號 - 漢字私註

説文解字

号部号字條

号
痛聲也。从上。凡号之屬皆从号。胡到切。
号部

説文解字注

号
痛聲也。号、嗁也。凡嗁號字古作号。《口部》曰、、号也。今字則號行而号廢矣。从口在丂上。丂者气舒而礙。雖礙而必張口出其聲。故口在丂上。号咷之象也。胡到切。二部。按當讀平聲。凡号之屬皆从号。

号部號字條

號
呼也。从号从乎刀切。
号部

説文解字注

號
嘑也。嘑各本作呼。今正。呼、外息也。與嘑義別。《口部》曰、嘑、號也。此二字互訓之證也。『〔爾雅〕釋言』曰、號、謼也。『〔詩〕魏風〔碩鼠〕傳』曰、號、呼也。以『說文』律之。謼、呼、皆假借字。號嘑者、如今云高叫也。引伸爲名號、爲號令。从号从虎。嗁号聲高、故从号。虎哮聲厲、故从虎。号亦聲。乎刀切。亦去聲。二部。

康煕字典

部・劃數
虍部・七劃

『唐韻』『正韻』胡刀切『集韻』乎刀切、𠀤音豪。大呼也。『詩・大雅』式號式呼。『小雅』載號載呶。《傳》號呶、號呼讙呶也。

又哭也。『易・同人』先號咷而後笑。『周語』夫婦哀其夜號也。而取之以逃于褒。

又雞鳴也。『晉書・律歷志』雞始三號。

又『廣韻』胡到切、音号。名號也。『公羊疏』春秋貴賤不嫌同號。《註》通同號稱也。『白虎通』【春秋傳】曰、王者受命于王、必擇天下之美號、以爲號也。『周禮・春官・大祝』掌辨六號。《註》號謂尊其名、更爲美稱。又『夏官・大司馬』家以號名。《註》鄕遂之屬謂之名、家之屬謂之號。又『冢人』詔其號。《註》謂諡號。

又號令也。『易・渙卦』渙汗其大號。

又號召也。『齊語』使周游四方、以號召天下之賢土。

又叶胡溝切。『皮日休・悼賈文』臨汨羅之漾漾兮、想懷沙之幽憂。森樛羅以蓊鬰兮、時逬狖以相號。

『集韻』本作、又作唬。

毛氏曰、从口从丂、丂音考、俗从、非。又作、𠀤俗字。

部・劃數
口部・二劃

『廣韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤同。詳虍部號字註。

音訓・用義

⦅一⦆

反切
廣韻・下平聲・豪・豪』胡刀切
官話
háo
粤語
hou4
日本語音
ガウ(呉)
カウ(漢)
さけぶ: 怒號、呼號
なく: 號泣

⦅二⦆

反切
廣韻・去聲』胡到切
官話
hào
粤語
hou6
日本語音
ガウ(呉)
カウ(漢)
しるし: 記號、信號
な: 稱號、諡號、年號

解字

白川

『説文解字』に痛む聲なりとあつて、悲しみ叫ぶ聲とする。

号はと字形近く、ともに祝告を收めた器の形であるに對して、柯枝を加へてゐる形。呵は呵𠮟してその祝禱の成ることを求め、号は號呼して哀訴する意。

号はもと號とは別の字。いま號の略字として用ゐる。

形聲。聲符は号。その字形より見て、虎のうそぶきを本義とする字であらう。のち凡そ鳥獸の大聲で號呼することをいふ。

『説文解字』にぶなり(段注本)、嘑字條にぶなりとあつて互訓。号、に從ふ會意字とするが、号聲の字。《段注》に号の亦聲とするが、虖、哮などと同じく、その聲をとる字。

詩・魏風・碩鼠誰之永號(誰か之れ永號せん)『詩・小雅・賓之初筵載號載呶(すなはさけび載ちかしまし)のやうに、大聲で叫ぶことをいふ。

周禮・春官・大祝辨六號(六號を辨ず)とは、神示(神の名)牲幣の呼び方を定める意で、牛には「一元大武」(武はあし)註1、鷄を「翰音」(聲高く鳴く)註2といふ類。

註1
禮記・曲禮下凡祭宗廟之禮、牛曰一元大武。唐・孔穎達・正義元、頭也。武、跡也。牛若肥則腳大、腳大則跡痕大、故云一元大武也 。
註2
『禮記・曲禮下』雞曰翰音。

藤堂

号は、(屈曲して出るさま)の會意で、大きな口を開け、聲をかすらせて怒鳴る意を示す。

號は、(虎の吼えるやうな)と号の會意兼形聲。虎のやうな太い聲で叫ぶこと。

落合

號はの會意、号亦聲。「虎のやうに大聲で叫ぶこと」が原義。

号は號泣が原義。

漢字多功能字庫

號はに從ひ、亦聲。本義は虎の吼える聲。引伸して叫び聲の意。

號字は虎に從ひ、呼號(鳴き叫ぶ)の聲を表す。古くは至る所の山林で、虎が災ひであり、虎の吼える聲は人を脅かした。それで、號叫(叫喚)の聲は最も容易に人に虎の嘯きを聯想させる。故に、號字は虎を意符とし、もとは虎の咆哮を指した。

引伸して動物の鳴き聲を表す。

更に引伸して一切の生物、事物の叫び聲を表す。

號はまた名號、稱號、號令などの義を表す。『說文』號、呼也。(後略)段玉裁は「號、嘑也。と改め、注に呼、外息也、與嘑義別。と云ひ、又號嘑者、如今云高叫也、引伸為名號、為號令。と云ふ。

早期には單獨の號字は見えず。西周中期の老簋に、と號に從ふ字がある。老簋魚于大𪷢。陳劍は、「大𪷢」を釋して「大沼」と讀み、大きな沼澤のこととする。全句で大きな沼澤にゐる魚を捕らへることを表す。

戰國金文では名號を表す。商鞅量立號為皇帝。

屬性

U+865F
JIS: 1-73-43
U+53F7
JIS: 1-25-70
當用漢字・常用漢字

關聯字

号に從ふ字を漢字私註部別一覽・口部・号枝に蒐める。