説文解字私註 丄部

高也。此古文上、指事也。凡丄之屬皆从丄。
篆文丄。
諦也。王天下之號也。从丄朿聲。
𢂇 古文帝。古文諸丄字皆从一、篆文皆从𠄞。𠄞、古文上字。䇂示辰龍童音章皆从古文上。
溥也。从𠄞。闕。方聲。
𣃟 古文㫄。
𣃙 亦古文㫄。
𣃪 籒文。
底也。指事。
篆文丅。

丄部 舊版

を參照のこと。

説文解字
諦也。王天下之號也。从聲。 段注は𠄞。朿聲。とする。
𢂇 古文帝。古文諸丄字皆从一、篆文皆从𠄞。𠄞、古文上字。䇂示辰龍童音章皆从古文上。
康煕字典
巾部六劃
《古文》𢂇𠫦
『唐韻』都計切『集韻』『韻會』『正韻』丁計切、𠀤音諦。『說文』諦也。王天下之號也。『爾雅・釋詁』君也。『白虎通』德合天者稱帝。『書・堯典序』昔在帝堯、聰明文思、光宅天下。《疏》帝者、天之一名、所以名帝。帝者、諦也。言天蕩然無心、忘于物我、公平通遠、舉事審諦、故謂之帝也。五帝道同于此、亦能審諦、故取其名。『呂氏春秋』帝者、天下之所適。王者、天下之所往。『管子・兵法篇』察道者帝、通德者王。『史記・高帝紀』乃卽皇帝位汜水之南。《註》蔡邕曰、上古天子稱皇、其次稱帝。
諡法。『史記・正義』德象天地曰帝。
上帝、天也。『易・鼎卦』聖人亨、以享上帝。『書・舜典』肆類于上帝。
五帝、神名。『周禮・春官・小宗伯』兆五帝于四郊。『註』蒼帝曰靈威仰、赤帝曰赤熛怒、黃帝曰含樞紐、白帝曰白招拒、黑帝曰汁光紀。『家語』季康子問五帝之名。孔子曰、天有五行、金木水火土、分時化育以成萬物。其神謂之五帝。
星名。『史記・天官書』中宮天極星、其一明者、太乙常居也。《註》文耀鉤云、中宮大帝、其精北極星。春秋合誠圖云、紫微大帝室、太乙之精也。正義曰、太乙、天帝之別名也。『又』大角者、天王帝廷。《註》索隱曰、援神契云、大角爲坐候。宋均云、坐、帝坐也。『又』太微三光之廷、其內五星、五帝座。
地名。『左傳・僖三十一年』衞遷于帝丘。《註》帝丘、今東郡濮陽縣、故帝顓頊之墟、故曰帝丘。
解字(白川)
神を祀るときの祭卓の象。
解字(藤堂)
三本の垂れた線を一印でひとまとめに締めたさまの象。原義を締字に殘す。
解字(落合)
多くの脚がある祭祀机の形を象る。
甲骨文では單獨では原義での用例がなく、帝(神名)の象徵、または祭祀名(繁文は)として用ゐられてゐる。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文は柴薪を束に縛つた形を象る。の古字で、郊外で柴を燒いて祭ることを表し、本義は柴を燒く祭祀。後に借用して上帝、天帝、皇帝を表し、を加へて本義の禘祭を表す。
金文に上部に橫劃を飾筆として加へるものがあり、小篆の字形の元となつた。
甲骨文では祭名に用ゐる。《合集》14531帝(禘)于河は、河の神に對して禘祭を行ふことを表す。また天帝を表す。《合集》30388上帝
金文では天帝を表す。天亡簋上帝。中山王方壺以卿(饗)上帝。また君王を表す。商鞅量皇帝。また直系、嫡系を表す。四祀𠨘其卣文武帝乙、「帝乙」は直系の商王のこと。仲師父鼎皇且(祖)帝考考は先父、帝考は已に世を去つた嫡系の父親のこと。
戰國文字でも天帝を表す。《詛楚文・湫淵》皇天上帝。《清華簡・繫年》簡1昔周武王監觀商王之不恭上帝
當用漢字・常用漢字

説文解字
旁㫄 溥也。从二。闕。方聲。 段注は𠄞とする。
𣃟 古文㫄。
𣃙 亦古文㫄。
𣃪 籒文。
康煕字典
方部六劃
《古文》𣃟𣃙㝑
『廣韻』步光切『集韻』『韻會』蒲光切、𠀤音螃。㫄隷作旁。『博雅』旁、大也。廣也。『釋名』在邊曰旁。『玉篇』猶側也。非一方也。『易・乾卦』旁通情也。『書・太甲』旁求俊彥。『爾雅・釋宮』二達謂之岐旁。《註》岐旁、岐道旁出。
『集韻』晡橫切、音𦅈。騯騯、馬盛貌。或省作旁。『詩・鄭風』駟介旁旁。《疏》北山傳云、旁旁然不得已、則此言旁旁亦爲不得已之義。『朱傳』旁旁、馳驅不息之貌。音崩。叶補岡反。
『韻會』『正韻』𠀤蒲浪切、音傍。『前漢・霍光傳』使者旁午。《註》如淳曰、旁午、分布也。師古曰、一縱一模爲旁午。猶言交橫也。
『莊子・齊物論』旁日月。《註》依也。
『集韻』鋪郞切、音滂。旁礴、混同也。
『集韻』蒲庚切、音彭。旁勃、白蒿也。兔食之、壽八百歲。
バウ。ハウ。
あまねし。かたはら。かたよる。つくり。
解字(白川)
方聲。字は恐らく凡と方に從ひ、凡は風の從ふところで汎の意。
解字(藤堂)
二印と八印と方の會意で、方は亦た音符。方は左右に柄の張り出た耜の象で、兩脇に出る意を含む。中心から上下左右に分かれて張り出ることを示す。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、早期金文は、方と同に從ひ、方聲、同もまた聲符か。

説文解字
底也。指事。
篆文丅。
説文解字注
𠄟 底也。从反𠄞爲𠄟。
篆文下。
康煕字典
一部二劃
《古文》丅𠄟
『廣韻』胡雅切『集韻』『韻會』『正韻』亥雅切、𡘋遐上聲。在下之下、對上之稱。『易・乾・文言』本乎地者親下。
『說文』底也。『玉篇』後也。又賤也。
『儀禮・士相見禮』始見于君、執摯至下。『鄭註』下謂君所。『賈疏』不言所而言下者。凡臣視袷已下、故言下也。
『集韻』『韻會』𡘋亥駕切、遐去聲。『正韻』降也、自上而下也。『易・屯卦』以貴下賤。『詩序』君能下下。
『爾雅・釋詁』下、落也。『郉疏』下者、自上而落也。草曰零、木曰落。
去也。『周禮・夏官・司士』歲登、下其損益之數。
『韻補』叶後五切、音戶。『詩・召南』于以奠之、宗室牖下。與女叶。『吳棫曰』毛詩下字一十有七、陸德明皆此讀。『𨻰第・古音考』與吳同。
叶胡佐切、音賀。『曹丕・寡婦賦』風至兮淸厲、隂雲曀兮雨未下。伏枕兮忘寐、逮乎朝兮起坐。
當用漢字・常用漢字

古くは𠄟の形。長い横劃の下に短い横劃を描いて下方を指し示す。後に縱劃を加へる。