誇 - 漢字私註

説文解字

譀也。从聲。
言部

康煕字典

部・劃數
言部六劃
古文
𧥢

『唐韻』苦瓜切『集韻』『韻會』『正韻』枯瓜切、𠀤音夸。『說文』譀也。『玉篇』逞也。『廣韻』大言也。『史記・日者傳』多言誇、嚴莫大於此矣。『前漢・揚雄傳』誇詡衆庶。『晉書・成公綏傳』大而不誇。

又大也。『前漢・外戚傳』妾誇布服糲食。『孟康註』誇、大也。大布之衣也。

又『廣雅』誇誇、切切也。

又『集韻』通作。『前漢・楊僕傳』懷銀黃、夸鄕里。

又『韻會』或作侉。『書・畢命』驕淫矜侉。

又『集韻』區遇切、驅去聲。歌也。

又叶苦禾切、音科。『韓愈・讀東方朔雜事詩』頷頭可其奏、送以紫玉珂。方朔不懲創、挾恩更矜誇。

『干祿字書』一作。『字彙補』譌作𧧳。『韻會』當从夸。俗作𡘆、非是。

部・劃數
言部三劃

『集韻』古作𧥢。註詳六畫。

又人名。必𧥢、汝𧥢、見『宋史・宗室表』。

音訓

コ(慣) クヮ(漢)
ほこる。ほこり。あらい。ふとい。

解字

白川

形聲。聲符は。夸に跨越、誇張の意がある。

説文解字にほこるなりとするが、『文選・長楊賦・注』に引く説文解字に誕なりとあり、誇誕(補註: 出鱈目、大袈裟な出鱈目)の言をいふ。譀字條に誕なりとあり、同義の字。

藤堂

と音符の會意兼形聲。夸は(人が大の字に立つたさま)と音符の會意兼形聲で、跨(大きく擴げた股)の原字。亏は于、大きく曲線を描くさま。誇は大袈裟に擴げた物の言ひ方のこと。

屬性

U+8A87
JIS: 1-24-56
當用漢字・常用漢字
𧥢
U+27962