註』其祈沈以馬。
康煕字典・𣄨
方部十八劃
『正字通』同祈。晉姜鼎銘、取乃吉金、作寶尊鼎、用𣄨綰綽眉壽、保其子孫。『鍾鼎款識』𣄨、音義同祈。
解字(白川)
聲符は斤。斤に圻、沂の聲がある。説文解字に祈福を求むるなり惡を除く祭なりとあり、祭にはこの二義があつた。
金文に字を𣄨につくり、後期の器銘には旂などの字を用ゐる。みな軍行に當たつて、あるいは遠行に際して、無事を祈願したものであらう。金文にまた匄、介、乞、害などの字を祈求の意に用ゐる。みな聲の近い字である。
解字(藤堂)
會意。斤は亦た音符。斤は物に斧の刃を近づけたさまの象。すれすれに近附くの意を含む。近の原字。祈は、目指すところに近附かうとして神にいのること。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は、と斤に從ひ、或は㫃に從ふ。構形初義不明。單は戰爭や狩獵の道具。㫃は旗の初文。孫海波は「蓋し戰時に軍旗の下で禱ることか」と臆測する。甲骨文では地名に用ゐる。
金文では𣄨字を用ゐる。𣄨は旂の異體。㫃と單と斤に從ひ、祈求を表す。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》祈(U+7948; JIS:1-21-07)
《人名用許容字體》祈(U+FA4E; JIS:1-89-23)

説文解字
告事求福也。从壽聲。
𥛇 禱或省。
𥜹 籒文禱。
康煕字典
示部十四劃
《古文》𥛈𥛇
『唐韻』『正韻』都皓切『集韻』『韻會』覩老切、𠀤音倒。『說文』告事求福也。『周禮・春官』大祝作六辭、以通上下親疏遠近、五曰禱。《註》如趙文子成室、張老曰、歌於斯、哭於斯、聚國族於斯、君子謂之善頌善禱。
『廣韻』『正韻』都導切『集韻』『韻會』刀號切、𠀤音到。義同。
叶丁口切、音斗。『詩・小雅』吉日維戊、旣伯旣禱。叶下阜醜、戊讀牡。又『易林』白茅醴酒、神巫拜禱。
タウ
いのる
解字(白川)
聲符は壽。壽に檮、濤の聲がある。壽の初形は田疇の形。その田疇の間に、祝禱の器を表す口をしるす形のものが卜文にあり、もと農穀の豐穰を祈る意であつたと思はれる。、求、禱は、古韻の合する字であるが、田疇の祝告をいふ字とすべきである。のろふ。禱の對待の義をなす字である。
解字(藤堂)
原字は長い線に口二つの會意字(𠃬)で、長々と告げること。禱は示と𠃬の會意、𠃬は亦た音符。長々と神に訴へて祈ること。
解字(漢字多功能字庫)
に從ひ壽聲。本義は神に向かつて祝告し福壽を祈求すること。『論語・述而』子疾病、子路請禱。
祝頌(祝福)を表す。『周禮・春官・大祝』作六辭以通上下、親疏、遠近、一曰辭、二曰命、三曰誥、四曰會、五曰禱、六曰誄。鄭玄注禱、賀慶言福祚之辭。
また請求、期望(期待する、望みをかける、期待、望み)を表す。唐・韓愈『薦士』上言愧無路、日夜惟心禱。
人名用漢字《漢字表字體》祷禱

説文解字
設緜蕝爲營、以禳風雨、雪霜、水旱、癘疫於日月星辰山川也。从、榮省聲。一曰禜、衞、使灾不生。『禮記』曰、雩、禜。祭水旱。
康煕字典
示部十劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤爲命切、音詠。祭名。『左傳・昭元年』山川之神、則水旱疫癘之災、於是乎禜之。日月星辰之神、則雪霜風雨之不時、於是乎禜之。『周禮・春官』大祝掌六祈、以同鬼神示、四曰禜。『說文』設緜蕝爲營以禳之。『禮疏』禜、壇域也。爲營域而祭之、是除去凶災之祭也。
『廣韻』永兵切、音榮。又『集韻』維傾切、音營。義𠀤同。
エイ
まつり。まつる。

