冂 - 漢字私註

説文解字

冂
邑外謂之郊、郊外謂之野、野外謂之林、林外謂之冂。象遠界也。凡冂之屬皆从冂。
冂部
冋
古文冂从、象國邑。
坰
冋或从

康煕字典

部・劃數
部首

『集韻』涓熒切、音扃。『說文』邑外謂之郊、郊外謂之野、野外謂之林、林外謂之冂。象遠界也。『集韻』古作、象國邑也。今文从土作

又『集韻』欽熒切、音褧。遠也。

又『集韻』戸茗切、音迥。空也。

部・劃數
冂部三劃

『唐韻』『集韻』𠀤古文字。註見土部五畫。又『唐韻』戸頃切『集韻』戸茗切、𠀤音迥。義同。

部・劃數
土部・五
古文

『唐韻』古螢切『集韻』『韻會』『正韻』涓熒切、𠀤音扃。『爾雅・釋地』林外謂之坰。『詩・魯頌』在坰之野。『左思・吳都賦』目龍川而帶坰。

又地名。『尚書序』湯歸自夏、至于大坰。《註》大坰、未詳所在、當在定陶向亳之閒。『正字通』大坰作大行、非。

又叶葵營切、音瓊。『謝靈運・初去郡詩』理櫂遄還期、遵渚騖修坰。叶上迎平、下明英。

音訓

クヱイ(漢) キャウ(呉) 〈『廣韻・下平聲・靑・扃』古螢切〉
さかひ。とほい。むなしい。

解字

白川

境界の象。境界を設ける形で、必ずしも地の遠近に關しない。邊疆の城塞などに冂形の防塁を築くことが多く、のち遠界の意となつたのであらう。

金文に冂を絅衣の絅の意に用ゐ、また冋黃のやうに褐色の玉名に用ゐる。

藤堂

遙か彼方の境界を示す象形字。

のち場所を示す印を加へ、冋とも書く。

落合

甲骨文に見えるのは亡失字。丙やの初文で高い建築物の一部として用ゐられてゐるが、單字では欠損片にしか見えず、用義不明。

現用字は、篆文で冋の略體としてつくられた。

漢字多功能字庫

金文の冂字は堂と同じく讀み、『説文解字』に採錄する扃と同じく讀む冂字とは同形異字。

【補註】 即ち現用字とは別字。落合のいふ亡失字と同系か?

金文は高く出た地面の形を象り、堂の初文。本義は土臺、堂基。冂とあなの形を象る凵は對比される。甲骨文、金文の字は冂に從ひ、土臺の上に建築がある形を象る。『楚辭・招魂』高堂邃宇、王逸注言所造之室、其堂高顯。、嘗、堂などはみな冂聲に從ふ。

金文ではの通假字となし、下半身の衣服を表す。

屬性

U+5182
JIS: 1-49-36
U+518B
JIS: 2-3-10
U+5770
JIS: 1-15-39

関聯字

冋聲の字