尙 - 漢字私註

説文解字

曾也。庶幾也。从向聲。
八部

康煕字典

部・劃數
小部五劃

『唐韻』『集韻』『韻會』時亮切『正韻』時樣切、𠀤音上。『說文』曾也、庶幾也。从八向聲。『爾雅註』郉昺曰、尙、謂心所希望也。『詩・小雅』不尙息焉。『書・大禹謨』爾尙一乃心力。

又『廣韻』加也、飾也。『論語』好仁。

無以尙之。『詩・齊風』充耳以素乎而、尙之以瓊華乎而。

又崇也、貴也。『禮・檀弓』夏后氏尙黑、殷人尙白、周人尙赤。

又主也。

司進御之物者皆曰尙。『漢官儀』尙食、尙醫、尙方等是也。又尙書、主大計。

又『增韻』尊也。『詩・大雅』維師尙父。《註》太公望、太師而尊爲尙父者也。

又猶也。『詩・大雅』雖無老成人、尙有典𠛬。

又娶公主謂之尙。言帝王之女尊、而尙之、不敢言娶。『前漢・王吉傳』娶天子女曰尙公主、娶諸侯女曰承翁主、尙承皆𤰞下之名。一曰配也。『司馬相如傳』卓王孫自以使女得尙司馬長卿晚。《註》尙、配也。義與尙公主同。

又『易・泰卦』得尙乎中行。《註》謂合乎中行之道也。

又奉也。『司馬相如・長門賦』願賜問而自進兮、得尙君之玉音。

又矜伐也。『禮・表記』君子不自尙其功。

又姓。戰國尙靳、唐尙衡。

又與通。『詩・魏風』上愼旃哉、猶來無止。《註》上猶尙也、言愼之可以來歸、無止於彼也。『尚書序』尚者、上也。言此上代以來書、故曰尚書。

又叶辰羊切、音常。『詩・大雅』肆皇天弗尚。叶亡方。

異體字

いはゆる新字体。

音訓

シャウ
なほ。こひねがふ。くはへる。かざる。たふとぶ。たかい。ひさしい。つかさどる。

解字

各資料の金文の字形を見て按ずるに、最初から向に從ふ字であつたとは思ひ難い。

白川

と向の會意。向は窗。光の入るところに神を迎へて祀る。八は、そこに神氣が現はれ、漂ふことを示す。兄(祝)が祝禱して神氣をけ、恍惚の狀となることを兌(悦、脱)といふやうに、八は神氣を表す。「ねがふ」「たかし」「くはふ」「たふとぶ」はみなその派生義。

金文に子々孫々是をつねとせよ永く典尚と爲せのやうに、の意にも用ゐる。

掌と通じ、つかさどる意がある。

藤堂

向(窗)と(分かれる)の會意。空氣拔きの窗から空氣が上に立ち上り、分散することを示す。上、上に上がるの意を含む。

また、上に持ち上げる意から、崇める、尊ぶ、身分以上の願ひなどの意を派生し、また、その上になほ、の意を含む副詞となる。

落合

指示。甲骨文は丙の上に指示記號の短線や方形があり、臺座にものを置いた形であらう。

後代には「たふとぶ」や「つかさどる」の意で用ゐられてをり、原義を祭祀儀禮とする説もあるが、甲骨文には地名の用例しかなく、確證は得られない。

字形は金文で丙がに變はり、更に古文乃至篆文で上部が小のやうな形になつた。甲骨文の異體字に下部に口を加へた形が一例のみ見える。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、と、短い横劃二劃(後にの形になる)と、に從ふ。冂は堂の初文で、地面が高く出た堂基の象。尚字は冂に八とを加へて分化した字。冂は地面より高く、故に尚は高尚の義を有し、轉じて崇尚、假借して尚且の意。

春秋戰國の尚字は八の間に丸い點を一つ加へ、その點は後に伸びて短い横劃や縱劃となつた。短い縱劃は八と合はさり、小篆で小の形に變はるに至つた。

金文での用義は次のとほり。

漢簡では用ゐて上となし、登を表す。《銀雀山漢簡・晏子・一三》景公令脩(修)茖(路)𡨦(寢)之臺、臺成、公不尚(上)焉。は、臺が出來た後、景公は上らうとしなかつたことをいふ。

尚は堂基の冂に從ひ分化して出來た字で、高尚の本義を表し、派生して堂基に登ることをまた尚と稱し、この意義の尚は傳世文獻では多く、尚につくる。尚と上は音義が密接に關係する同源の語である。中山王方壺には上と尚よりなる雙聲の字が見える。

尚は後に多くの字の要素となつてゐる。、堂、嘗、黨など。

屬性

U+5C19
U+5C1A
JIS: 1-30-16
常用漢字

関聯字

尙に從ふ字

尙聲の字