芸 - 漢字私註

説文解字

芸
艸也。似目宿。从聲。淮南子說、芸艸可以死復生。王分切。
艸部

説文解字注

芸
艸也。佀目宿。〔大戴禮記〕夏小正』正月采芸。爲廟采也。二月榮芸。『〔禮記〕月令』仲冬芸始生。《注》芸、香艸。高注『淮南』、『呂覽』皆曰、芸、芸蒿。菜名也。『呂覽〔孝行覽・本味〕』曰、菜之美者、陽華之芸。《注》芸、芳菜也。賈思勰引『倉頡解詁』曰、芸蒿似斜蒿、可食。沈括曰、今謂之七里香者是也。葉類豌豆。其葉極芬香。古人用以藏書辟蠧、採置席下、能去蚤蝨。从艸云聲。王分切。十三部。淮南王說、芸艸可㠯死復生。淮南王劉安也。「可以死復生」謂可以使死者復生。葢出『萬畢術』、『鴻寶』等書。今失其傳矣。

康煕字典

部・劃數
艸部・四劃

『廣韻』『集韻』玉分切『韻會』『正韻』于分切、𠀤音雲。『說文』草也、似目宿。『禮・月令』芸始生。《註》芸、香草也。『爾雅翼』芸類豌豆、叢生、其葉極芳香、秋後葉閒微白如粉、南人採置席下、能去蚤蝨。今謂之七里香。『續博物志』【典略】云、芸香辟紙魚蠹、故藏書臺稱芸臺。『成公綏・芸香賦』美芸香之脩潔、合隂陽之淑淸。

又『急就篇註』芸、芸蒿也、生熟皆可啗。

又『拾遺記』芳蔬園多異菜、有菜名芸薇、紫色者最繁、一名芸芝。

又多貌。『老子・道德經』夫物芸芸、各復歸其根。

又通。『論語』植其杖而芸。《何晏註》除草曰芸。

又音運。『詩・小雅』裳裳者華、芸其黃矣。

『集韻』作𦱚

部・劃數
艸部・八劃

『直音』同

音訓

⦅一⦆

反切
廣韻・上平聲・文・雲』王分切
集韻・平聲二・文第二十・雲』王分切
『五音集韻・中平聲卷第三・文第三・喻・三雲』王分切
官話
yún
粤語
wan4
日本語音
ウン(漢、呉)
くさぎる
ヘンルーダ。芸香とも呼ぶ。蜜柑科芸香ヘンルーダ屬の香草。目宿(苜蓿)に似る。防蟲に用ゐる。
芸香を栞にして書册の防蟲に用ゐたことから、書册を指す。芸閣、芸窗、芸臺、芸編など。
と通用し、くさぎる(除草する)意。
芸芸は多きさま、盛んなるさま。

⦅二⦆

反切
集韻・去聲上・焮第二十四・運』王問切
『五音集韻・去聲卷第十一・問第三・喻・三運』王問切
官話
yùn
艸木落之色。(『集韻』『五音集韻』)
草木が黃葉する、枯れる意。芸黃など。

解字

白川

形聲。聲符は

『説文解字』に目宿に似た草とし、また淮南王説として、死を生に復しうるといふ。

藤堂

と音符(もやもやと籠もる、まぜかへす)の會意兼形聲。

屬性

別字衝突
U+82B8
JIS: 1-23-61
𦱚
U+26C5A

關聯字

別字。芸を藝の新字体に用ゐる。
芸を蕓の簡体字に用ゐる。