説文解字
磔禳祀、除癘殃也。古者燧人禜子所造。从襄聲。
康煕字典
示部十七劃
『廣韻』『集韻』『韻會』如陽切『正韻』如羊切、𠀤音穰。『說文』磔攘、祀除癘殃也。『徐曰』禳之爲言攘也。『周禮・天官・女祝註』却變異曰禳。
ジャウ
はらふ
解字(白川)
聲符は襄。襄は死者の衣襟のうちに、呪具や祝禱の器を置き、邪靈が死者に憑くことを防ぎ禳ふことを示す字で、禳の初文と見て良い。
解字(藤堂)
示と攘の略體の會意、攘は亦た音符。攘は拂ひ除けるの意。

説文解字
會福祭也。从、會亦聲。『周禮』曰、禬之祝號。
康煕字典
示部十三劃
『唐韻』『正韻』𠀤古外切、音膾。除殃祭也。『周禮・天官』女祝掌以時招梗禬禳之事也。《註》除災害曰禬、禬猶刮去也。卻變異曰禳。禳、攘也。
『周禮・春官・大宗伯』以禬禮哀圍敗。《註》同盟者會合財貨、以更其所喪。
『說文』會福祭也。
『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤黃外切、音會。義𠀤同。
クヮイ
はらひ

説文解字
祭天也。从聲。
康煕字典
示部十二劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤時戰切、音繕。封禪。『韻會』築土曰封、除地曰禪。古者天子巡守、至於四岳、則封泰山而祭天、禪小山而祭山川。舜典、歲二月東巡守至于岱宗、柴望秩于山川是也。齊桓公欲封泰山、管仲設辭拒之、謂非有符瑞、不可封禪。至秦始皇惑於神仙之說、欲禱祠以求長生、遂以封禪爲異典。項氏曰、除地爲墠、後改曰禪、神之矣。
代也。禪讓、傳與也。『孟子』唐虞禪。
一作。『前漢・律歷志』堯嬗以天下。『師古往』嬗、古禪讓字也。
通作。『荀子・正論篇』堯舜擅遜。《註》與禪同。
。『揚子・法言』允哲堯儃舜之重。《註》同禪。
漢書禪多作。詳䄠字註。
『廣韻』市連切『集韻』『韻會』時連切、𠀤音蟬。靜也。浮圖家有禪說。『傳燈錄』禪有五、外道禪、凡夫禪、小乗禪、大乗禪、最上乗禪。『杜甫詩』虛空不離禪。
康煕字典・䄠
示部十三劃
『集韻』時戰切、音繕。祭天也。一曰讓也。『前漢・異姓諸侯王表』舜禹受䄠。『韻會』禪、漢書每作䄠、後世遂多通用、惟連言墠壇、則須分別耳。
まつる。ゆづる。しづか。
解字(白川)
聲符は。單に闡、蟬の聲がある。封禪のこと。禪とは、祭壇である墠を設けて天を祭る祭儀をいふ。禪讓のとき、その禮を行ふので、禪讓の意となる。
解字(藤堂)
の會意、單は亦た音符。單はたひら。平らな土の壇の上で天をまつる儀式。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》禅
《人名用許容字體》禪

佛敎の禪は、禪那(梵語: dhyāna、巴語: jhāna、静慮)の略。

説文解字
祀也。从御聲。
康煕字典
示部十一劃
『集韻』牛據切『韻會』『正韻』魚據切、𠀤音禦。扞也、拒也。『易・蒙卦』利禦𡨥。《註》爲之扞禦、則物咸附之。『左傳・隱九年』北戎侵鄭、鄭伯禦之。
止也。『易・繫辭』以言乎遠、則不禦。《疏》謂無所止息也。『左傳・昭十六年』孔張後至、立於客閒、執政禦之。《註》禦、止也。
『廣韻』魚巨切『集韻』偶舉切『韻會』魚許切『正韻』偶許切、𠀤音語。義同。
『說文』祀也。又古通御。『詩・邶風』亦以御冬。『毛傳』御、禦也。
。『史記・東越傳』禦兒侯。『正義』禦、今作語。
『韻會』禦亦作、守之也。
。『前漢・王莽傳』不畏强圉。又『莊子・繕性篇』其來不可圉。○按『說文』圄、守也。圉、令圉也。禦、祀也。今文圄爲囹圄字、圉爲牧圉字、禦爲守禦字、相承久矣、而禦祀義不復見。
ギョ
ふせぐ
解字(白川)
卜文、金文に、字を、御につくり、また禦につくるものもあり、みな同字。は杵形。これを拜して神を降ろし、むかへ、災禍をふせぐ儀禮を意味する。それで御は神事的な儀禮や神聖のことに關して用ゐる。故にまた神示の意でを加へるが、字義は守禦、防禦を主とする限定的な用法となつた。
解字(藤堂)
御はもと卩(ひと)と(きね)の會意字。固い穀物に逆らひ其れを搗き均すさま。のち彳と止を添へて御字となり、手強いものを制馭して押さへる動作を示す。禦は示と御の會意、御は亦た音符。手強いものの進入を抑へ止める祭禮を示す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、示と午と卩に從ふ。御は杵を持ち事を治むる人を象り、示を加へて祭祀に關はりあることを示す。

