旡 - 漢字私註

説文解字

㒫
㱃食气屰不得息曰㒫。从反。凡㒫之屬皆从㒫。今變隸作
㒫部
旡
古文㒫。

康煕字典

部・劃數
儿部四劃

『唐韻』居未切、音旣。『說文』㱃食气屰不得息曰㒫。从反欠。《註》隷變作旡。

部・劃數
无部(零劃)
古文
𠘸

『廣韻』居豙切『集韻』居氣切、𠀤音寄。『說文』作、飮食氣逆不得息曰㒫、从反[⿱彡儿]。《註》今隷變作

部・劃數
几部四劃

『字彙補』古文字。註詳部首。『海篇』飮食逆氣、不得息也。

部・劃數
儿部二劃

『玉篇』古文字。註詳部首。

音訓

キ(漢) 〈『廣韻・去聲・未・旣』居豙切〉
むせぶ。いきつまる。つきる。

解字

白川

象形。人が後ろ向きになつて口を開く形に象る。の反文。

説文解字に㱃食の气、屰にして息するを得ざるを旡と曰ふとあり、食し終へることをといふ。旣はを前にして頭を背ける形で、十分に食し旣る意。

嘅、慨はみな旣に從ひ、そのやうな反顧の姿勢をいふ。

藤堂

象形。腹が一杯になつて、溜息を吐くさまを描いたもの。この字形は、(腹が減つて萎む)と反對。

のち、御馳走を示す部分を添へて、とも書く。

落合

象形。に從ひ、坐つた人が顏を背けたさま。に從ふ字形もある。

甲骨文では、占卜用語として用ゐ、凶事の意。顏を背けることからの派生義か。《合集》18006貞、亡作旡。

後代にはむせぶ意で用ゐられたが、甲骨文にはその用法は見られない。

漢字多功能字庫

甲骨文は人が振り返り口を開く形を象る。説文解字は旡を反に從ふとする。その實、二字は上部の口の形の方向が相反するだけで、字形全體に反對の關係があるわけではない(裘錫圭)。

甲骨文の辭例の具體的な意義は不詳。

後には單獨で使用されることはなく、主に偏旁に見える。

屬性

U+65E1
JIS: 1-58-60
U+34AB
𠘸
U+20638
𠑶
U+20476

関聯字

旡に從ふ字

旡聲の字