幼 - 漢字私註

説文解字

少也。从
幺部

康煕字典

部・劃數
幺部二劃
古文
𠣎

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤伊謬切、憂去聲。『爾雅・釋言』幼、穉也。『釋名』幼、少也。言生日少也。『禮・曲禮』人生十年曰幼學。《疏》幼者、自始生至十九時。故檀弓云、幼名者、三月爲名稱幼。冠禮云、棄爾幼志、是十九以前爲幼。喪服傳云、子幼。鄭康成云、十五以下。今云、十年曰幼學、是十歲而就業也。

又慈幼也。『孟子』幼吾幼、以及人之幼。《註》幼、猶愛也。又王莽錢名。『前漢・食貨志』徑八分、重五銖曰幼錢、直二十。

又『集韻』乙六切、音郁。義同。

又『集韻』一笑切、音要。幼𦕈、精微也。『前漢・元帝紀贊』窮極幼𦕈。《註》幼、讀曰要。『司馬相如・長門賦』聲幼妙而復揚。

又與袎通。『集韻』袎或作幼。

部・劃數
勹部三劃

『玉篇』古文字。註見幺部二畫。

音訓

(1) エウ(慣) イウ(漢・呉) 〈『廣韻・去聲・幼・幼』伊謬切〉
(2) エウ(漢・呉) 〈『集韻』一笑切、音要〉
(1) をさない。いとけない。わかい。をさなご。
(2) かぼそい。こまやか。

解字

白川

象形。絲枷に木を通して拗つてゐる形を象り、拗の初文。幼少の意に用ゐるのは假借。

説文解字の釋は微力の意とするものであらうが、はものを扐する意。

藤堂

と音符の會意兼形聲。幺は細く小さい絲。幼は力の弱い小さい子。

落合

の會意。幺亦聲。耜の象形の力に絲束の象形の幺を附けた字。

字源には諸説あるが、甲骨文では祭祀名として使はれてをり、農耕儀禮の表現と推定される。

甲骨文での用例を次に示す。

後代に「をさない」の意味となつたのは假借であらう。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文はに從ふ。力は土を掘り起こす農具(耒)の形を象る。幺は絹絲の形を象る。一説に耒の下に縛り繫いだ繩を象り、古代の耦耕(二人で耕すこと)の用具で、耕種のとき、一人は耒で土を耕し、一人は索を引くといふ(金文形義通解)。一説に本義は力量が微少なること、小さいの意を派生するといふ(馬敍倫)。

按ずるに字のつくり、本義に定論はない。金文は幺の中に力がある形。戰國中山國の幼字はに從ひ幽聲で、三晉系の字である。

甲骨文では人名、祭名に用ゐる。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+5E7C
JIS: 1-45-36
當用漢字・常用漢字
𠣎
U+208CE

関聯字

幼聲の字