説文解字
𥙱 祀也。从𠯑聲。
康煕字典
示部六劃
『廣韻』『集韻』𠀤戸括切、音活。『說文』祀也。本作𥙱、从示𠯑聲。
『集韻』古活切、音括。義同。
『集韻』乎刮切、音秳。『廣雅』法也。
『廣韻』古䫄切、音刮。禳祭名。
『集韻』胡玩切、音換。報神祭也。

説文解字
祭也。从某聲。
康煕字典
示部九劃
『唐韻』莫桮切『集韻』『韻會』『正韻』謨杯切、𠀤音枚。天子求子祭名。『禮・月令』仲春之月、以太牢祠于高禖、天子親往、后妃率九嬪御、乃禮天子所御、帶以弓韣、授以弓矢、于高禖之前。『𨻰㵆曰』高禖、先禖之神。高、尊之之稱。變媒言禖、神之也。○按『禮・月令』鄭康成註、娀𥳑吞卵生契、後王以爲媒官、嘉祥而立祠、蓋以高辛爲禖神也。據孔疏云、『毛詩』傳、姜嫄從帝祠郊禖、又𥳑狄從帝祈郊禖、是先有禖神矣、此亦足證鄭說之鑿。
バイ

𥚩

説文解字
祭具也。从胥聲。
康煕字典
示部九劃
『唐韻』私呂切『集韻』『類篇』寫與切、𠀤音醑。『說文』祭具。

説文解字
社肉、盛以蜃、故謂之祳。天子所以親遺同姓。从聲。『春秋傳』曰、石尚來歸祳。
康煕字典
示部七劃
『唐韻』時忍切『集韻』是忍切『正韻』時軫切、𠀤辰上聲。同。祭社生肉也。『說文』社肉盛以蜃、故謂之祳、天子所以親遺同姓。春秋傳曰、石尚來歸祳。
シン
ひもろぎ

説文解字
宗廟奏祴樂。从戒聲。
康煕字典
示部七劃
『唐韻』古哀切『集韻』『韻會』『正韻』柯開切、𠀤音該。祴夏、古樂章名。『周禮・春官』鐘師以鐘鼓奏九夏、有祴夏。《註》祴讀爲陔鼓之陔。客醉而出、奏陔夏。又『笙師』舂牘應雅、以敎祴樂。《註》祴夏之樂有牘應雅三器、皆舂於地以作聲、客醉而出奏之、以爲行步之節、明不失禮也。
通作。『儀禮・鄕飮酒禮』賓出奏陔。《註》陔、陔夏也。陔之言戒也。
『集韻』訖黠切、音頡。義同。
『韻會』居膎切、音佳。塼道也。『周禮・冬官考工記・堂塗註』若今令甓祴。《疏》令音零。甓、薄歷反。今之塼也。祴則塼道者也。
カイ

説文解字
師行所止、恐有慢其神、下而祀之曰禡。从馬聲。『周禮』曰、禡於所征之地。
康煕字典
示部十劃
《古文》𢒴
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤莫駕切、音罵。師旅所止地、祭名。『詩・大雅』是類是禡。《傳》於內曰類、於野曰禡。『禮・王制』禡於所征之地。
『集韻』或作。『周禮・春官』肆師凡四時之大甸獵、祭表貉則爲位。《註》貉、師祭也。『釋文』莫駕反、鄭音陌。《疏》師祭者。爾雅云、是類是禡、故知貉爲師祭也。祭先世創首造軍法者也。
叶滿補切、音姥。『鼓吹曲』師執提、工執鼓、坐作從節、有序盛矣。允文允武、蒐田表禡。

