陸 - 漢字私註

説文解字

高平地。从𨸏、坴亦聲。
十四𨸏部
𠃈
また𨽰𨽫につくる。
籒文陸。

康煕字典

部・劃數
阜部八劃
古文
𤱒

『唐韻』『廣韻』『集韻』『類篇』『韻會』𠀤力竹切、音六。『玉篇』厚也。『廣韻』高也。『爾雅・釋地』高平曰陸。『釋名』陸、漉也。水流漉而出也。『易・漸卦』鴻漸于陸。『詩・豳風』鴻飛遵陸。

又地名。『孟子』孟子之平陸。《註》齊下邑。

又藪名。『爾雅・釋地』晉有大陸。『左傳・定二年』魏獻子田於大陸。

又縣名。『隋書・地理志』趙郡大陸縣。

又州名。唐置。

又漢侯國、在壽光。見『史記・建元以來王子侯者年表』。

又𤰞陸、外國名。『前漢・西域傳』𤰞陸國王、治天山東乾當國。

又『玉篇』星也。『爾雅・釋天』北陸、虛也。西陸、昴也。《疏》陸、中也。北方之宿、虛爲中也。西方之宿、昴爲中也。『左傳・昭二年』古者日在北陸而藏冰、西陸朝覿而出之。《註》陸、道也。在北陸、謂夏十二月、日在虛危。在西陸、謂夏三月、日在昴畢。

又『玉篇』道也、無水路也。『周禮・冬官考工記』作車以行陸。『莊子・則陽篇』方且與世違、而心不屑與之俱、是陸沈者也。《註》人中隱者、譬之無水而沈也。

又『玉篇』陸離、猶參差也、雜亂也。『屈原・離騷』斑陸離其上下。

又魁陸、水族。『爾雅・釋魚』魁陸、卽今之蚶也。《疏》卽魁蛤也。一名魁陸。

又『揚雄・甘泉賦』飛蒙茸而走陸梁。《註》走者陸梁而跳也。

又姓。『廣韻』古天子陸終之後。『正字通』齊後有大陸氏、後因姓陸。又春秋陸渾之戎、後亦爲陸氏。

又『後漢・馬援傳』今更共陸陸。《註》猶碌碌也。

又『唐韻正』音溜。『隂符經』龍蛇起陸。叶上宿下覆。

又叶林直切。『郭璞・騊駼贊』騊駼野駿、產自北域。交頸相摩、分背翹陸。

『說文』籀文作𨽰。『集韻』作𨽫

部・劃數
田部五劃

『字彙補』古文字。註詳阜部八畫。

部・劃數
阜部二十一劃

『說文』籀文字。『玉篇』作𨽫

異體字

説文解字の重文。籀文。

籀文の或體。

簡体字。

音訓

リク(漢) ロク(呉)
をか。くが。あつい。たかい。

解字

甲骨文はに從ふが、例が少なく用義も不明とあつては何とも言ひ難い。

早期金文は阜とより成ると見ることができるが、圥(𡴆)が後代の字と同じかものかどうか判斷不能。春秋以降の金文に、阜、に從ふ作例があり、その六は聲符であらう。

以上を元に考へるに、字をもとに作られた字ではない。坴字が陸字から抽出された可能性はある。

白川

形聲。聲符は。坴は恐らく、神を迎へる幕舍の形。聖梯の前に幕舍を列ね、土主を置いて祀るところ。

左傳・昭四年』に、日が北陸にあるとき、冰を藏し、四月立夏、西陸にあるとき、冰を出す藏冰の儀禮のことを規定してをり、陸には日景を觀測する機能があるらしい。

籀文(𠃈)の字形は三𡴆に從ふ形。

藤堂

と音符の會意兼形聲。

坴は(ひろがる)と土の會意字で、土が高く積もつて擴がつたさま。(補註: 『学研漢和大辞典』陸字條は左のとほり。『同』坴字條の説明とは異なる。)

陸は、盛り上がつて連なるの意を含む。

落合

甲骨文は、丘の象形()と、二つの屋根を強調した家屋の象形に從ふ會意字。丘と屋根を合はせて高所を表した字。家屋の屋根を強調した形はに當たり、上古音では六、陸は同音なので亦聲符であらう。また字形には麥の象形である來の上部を用ゐてをり、穀物を收める建物の屋根を表してゐると思はれる。

甲骨文での用義は不明。《合集》36825甲子…在𦟀…[⿰主尋]…陸…亡災…十…。

後代には轉じて陸上の意でも用ゐられ、字形も古文で下部にを附加され、また屋根の形がひとつに簡略化されて現用の形になつた。現用字はを亦聲符とする形聲字と看做されてゐる。

漢字多功能字庫

甲骨文はと二に從ふ。(補註: 圥字についての説明がないこともあり、圥と釋すべき根據が不明瞭。) 早期金文は二阜と圥に從ふ。圥は聲符、阜は山稜を象る意符。本義は大きな土山、それより陸地の意を派生する。『楚辭・九嘆・憂苦』巡陸夷之曲衍兮、幽空虛以寂寞。王逸注大阜曰陸。は、山丘、平原、更にはくねり曲がる水澤の地を遊覽し、空虛寂寞の感に至る、の意。

春秋以後、あるいはを意符に加へ、あるいは圥に替へて二に從ひ聲符とする。小篆に至り簡化して阜と圥と土に從ふ。

甲骨文は辭殘、意義不詳。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡では本義に用ゐ、土丘あるいは高く平らな地を表す。《上博竹書三・周易》簡50鴻漸于陸は、鴻雁(雁を指す)が土山に至るの意。

屬性

U+9678
JIS: 1-46-6
當用漢字・常用漢字
𤱒
U+24C52
𨽰
U+28F70
𠃈
U+200C8
𨽫
U+28F6B
U+9646

関聯字

陸を六の大字に用ゐる。