説文解字私註 𩫖部

𩫖部

𩫖
《説文解字本文》𩫖𩫏度也、民所度居也。从回、象城𩫖之重、兩亭相對也。或但从囗。凡𩫖之屬皆从𩫖。
《康煕》『玉篇』今作郭。
《康煕》𩫏 『字彙補』郭本字。
《音》クワク
《訓》くるわ
郭の初文。
白川曰く、卜文、金文に、庸に用ゐることあり、金文の「僕𩫏」は附庸の意とみられ、後に其の意では墉を用ゐる。漢字多功能字庫によれば、甲骨文、金文では墉を𩫖につくる。
康煕高部
𩫠
《説文解字本文》缺也。古者城闕其南方謂之𩫠。从𩫖、缺省。讀若拔物爲決引也。
《康煕》『集韻』傾雪切、音闕。
《康煕》『集韻』一決切、音抉。
《康煕》𡥹 『集韻』『類篇』𠀤傾雪切、音蒛。 (子部)
《康煕》𡥹 『集韻』一決切、音抉。
康煕高部