行軍の地に於いて軍神をまつる祭。

説文解字
禱牲馬祭也。从周聲。『詩』曰、旣禡旣禂。
𩦑 或从馬、壽省聲。
康煕字典
示部八劃
『唐韻』都皓切『集韻』『韻會』覩老切、𠀤音倒。與通。『說文』禱牲馬祭也。『周禮・春官』甸祝禂牲禂馬、皆掌其祝號。《註》杜子春云、禂、禱也。爲馬禱無疾、爲田禱多獲禽牲。『詩・小雅』旣伯旣禱。《疏》伯、馬祖、天駟房星之神、爲田而禱馬祖、求馬强健。○按杜說『詩』疏禂牲禂馬、總是馬祭一事。鄭康成註『周禮』、不取杜說、謂禂讀如伏誅之誅、今侏大字也。爲牲祭求肥充、爲馬祭求肥健、據此則禂止釋肥大、不切禱意、而禂牲禂馬爲兩事矣、與杜說迥不同。『集韻』『韻會』主鄭說、音追輸切、而又止釋云爲牲祭求肥充、反脫却祭馬一事、不知何解。
『集韻』刀號切、音到。義同。或作䮻𩤫。
𩦑 馬部十二劃
『集韻』同䮻。『字彙補』譌作𩤫
䮻 馬部十四劃
『廣韻』都皓切『集韻』覩老切、𠀤音島。『說文』本作禂。《註》禱牲、馬祭也。
『集韻』刀號切、音到。義同。或作𩦑。
タウ
いのる

説文解字
地主也。从、土。『春秋傳』曰、共工之子句龍爲社神。『周禮』二十五家爲社、各樹其土所宜之木。
𥙭 古文社。
康煕字典
示部三劃
《古文》𥙲䄕𥙭
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤常者切、闍上聲。土地神主也。『禮・祭義』建國之神位、右社稷而左宗廟。『詩・小雅』以社以方。《疏》社、五土之神、能生萬物者、以古之有大功者配之。共工氏有子句龍爲后土、能平九州、故祀以爲社。后土、土官之名、故世人謂社爲后土。杜預曰:在家則主中霤、在野則爲社。『白虎通』人非土不立、封土立社、示有土也。『禮・祭法』王爲羣姓立社曰大社、王自爲立社曰王社、諸侯爲百姓立社曰國社、諸侯自爲立社曰侯社、大夫以下成羣立社曰置社。又『郊特牲』社祭土、而主隂氣也。天子大社、必受霜露風雨、以達天地之氣也。○按:社爲地祭、但祭有二祭法、大社卽『郊特牲』所云受霜露風雨、以達天地之氣者、曰方丘、亦曰太折。夏日至、地示之祭、於此行焉、此北郊之社與郊對舉者也。又王社、『載芟』詩序所謂春籍田而祈社稷、『良耜』詩序所謂秋報社稷者、於此行焉、祭土穀之神、而以句龍后稷配、此庫門內右之社、不與郊𠀤稱者也。蓋大社以祭率土之地示、王社以祭畿內之土穀、均名爲社、而大小則不同耳。
私社。『前漢・五行志』建昭五年、兗州刺吏浩賞、禁民私所自立社。『臣瓚註』舊制二十五家爲一社、而民或十家五家共爲田社、是私社也。
書社。『史記・孔子世家』楚昭王將以書社地封孔子。《註》二十五家爲里、里各立社。書社者、書其社之人名於籍。
社日。『月令廣義』立春後五戊爲春社、立秋後五戊爲秋社。
後世賓朋會聚曰結社。『事文類聚』遠公結白蓮社、以書招淵明。又謝靈運求入淨社、遠師以心雜止之。
江淮謂母爲社。『淮南子・說山訓』社何愛速死、吾必悲哭社。
複姓。『風俗通』齊昌徙居社南、因以爲氏。『何氏姓苑』有社北氏。
叶他魯切、音土。『前漢・敘傳』布歷燕齊、叔亦相魯。民思其故、或金或社。
解字(白川)
聲符は土。土は社の初文。卜文、金文の字形は土主の形。それに酒などを灌ぐ形につくるものがある。産土神をいふ。山川叢林の地はすべて神の住むところで、そこに社樹を植ゑて祀つた。各地に土主があり、その地で儀禮を行ふときは、先づその土主に酒などを灌いで祀る。これを興といふ。重要な祭祀の時には興舞したことが知られる。社の古い形態は、蒙古のオボ―に似てをり、社主の下部を盛土で堅めた。そこに野鼠が棲むので、君側の奸を社鼠といふ。水火を以て攻めがたいからである。
解字(藤堂)
土は地上に土を盛つた姿。また、その土地の代表的な木を、土地の形代として立てたさま。社は、示と土の會意、土は亦た音符。土地の生産力をまつる土地神の祭。地中に充實した物を外に吐き出す土の生産力を崇めること。
解字(漢字多功能字庫)
金文は示と木と土に從ひ、𥙭の形。地主神に對する祭祀の意か。本義は土地の神。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》社(U+793E; JIS:1-28-50)
《人名用許容字體》社(U+FA4C; JIS:1-89-19)

