食 - 漢字私註

説文解字

食
一米也。从聲。或說亼皀也。凡食之屬皆从食。
説文解字注は初句を亼米也。とする。
食部

康煕字典

部・劃數
部首
古文
𩚃

『唐韻』乗力切『集韻』『韻會』實職切、𠀤音蝕。『說文』一米也。『玉篇』飯食。『增韻』殽饌也。又茹也、啗也。『釋名』食、殖也、所以自生殖也。『古史考』古者茹毛飮血、燧人鑽火、而人始裹肉而燔之、曰炮。及神農時、人方食穀、加米于燒石之上而食之。及黃帝、始有釜甑、火食之道成矣。『易・需卦』君子以飮食宴樂。『書・益稷』曁稷播、奏庶艱食、鮮食。《傳》衆難得食處、則與稷教民播種之、決川有魚鱉、使民鮮食之。

又『書・洪範』惟辟玉食。《註》珍食也。

又食祿也。『禮・坊記』君子與其使食浮于人也、寧使人浮于食。

又祭曰血食。『史記・𨻰涉世家』置守冢三十家碭、至今血食。

又飮酒亦曰食。『前漢・于定國傳』定國食酒、至數石不亂。

又耳食。『史記・六國表』學者牽于所聞、見秦在帝位日淺、不察其終始、因舉而笑之、不敢道、此與以耳食無異。

又目食。『宋史・司馬光傳』飮食所以爲味也、適口斯善矣。世人取果餌刻鏤之、朱綠之、以爲槃案之翫、豈非以目食乎。

又吐而復吞曰食。『書・湯誓』朕不食言。『左傳・僖十五年』我食吾言、背天地也。『爾雅・釋詁』食、僞也。《疏》言而不行、如食之消盡、故通謂僞言爲食言、故此訓食爲僞也。

又蠱惑曰食。『管子・君臣篇』明君在上、便嬖不能食其意。

又消也。『左傳・哀元年』伍員曰:後雖悔之、不可食已。《註》食、消也。

又『書・洛誥』乃卜澗水東瀍水西惟洛食。《傳》卜必先墨畫龜、然後灼之、兆順食墨。

又日食、月食。『易・豐卦』月盈則食。『春秋・隱三年』日有食之。

又『左傳・襄九年』晉侯問於士弱曰、吾聞之、宋災、於是乎知有天道、何故。對曰、古之火正或食於心或食於咮、以出内火。

又『禮・檀弓』我死、則擇不食之地而葬我焉。《註》不食、謂不墾耕。

又『前漢・外戚傳』房與宮對食。《註》應劭曰:宮人自相與爲夫婦、名對食。房宮、二人名。

又『揚子・方言』食閻、勸也。南楚凡已不欲喜而旁人說之、不欲怒而旁人怒之、謂之食閻。

又寒食、節名。『荆楚歲時記』去冬至一百五日、卽有疾風甚雨、謂之寒食。

又大食、國名、在西域波斯國西、都婆羅門、兵刃勁利、勇于野鬬。

又『廣韻』戲名。博屬。

又姓。漢有食子通。『希姓錄』後漢食于公。

又『集韻』祥吏切『正韻』相吏切、𠀤音寺。『論語』有酒食、先生饌。『禮・曲禮』食居人之左。《註》食、飯屬也。

又糧也。『周禮・地官・廩人』匪頒賙赐稍食。

又以食與人也。『詩・小雅』飮之食之。『禮・內則』國君世子生、卜士之妻、大夫之妾使食子。《註》食謂乳養之也。『左傳・文元年』穀也食子。《註》食、養生也。

又『廣韻』『集韻』『韻會』𠀤羊吏切、音異。『廣韻』人名。漢審食其、酈食其。『荀悅・漢紀』作異基。

又叶式灼切、音爍。『易林』三河俱合、水怒踊躍。壞我王室、民困于食。

部・劃數
食部(零劃)

『集韻』古作𩚃。註詳部首。

部・劃數
食部(零劃)

『正字通』俗字。

音訓・用義

(1) ショク(漢) ジキ(呉) 〈『廣韻・入聲・職・食』乗力切〉
(2) シ(漢) 〈『集韻』祥吏切、音寺〉
(3) イ(漢、呉) 〈『廣韻・去聲・志・異』羊吏切〉
(1) くふ。くらふ。はむ。たべる。たべもの。
(2) くらはす。やしなふ。めし。いひ。

音(3)は人名に用ゐる。審食其酈食其など。

解字

白川

象形。食器である𣪘()に蓋をした形に象る。

金文の𣪘を、文獻には簋に作るが、本來竹器ではない。

説文解字に米をあつむるなり。に從ひ聲。(段注本)とするが、亼は器の蓋の形。

飲食の字は金文に多く飤に作り、「飲飤謌舞」、また「誨猷(謀)あやま(食)たず」のやうに用ゐる。

卜辭によると、古人は日に二食で、大食、小食といふ。また、大采、小采ともいひ、日を送迎する禮であるが、それがまた食事のときでもあつた。

また日月の蝕をもいふ。

藤堂

(集めて蓋をする)と穀物を盛つたさまの會意。容器に入れて手を加へ、柔らかくして食べることを意味する。

落合

甲骨文は、の會意、食物を盛つたたかつきに蓋をした形。食事を表してゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 食事。轉じて賜與物の汎稱かも知れない。《合集》9560丁巳卜賓貞、令[⿱亯丙]賜[⿱止厶]食、乃令西使。三月。
  2. 食事を與へる。轉じて賜與することかも知れない。《合集》31990…巳貞、鬯叀…食衆人于㳑。
  3. 祭祀名。《合集補編》319庚辰卜、禦、食母庚一[⿱冖羊]。
  4. 地名またはその長。《合集補編》9041王其田于食、麋逐…。
  5. 女性の名。第一期(武丁代)。婦[⿰女食]の別稱であらう。《懷特氏等所藏甲骨文集》1262貞、婦食不其嘉。
食日
午前中の時間帶。大食、大采、既食、食ともいふ。それぞれ少しづつ異なる時間とする説もある。《屯南》624食日至中日、其雨。
小食
語語の時間帶を表す語。
日有食
日蝕を指す。
月有食
月蝕を指す。

字形は隸書で下部が良に近い形に變化した。但し、良とは成り立ちが異なる。

漢字多功能字庫

食の甲骨文、金文、篆文はいづれもに從ふ。一説に、その字は皀(食器)の上に蓋(亼)の有る形を象り(戴家祥、徐中舒、劉興隆、姚孝遂)、それは日常食物を盛る器で、轉じて凡そ食の稱となつたといふ。一説に、亼は倒置の口の形を象り、甲骨文にある二あるいは四の小點は疑ふらくは口液を象り、ゆゑに食字は口を食器に近附けて食べるの意、本義は食べること(林義光、季旭昇)。二説のうち、我々は後説がより合理的であると認める。

食の繁文を飤につくる。倒口の上に人の形を加へて、人が食事をするの意を更に明らかにしてゐる。そのことは、同時に飲字も考慮すれば、更に明らかである。飤、食の構形と、飤(飲/㱃の誤り?)、は相同じ。鄲孝子鼎の器や蓋の拓本のうち、器銘を飤に作り、蓋銘を食に作る。飤と食が一字の異體である證といへよう。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+98DF
JIS: 1-31-9
當用漢字・常用漢字
𩚃
U+29683
𩚁
U+29681

関聯字

食に從ふ字

説文解字・食部のほか、次の字など。

食聲の字