𢆶 - 漢字私註

説文解字

𢆶
微也。从二。凡𢆶之屬皆从𢆶。
𢆶部

康煕字典

部・劃數
幺部三劃

『唐韻』『集韻』𠀤於虯切、音幽。『說文』𢆶微也。『廣韻』微小也。『元包經』俶幺𢆶、卒飄飍。《傳》俶幺𢆶、始於細微也。卒飄飍、終能强盛也。

又『集韻』古作𢆶。註詳玄部五畫。

音訓

(1) イウ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・幽・幽』於虯切〉
(2-1) ジ(呉) シ(漢)
(2-2) シ(漢、呉)
(1) ちひさい。かすか。
(2) この。

(2)の音義はに同じ。

解字

白川

の會意。

説文解字は幺字條に小なり。子の初めて生まるるの形に象る。とし、𢆶字條にかすかなり。二幺に從ふ。とするが、二幺を列しても微小の意とはならない。また幽字條に隱るるなりとし、山中にひそかに隱れる意で、𢆶の亦聲とする。𢆶を幽微の意とするが、𢆶は絲束を列べた形、幽はそれに火を加へて燻べ、幽黑の色を加へる形、その山は古い字形では火の形。

𢆶はの初文で、金文に「𢆶の人」「𢆶の彝」のやうに用ゐる。まれに「の五人」のやうにに作ることがある。幺は絲束、これに木を通して拗ることをといひ、その動作を拗といふ。

幽、拗と、𢆶、茲と、聲義に二系があるが、本來は幺は絲束の形。

藤堂

會意兼形聲。(細い生絲)を二つ竝べた形。幺は音符を兼ねる。

落合

の初文。

𢆶イウは字音の違ひが大きく、幽によつて𢆶の字音が變化した可能性もある。

漢字多功能字庫

甲骨文は二束の絲の形を象り、本義は絹絲。𢆶とはどちらも二束の絲の形を象る。しかし𢆶は上下兩端の緒の形がなく、兩字は甲骨文において用法に區別がある。金文の𢆶、絲は、初め用法が相混ざり、故に李孝定、張世超などは𢆶と絲は同字の異體であるとする。晩周あるいは春秋以後、初めて二字に分化した。

甲骨文、金文では借りて近くを指す代詞を表し、此と同義、典籍にに作る。師同鼎用鑄𢆶(茲)尊鼎

金文ではまた用ゐて絲となす。商卣𢆶(絲)廿寽

𢆶は漢字の重要な構成要素で、許多のとても抽象的な字の組成が𢆶に關はる。

屬性

𢆶
U+221B6

関聯字

𢆶に從ふ字