説文解字
道上祭。从昜聲。
康煕字典
示部九劃
『廣韻』與章切『集韻』『韻會』余章切『正韻』移章切、𠀤音陽。『說文』道上祭也。一曰道神。
『廣韻』式羊切『集韻』『韻會』『正韻』尸羊切、𠀤音商。逐强鬼也。『禮・郊特牲』鄕人禓。《註》禓强鬼、謂時儺索室、毆疫逐强鬼。『集韻』或作𥛙

説文解字
祲𥛆精氣感祥。从、㑴省聲。『春秋傳』曰、見赤黑之𥛆。
康煕字典
示部七劃
『廣韻』子心切『集韻』『韻會』咨林切、𠀤音駸。『說文』精氣感祥。又日旁氣。『左傳・昭十五年』吾見赤黑之祲。《註》祲、妖氛也。《疏》隂陽氣相侵、漸成祥者。『周禮・春官』眡祲掌十輝之法。一曰祲。《疏》祲、隂陽氣相侵。赤雲爲陽、黑雲爲隂。
盛也。『班固・東都賦』天官景從、祲威盛容。《註》祲、亦盛也。
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤子鴆切、音浸。又『集韻』七稔切、音寢。義𠀤同。
祲祥、地名。『春秋・昭十一年』盟于祲祥。『音義』七林反。
シム
わざわひ
解字(白川)
聲符は𠬶。𠬶は帚に酒などを注いで、その酒氣を以て祓ひ清める意。説文解字に吉凶の祥の現れることをいふとするが、邪氣をいふことが多い。
解字(藤堂)
示と𠬶の會意、𠬶は亦た音符。𠬶はじわじわと入り込むの意。

説文解字
害也、神不福也。从聲。
康煕字典
示部九劃
《古文》旤𥚍𣨷𥙯
『唐韻』『正韻』胡果切『集韻』戸果切『韻會』合果切、𠀤和上聲。『說文』害也、神不福也。『釋名』毀也、言毀滅也。『增韻』殃也、災也。『詩・小雅』二人從行、誰爲此禍。『禮・表記』君子愼以避禍。
。『前漢・五行志』六畜謂之旤、言其著也。
。『晉書・文帝紀』𥚽同發機。
叶後五切、戸上聲。『馮衍・顯志賦』昔三后之純粹兮、每季世而窮禍。弔夏桀於南巢兮、哭殷紂於牧野。野、音豎。
叶紙韻、虎委切。『荀子・成相篇』世之禍、惡賢士、子胥見殺百里徙。
叶支韻、許規切。『荀子・成相篇』論臣過、反其施、尊主安國尚賢義、距諫飾非、愚而上同、國必禍。義叶宜。
クヮ
わざわひ
解字(白川)
聲符は。咼は殘骨を用ゐて呪詛を行ふ意。それによつて齎されるものを禍といふ。
解字(藤堂)
は、關節骨が嵌り込む丸い穴。骨字の上部。は冎と口で、丸く凹んだ穴のこと。禍はと咼の會意、咼は亦た音符。神の祟りを受けて思ひ掛けぬ穴に嵌まること。
解字(漢字多功能字庫)
金文はに從ひ、聲。本義は災害、禍殃。
金文では本義に用ゐる。
戰國竹簡では過を假借して禍となす。
漢帛書でも本義に用ゐる。
異體字に、骨に從ふものがある。《上博竹書五.三德》簡14など。また、咼と旡に從ふもの(𣄸)がある。《馬王堆帛書・老子甲本》第72行、『玉篇』𣄸、神不福也。今作禍。など。
當用漢字・常用漢字
《漢字表字體》禍(U+798D; JIS:1-18-50)
《人名用許容字體》禍(U+FA52; JIS:1-89-31)

