小 - 漢字私註

説文解字

小
物之微也。从見而分之。凡小之屬皆从小。
小部

説文解字注

小
物之微也。从八丨見而八分之。凡小之屬皆从小。

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『韻會』私兆切『正韻』先了切、𠀤蕭上聲。『說文』物之微也。从八从亅。見而分之。《徐曰》亅、始見也。八、分也。始可分別也。『玉篇』細也。『易・繫辭』其稱名也小、其取類也大。『左傳・襄三十一年』君子務知大者遠者、小人務知小者近者。又『周禮・天官』有小卿、副貳、大卿、卽小宰等也。

又狹隘也。『書・仲虺之誥』好問則裕、自用則小。

又輕之也。『左傳・桓十三年』莫敖狃於蒲騷之役、將自用也、必小羅。

又『詩・邶風』慍于羣小。《註》小、衆妾也。

又『韻輯』白小、魚名。

又叶蘇計切、音細。『白居易・懺悔偈』無始劫來、所造諸罪。若輕若重、無大無小。了不可得、是名懺悔。

音訓

セウ(漢、呉) 〈『廣韻・上聲・小・小』私兆切〉
こ。を。ちひさい。せまい(狹小)。いやしい(卑小)。すくない。すこし。

解字

白川

象形。微小なるものに象る。金文の字形は、貝または玉を示すものであらう。

『説文解字』に物の微なるものなり。八に從ふ。わづかに見えて、之れを八分す。とするが、卜文、金文の字形は、相似た三點を配するのみの形。

字は恐らく𧴪、瑣の字形に含まれるものと同じく、貝、玉の類。これを連ねるをといふ。

藤堂

象形。丨の兩脇に點々をつけ、棒を削つて小さく細く削ぐさまを描いたもの。

落合

甲骨文は指示記號の小點を竝べた形。甲骨文では、小點は水滴(益など)、穀物の實(利の異體など)、土砂(埋など)の意で使はれてをり、特定の物體の象形ではなく、一般に小さな物を表す指示記號である。

一點多い異體字がの元となつてゐるが、甲骨文では必ずしも嚴密な區分はない。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. ちひさい。ちひさな。「年少」や「格下」の意でも用ゐられる。《殷墟花園莊東地甲骨》14乙酉卜子、有之[⿰阝心]南小丘其[⿰豕⿱凶十]、獲。
  2. すくない。すこしく。小規模の。この場合は少と釋す。《合集》20912・後半驗辭庚辰卜勺、今夕、其雨。允雨、少。
  3. 地名。殷に敵對して小方と呼ばれた。《合集》20478丙子卜、小方不其征。
  4. 系譜上で近い祖先神の呼稱に用ゐられる。小乙や小丁など。小丁は祖丁の別稱。
小子
年少の男子。《殷墟花園莊東地甲骨》353庚戌卜、小子[⿱乇口]妣庚。
小山
神名。いづれの山嶽の神格かは不明。《合集》30329敕小山、即宗、迺嶽于之。
小王
祭祀對象。王に次ぐ地位の人物。《合集》20022戊午卜勺、侑小王。
小示
近い先王の集合。《合補》184小示卯、叀羊。
小母
祭祀對象。父の側室の序列を表した語であらう。《合集》651貞、小母畀奚。
小臣
殷王の臣下。小尹とも呼ばれる。人名や職名を附して「小臣某」や「小某臣」とする用法もある。《甲骨拼合集》186己巳卜亘貞、王夢玉、不惟德小臣爿。
小吿
兆辭の一種。卜兆出現時に音が小さかつたことであらう。
小宗
祭祀施設。位置などは不明。殷都には大宗も置かれてゐる。《天理大學附屬天理參考館 甲骨文字》460己丑卜、在小宗侑、勺歲、自大乙。
小[⿱冖羊]
祭祀犧牲の種別。文獻資料にいふ「小牢」と同じく羊と豚のセットと推定されてゐる。《殷墟花園莊東地甲骨》157丁丑、歲妣丁小[⿱冖羊]。
小采
午後の時間帶を表す語。小食とも言ふ。《合集》20966・驗辭三日丙申、昃雨、自東、小采既。
小[⿰𬔖⿹𠃌一]
王の側室の序列を表示する語。《合集》23714丙申卜出貞、作小[⿰𬔖⿹𠃌一]日、叀癸。八月。
小掃
甲骨の貢納記錄に附される語。甲骨から肉や脂がやや取り除かれてゐたことの表示であらう。《甲骨拼合集》264・貢納記錄壬戌、子央示二屯。小掃。

漢字多功能字庫

小の構形初義に二種類の見方がある。

小とは一字から分化したもの。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+5C0F
JIS: 1-30-14
當用漢字・常用漢字

關聯字

小に從ふ字

少聲の字