口部 - 漢字私註部別一覽

分枝

概説

口の形に象り、口を表す。

また、器物などを口の形で表す。

一覽

曰枝

曰は口の上に短い橫劃を置く形。

また、もと口やに從ふ字を、いま曰に從ふ形に作ることがある。

甘枝

口中に物を含む形。

可枝

可は口に從ふ字であるが、字形の解釋については諸説紛々とする。

古枝

盾の形と口に從ふ。

号枝

司枝

召枝

元はと口に從ふ字か。のち聲とされる。

舌枝

后枝

育と同源とする説、と同源とする説がある。

呈枝

口に從ひ𡈼聲とされる。

𠯑枝

知枝

智の古い形(𥎿)はと口に從ふが、矢はの譌變あるいは聲符への置換、于はの譌變といふ。知は智から分化した字。

咢枝

咢は二口に從ひ屰聲。噩はその古い形とされる。

品枝

三口に從ひ、器物を竝べたさまを表す。

齒枝

口中に齒のある形に象り、聲。