説文解字私註 申部

神也。七月、陰气成、體自申束。从臼、自持也。吏臣餔時聽事、申旦政也。凡申之屬皆从申。
𤰶 古文申。
𢑚 籒文申。
𣍃
擊小鼓、引樂聲也。从申柬聲。
束縛捽抴爲臾。从申从乙。
臾曳也。从申丿聲。

申部 舊版

を參照のこと。

説文解字
𣍃 擊小鼓、引樂聲也。从申柬聲。
康煕字典
曰部十劃
『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤羊進切、音引。『說文』擊小鼓、引樂聲。从申柬聲。『玉篇』小鼓在大鼓上、擊之以引樂也。『周禮・春官・大師』令奏鼓朄。〔註〕鄭司農、先擊小鼓、乃擊大鼓、小鼓爲大鼓先引、故曰朄。康成謂、鼓朄、猶言擊朄。又『春官・小師』小樂事鼓朄。〔註〕朄、小鼓名。
同。『詩・周頌』應田縣鼓。『箋』田、當作朄。朄、小鼓、在大鼓旁、應鞞之屬也。聲轉字誤、變而爲田。
○按『正字通』入九畫、非。今改正。
康煕字典・𣍃
曰部十劃
『集韻』同朄。

説文解字
束縛捽抴爲臾。从申从乙。
康煕字典
臼部二劃
『唐韻』『集韻』𠀤求位切、音匱。同蕢。『說文』草器也。古象形。引論語、荷臾而過孔氏之門。或作䕚。○按論語今作蕢。此の節は艸部蕢字の重文の解説と見るのが相當。
『廣韻』羊朱切『集韻』『韻會』容朱切『正韻』雲居切、𠀤音余。『儀禮・燕禮』寡君有不腆之酒、以請吾子之與寡君須臾焉。『中庸』道也者、不可須臾離也。
姓。『左傳・文六年』賈季奔狄、宣子使臾駢送其帑。
人名。『史記・封禪書』黃帝得寶鼎宛朐、問於鬼臾區。『淮南子・汜論訓』臾兒、易牙、湽澠之合者、嘗一哈水、而甘苦知矣。〔註〕臾兒、易牙、皆齊之知味者也。
國名。『左傳・僖二十一年』任宿、須句、顓臾、風姓也。〔註〕顓臾在泰山南、武陽縣東北。又『字彙補』鳧臾、東方國名。卽扶餘也。
『荀子・大略篇』語曰、流丸止于甌臾、流言止于智者。
『集韻』『韻會』𠀤勇主切、音庾。『周禮・冬官考工記・弓人』往體多、來體寡、謂之夾臾之屬。〔註〕夾臾之弓、合五成規。『疏』夾臾、反張多隨、曲執向外。『釋文』臾、音庾。
『正韻』尹竦切、音勇。縱臾、與慫慂通。詳心部慂字註。
『韻補』叶兪戍切、音裕。『漢・廣陵厲王歌』奉天期兮不得須臾、千里馬兮駐待隅路。
解字(白川)
人が腰に手を掛けてゐる形に象る。腴の初文。
解字(藤堂)
𦥑(兩手)と縱劃(引つ張る)と斜劃(横に引き拔く)の會意。
解字(漢字多功能字庫)
甲骨文、金文は、兩手(廾)と、其の間の人に從ひ、兩手で人の頭部や頭髮を引つ張るさまを象る。後に兩手が𦥑に變はつた。

臾曳とは、ひくこと。

須臾とは、しばらく、少しの間の意。

縦臾とは、すすめるの意、慫慂に同じ。

説文解字
曳𦥙臾曳也。从申丿聲。
康煕字典
曰部二劃
『唐韻』余制切『集韻』『韻會』以制切、𠀤音跇。『說文』臾曳也。『易・睽卦』見輿曳、其牛掣。『詩・唐風』子有衣裳、弗曳弗婁。『儀禮・士相見禮』執玉者則唯舒武、舉前曳踵。
河名。『類篇』西戎有河名曳咥。
『說文』作𦥙。曳字从臼作。
エイ
ひく。ひきずる。
解字(白川)
𦥑と人の會意。兩手で人をひき動かす形。卜文の牽は索で牛をひく形。人には兩手を加へて曳といふ。
解字(藤堂)
長く伸ばすことを表す申と、引つ張ることを表す/印の會意。長いものをずるずると引き摺ること。
人名用漢字