八 - 漢字私註

説文解字

八
別也。象分別相背之形。凡八之屬皆从八。
八部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』博拔切『集韻』『韻會』『正韻』布拔切、𠀤音捌。『說文』別也。象分別相背之形。《徐曰》數之八、兩兩相背、是別也。少隂數、木數也。『玉篇』數也。

又『集韻』補內切、音背。『趙古則六書本義』八、音背、分異也、象分開相八形、轉爲布拔切、少隂數也。

又『韻補』叶筆別切、音䇷。『張衡・舞賦』聲變諧集、應激成節。度終復位、以授二八。

又『韻補』叶必益切、音璧。『張衡・西京賦』叉簇之所攙捔、徒搏之所撞㧙。白日未及移𠷳、巳獮其什七八。

又八八。『通雅』八八、外國語稱巴巴。『唐書・李懷光傳』德宗、以懷光外孫燕八八爲後。

音訓

ハチ(呉) ハツ(漢) 〈『廣韻・入聲・黠・八』博拔切〉
やつ。やたび。わける。わかれる。

解字

白川

指示。兩分の形。左右に兩分して、數の八を示した。

説文解字に近似音のによつて解するが、別は骨節を解くこと。

は八に從ひ、牛牲を兩分する意。發は𣥠に從ひ、兩足を開いて進發する意。みな「ばらばら」の意を持つ語である。

藤堂

指示。左右二つに分けたさまを示す。

、發と同系の言葉。、班の入聲に當たる。

説文解字に別なりとある。

落合

指示。分かれた物體を表す指示記號。また、前庭の形や隘路の形として用ゐられることもある。

單獨では殆どが假借して數字として用ゐられる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 八つ。
  2. 八番目。
  3. 地名またはその長。第一期(武丁代)には領主を「婦八」と呼ぶ例もある。

漢字多功能字庫

二物が相背く形、分別の形。一説に分の初文。後に八字を假借して數を表すので、義符の刀を加へて分字をつくつた。或は分の意の八と數字の八は同形で、區別するために刀を加へた。また一説に、八字の初文は數字ではなく、分別の別に當たる。

八字の構形について、學者はあるいは説文解字に從ひ(于省吾、李孝定、戴家祥)、二物が相背き分かれる形を象るとする。八を字の要素として用ゐるときは二物が相背く義に用ゐる。分別相背の義は頗る抽象的で、象るべき形はなく、故にこの字は象形字にあらずして、指示字あるいは象意字である。張秉權は八は兩腕を斜めに延ばした形、あるいは親指と人差し指を伸ばして開く形を象り、以て分別の義を表す象形字とみることが可能とする。

一説に、八は分の初文で、後に數字の八に假借してそのまま續いたため、義符の刀を加へて分字をつくり、その初義を持たせたといふ(高鴻縉)。或は分の意を表す八と數字の八は同形で、物を分ける道具たる刀を加へることで區別し分字となつたといふ(戴家祥)。二説に食ひ違ひはなく、且つ互ひを補ふ。聲韻を考慮すると、八は微韻に屬し、分は文韻に屬し、二字雙聲對轉、そこから八と分はもと一字であつた側證とできる(林義光)。

また一説に八字の初文は數字の八にあらず、分別の別に當たり、八の古音はまさに別の如く讀み、且つその字の構形もまた二物相背、分別の形を象り、故にその構形取義はあるいは分背である(張孝達、潘祖蔭)。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡では數詞に用ゐる。《清華簡二・繫年》簡66晉景公立八年、隨會率師、會諸侯于斷道。

古陶文に「八宮」の語があり、「泮宮」と讀み、諸侯學宮となす。『史記・封禪書』天子曰明堂、辟雍、諸侯曰泮宮。

屬性

U+516B
JIS: 1-40-12
當用漢字・常用漢字

関聯字

大字。

八に從ふ字

八聲の字