説文解字
神禍也。从
𥜱 籒文祟从𥜹省。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤雖遂切、音粹。『說文』神禍也。『徐曰』禍者、人之所召、神因而附之。祟者、神自出之以警人。『左傳・昭元年』實沈臺駘爲祟。又『哀六年』河爲祟。『前漢・江充傳』祟在巫蠱。『師古註』禍咎之徵、鬼神所以示人也。故从出从示。
『集韻』雪律切、音卹。義同。
スイ
たたり
解字(白川)
呪靈を持つ獸の象。卜文、金文の字形は毛深い獸の形。𠭥は祟を手に持つ形、即ち祟は手に持ち得るものである。祟を敺つて、その呪靈によつて人を呪詛することをといひ、殺、弑の從ふところが呪獸である祟の形。また㝮はころすの意。祟、𠭥、㝮、殺、弑は一系の字。籒文𥜱はに從ふ形につくり、眞は呪靈の盛んな顚死者を示す字。
解字(藤堂)
の會意、出は亦た音符。神の出だすたたりを表す。

説文解字
地反物爲䄏也。从芺聲。
康煕字典
示部四劃
『唐韻』『集韻』『韻會』於喬切『正韻』伊堯切、𠀤音幺。『說文』本作䄏。天反時爲災、地反物爲䄏。『前漢・天文志』迅雷風祅。『禮・樂志』姦僞不萌、祅孽伏息。
叶衣虛切、音於。『孔臧・鶚賦』觀之歡然、覽考經書。在德爲祥、棄常爲祅。
エウ
わざわひ

説文解字
明視以筭之。从二。『逸周書』曰、士分民之祘。均分以祘之也。讀若筭。
康煕字典
示部五劃
『唐韻』『集韻』𠀤蘇貫切、音算。『說文』明視以算之、从二示。逸周書曰、士分民之祘、均分以祘之也。讀若算。『正譌』从二示、會意。
サン
かぞへる
解字(白川)
二示の會意。示は算木を竝べた形で、數を示す。
解字(藤堂)
縱劃三、横劃二の組二を合はせて計十本の算木の象。算の古字。蒜にも含まれる。

算に同じ。或は算木のこと。

説文解字
吉凶之忌也。从聲。
康煕字典
示部八劃
『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤居䕃切、今去聲。制也、勝也、戒也、謹也、止也。『易・繫辭』禁民爲非曰義。
天子所居曰禁。『蔡邕曰』漢制、天子所居門閤有禁、非侍御之臣不得妄入、稱禁中。避元后父名、攺省中。
承酒尊之器。『禮・禮器』大夫士棜禁。《疏》承尊者皆用禁、名之禁者、因爲酒戒也。
樂名。『周禮・春官・鞮鞻氏掌四夷之樂註』東方曰韎、南方曰任、西方曰侏離、北方曰禁。亦作
『說文』吉凶之忌。
『小爾雅』禁、錄也。
姓。
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤居吟切、音金。力所勝也、當也、刧持也。『前漢・咸宣傳』猶弗能禁。
。紟、帶也。『荀子・非十二子篇』其纓禁緩。
キム
いむ。とどめる。いましめる。
解字(白川)
會意。は林叢。そこを神を祀る聖所とする。もと神の聖域をいひ、のち宮城の意となる。
解字(藤堂)
會意。神殿の周りに林を巡らし、其の中に勝手に出入りできないやうにすることを示す。
當用漢字・常用漢字

