絲 - 漢字私註

説文解字

絲
蠶所吐也。从二。凡絲之屬皆从絲。
十三絲部

康煕字典

部・劃數
糸部六劃

『廣韻』息兹切『集韻』『韻會』新兹切、𠀤音思。『說文』蠶所吐也。『急就篇註』抽引精繭出緒曰絲。『書・禹貢』厥貢漆絲。『詩・召南』素絲五紽。『周禮・天官・大宰』𡣕婦化治絲枲。又『典絲』掌絲入而辨其物。『左傳・隱四年』猶治絲而棼之也。

又『周禮・春官・大師』皆播之以八音、金石土革絲木匏竹。《註》絲、琴瑟也。

又『禮・緇衣』王言如絲。《疏》微細如絲。

『五經文字』絲作𢇁、譌。『韻會』俗作[⿰糸系]、誤。○按『說文』絲自爲部、今倂入。

異體字

簡体字。

音訓・用義

シ(漢、呉) 〈『廣韻・上平聲・之・思』息兹切〉
いと。きいと。きぬいと。すぢ。つむぐ。

支那では絲一字で絹絲、絹を指す模樣。

解字

白川

會意。二に從ふ。糸は絲束の形。生絲をいふ。

卜文に、桑の葉の上に蠶をかくものがあり、また「蠶示」としてその神を祀ることが行はれた。『禮記・祭義』に王后の親蠶、また蠶室の儀禮のことなどが記されてゐる。神衣はその絲でつくられ、祭服を絲衣といふ。

金文に絲を「の」の義に用ゐるものがあり、と聲近く通用したのであらう。

藤堂

會意。を二つ竝べたもので、縒り絲のこと。

落合

會意。甲骨文は二束を竝べた形。相對的に細い絲であることを示す。

甲骨文には地名にのみ見え、原義の用例は見えず。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は二に從ひ、二つに束ねた絲の形を象る。本義は絹絲。

甲骨文、金文の𢆶は絲の省文。𢆶と絲の甲骨文には用法に區別があり、金文で初めて用法が混ざるのが見える。

甲骨文では官職名に用ゐられてゐると疑はれる。金文では本義に用ゐ、生絲を表す。曶鼎用匹馬束絲。また指示代詞に用ゐ、典籍ではにつくる。曶鼎用𢆶(茲)金乍(作)朕文考宄白䵼牛鼎

屬性

U+7D72
JIS: 1-69-15
U+4E1D
別字衝突
U+7CF8
JIS: 1-27-69
當用漢字・常用漢字

関聯字

別字だが、絲を略して糸につくることがある。