云 - 漢字私註

説文解字

云
の重文第一。
古文省
十一雲部

説文解字注

云
古文省雨。古文上無雨。非省也。二葢上字。象自下回轉而上也。『〔詩・小雅〕正月』昏姻孔云。《傳》曰、云、旋也。此其引伸之義也。古多叚云爲。如詩云卽詩曰是也。亦叚員爲云。如『〔詩・商頌・玄鳥〕』景員維河《箋》云員古文作云、昏姻孔云本又作員、『〔詩・鄭風・出其東門〕』𦕼樂我員、本亦作云、『尙書』云來衞包以前作員來、小篆妘字籒文作𪔈是。云員古通用。皆叚借風雲字耳。自小篆別爲雲而二形迥判矣。

康煕字典

部・劃數
二部二劃

『唐韻』『集韻』王分切『韻會』『正韻』于分切、𠀤音雲。『說文』山川氣也。象回轉形。後人加雨作雲、而以云爲云曰之云。『正字通』與音別義同。凡經史、曰通作云。

又運也。『管子・戒篇』天不動、四時云下、而萬物化。《註》云、運動貌。

又狎昵往復也。『詩・小雅』昏姻孔云。《朱傳》云、旋也。『左傳・襄二十九年』晉不鄰矣、其誰云之。《註》云、猶旋。旋歸之也。

又語助。『詩・小雅』伊誰云憎。『史記・封禪書』秦文公獲若石云于𨻰倉北坂。

又陸佃曰、云者、有應之言也。『左傳・襄二十六年』子朱曰、朱也當御。三云、叔向不應。又云云、衆語也。『前漢・汲黯傳』上曰、吾欲云云。《註》猶言如此如此也。

又云云、山名。『前漢・郊祀志』封大山禪云云。《註》云云、太山下小山。

又云爲。『易・繫辭』變化云爲。

又姓。漢云敞。

又與同。『莊子・在宥篇』萬物云云。《註》盛貌。老子作芸芸。

又紛云、興作貌。『呂覽・圜道篇』雲氣西行云云然。『前漢・司馬相如傳』威武紛云。俗作紜。

又『韻補』叶于先切、言也。『韓愈・剝啄行』我謝再拜、汝無復云。往追不及、來可待焉。

音訓

反切
廣韻・上平聲・文・雲』王分切
集韻・平聲二・文第二十・雲』王分切
『五音集韻・中平聲卷第三・文第三・喻・三雲』王分切
官話
yún
粤語
wan4
日本語音
ウン(漢、呉)
いふ
ここに

解字

白川

象形。雲の形に象る。

『説文解字』にの初文とする。

卜文の字形は、龍が雲中に頭を隱し、その卷いた尾が下に顯れてゐる形に作る。

と聲が通じて「いふ」の意に用ゐる。

曰、聿、遹などと聲が通じて「ここに」の意に用ゐる。

員、焉と聲近く、終助詞に用ゐる。

藤堂

象形。息や空氣が曲折して立ち上がるさまを示す。もと、口の中に息がとぐろを卷いて口籠もること。

落合

の初文。雲の甲骨文を云に作る。橫線は天空を表し、曲線は雲が卷いてゐる樣子を表してゐる。

甲骨文での用義は雲字條に記す。

後に云を「いふ」の意に使ふやうになつたため、古文で降雨に關する意符としてを加へ、雲の字體となつた。

漢字多功能字庫

に從ひ旬(螾)聲。本義は雲。後に假借して言語の云となし、を加へてを作つて本義を保存した。蔡哲茂は、云の甲骨文は上に從ひ、天上あるいは上空を表し、旬(螾)聲、後に上字の下の筆劃と旬の上の筆劃を一緒にするといふ。季旭昇は、云の下部はもと雲氣が下に垂れるさま、後に甲骨文の旬と云が同形で、容易に混淆するため、一橫劃を加へて旬となし、上を加へて云となし、兩字を區別した、とする。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文では無義の語氣の助詞に用ゐる。

屬性

U+4E91
JIS: 1-17-30
人名用漢字

関聯字

云に從ふ字

漢字私註部別一覽・云部に蒐める。

其の他

原義を表す繁文。
云を雲の簡体字として用ゐる。