髟 - 漢字私註

説文解字

長髮猋猋也。从。凡髟之屬皆从髟。
髟部

説文解字注

長髮猋猋也。从長彡。一曰白黑髮襍而髟。凡髟之屬皆从髟。

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』甫遙切『集韻』『韻會』𤰞遙切、𠀤音猋。『說文』長髮猋猋也。『潘岳・秋興賦』斑鬢髟以承弁兮。『李善註』白黑髮雜而髟。

又『後漢・馬融傳』羽毛紛其髟鼬。《註》髟鼬、羽旄飛揚貌。

又『廣韻』甫烋切『集韻』『韻會』必幽切『正韻』補尤切、𠀤音彪。又『集韻』匹妙切、音剽。義𠀤同。

又『唐韻』所銜切『集韻』師銜切、𠀤音杉。屋翼也。

音訓・用義

ヘウ ヒウ(漢・呉)

髮の垂れるさま。

解字

白川

镸()との會意。镸は長髮の人の形。彡はその髮の豐かなさまを示す記號的な字。

説文解字に長髮猋猋たるなりとあり、『玉篇』に長髮髟髟たるなりにつくる。

説文解字にまた一に曰く、白黑髮まじはりて髟たりといふ。(補註: 襍は雜の或體。)

馬には、そのたてがみをいふ。

藤堂

の會意。彡は三の變形したもので、數多くまじる意。

漢字多功能字庫

甲骨文に二種類の書き方がある。一つは、と長髮の形に從ふ。もう一つは、と長髮の形に從ひ、手指の形を強調してゐる。金文は後者を承ける。人の長い髮が風に飜るさまを象る。髟は髮の初文。

(補註: 漢字多功能字庫が髟の甲骨文として擧げる字を、落合はの甲骨文に擧げる。)

髟の甲骨文は老の甲骨文とは異なる。後者の頭髮は全て上を向くが、前者の頭髮は後ろを向き舞ひ上がつてゐる。また、季旭昇の言ふところによると、東漢婁壽碑の髮の上部の髟はに從ひ、篆文と同じ形。説文解字は長と彡に從ふと釋し、長は髮の長いことを表し、彡は髮が長く飜るさまを強調してゐるとする。我々はまた彡を髟の甲骨文、金文の髮の形の後部を切り離して偏旁としたものと見ることもできる。

髟は獨立した字でもあり、他の字の要素となることもある。髟を義符とする字はみな毛髮などの義と關はりがある。

屬性

U+9ADF
JIS: 1-81-85