説文解字
除服祭也。从覃聲。
康煕字典
示部十二劃
『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤徒感切、覃上聲。除服祭名。『禮・閒傳』父母之喪期而小祥、又期而大祥、中月而禫。《疏》中、閒也、大祥後更閒一月爲禫、二十七月也。『釋名』禫孝子之意、澹然哀思益衰也。○按詳禫之說、鄭康成主異月、王肅主同月、今通考『禮』文『檀弓』云、孔子旣祥、五日彈琴而不成聲、十日而成笙歌、又魯人朝祥暮歌、孔子謂踰月則善、又祥而縞是月禫、徙月樂。『喪服四制』云祥之日鼓素琴。『三年問』云:三年之喪、二十五月而畢、則王肅之言爲可據。『士虞禮』『閒傳』皆言中月而禫、謂禫在祥月中也。卽令喪事先遠日、祥或在下旬、然祥後卽禫、亦不害爲中月。鄭氏特據『喪服小記』中一以上、『學記』中年考校兩文、釋中爲閒、遂定爲二十七月、實與經不合。然先儒司馬光朱元晦皆知王說爲是、而不敢昌言正之者、親喪寧厚、且相延已久、不容猝變也。
。『荀子・非十二子篇』种禫其辭。
タン

喪明けの祭の名。

新附

説文解字
親廟也。从聲。一本云古文𥜬也。
康煕字典
示部十四劃
『廣韻』奴禮切『集韻』『韻會』乃禮切『正韻』乃里切、𠀤音瀰。『說文』親廟也。『增韻』父廟曰禰。『公羊傳・隱元年秋七月註』生稱父、死稱考、入廟稱禰。《疏》禰字示旁爾、言雖可入廟是神示、猶自最近於已、故曰禰。
行主亦曰禰。『禮・文王世子』其在軍則守於公禰。《註》公禰、行主也、行以遷主言禰、在外親也。
地名。『詩・邶風』飮餞于禰。
姓。魏禰衡。○按公禰、註疏讀如字、不必依𨻰澔讀作祧、『字彙』乃據此入蕭韻、非也。
デイ。ネ。
みたまや
人名用漢字
《漢字表字體》祢禰

父の廟のこと。

説文解字
遷廟也。从聲。
康煕字典
示部六劃
《古文》𥜔
『廣韻』吐彫切『集韻』『韻會』『正韻』他彫切、𠀤音挑。『說文』遷廟也。『禮・祭法』遠廟爲祧、去祧爲壇。《註》祧之言超也、超上去意也。『周禮・春官』守祧、掌守先王先公之廟祧。《註》遷主所藏曰祧。『左傳・襄九年』以先君之祧處之。《註》諸侯以始祖之廟爲祧。
『集韻』通作
テウ

説文解字
胡神也。从聲。
康煕字典
示部四劃
『廣韻』呼烟切、音詽。『說文』關中謂天爲祆。
『集韻』他年切、音天。又『集韻』『韻會』𠀤馨烟切、音暄。『正韻』虛延切、音軒。義𠀤同。
官名。唐官品有祆正。
ケン

祆教とはゾロアスター教のこと。

説文解字
福也。从乍聲。
康煕字典
示部五劃
『廣韻』昨誤切『集韻』『韻會』存故切『正韻』靖故切、𠀤音胙。福也、祿也、位也。『詩・大雅』永錫祚胤。《註》祚、福祚。『左傳・宣三年』天祚明德。
歲也。『曹植・元會詩』初歲元祚。『晉書・王沉傳』彈琴詠典、以保年祚。
さいはひ。くらゐ。

補遺

康煕字典
口部五劃
『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤職救切、音䯾。『廣韻』呪詛也。『戰國策』許綰爲我呪。『後漢・王忳傳』忳呪曰:有何枉狀。『關尹子・七釜篇』有誦呪者。
『集韻』通作。『書・無逸』民否、則厥心違怨否、則厥口詛祝。『詩・大雅』侯作侯祝。『周禮・春官』有詛祝。
『集韻』或作、亦作
異體字
シュ。シウ。
(慣用音) ジュ
のろふ。まじなふ。
解字(白川)
もとにつくる。祝に祝頌と呪詛の兩義があり、後に呪詛の字に呪を用ゐる。
と兄の會意。兄は祝禱の器を奉じて祈る人。その呪祝することを呪といふ。
説文解字に見えず、後漢以後に呪を用ゐる例がある。
解字(藤堂)
と兄の會意。兄は大きい頭の人。もとと同じで、人が神前で祈りの文句を唱へること。後、祝は幸ひを祈る場合、呪は不幸を祈る場合に分用されるやうになつた。
常用漢字(平成22年追加)

字を呪の異體字に擧げる資料もあるが、字との關係からここに載せる。