宛 - 漢字私註

説文解字

宛
屈草自覆也。从聲。
宀部
惌
宛或从
註記を別條に揭出する。

説文解字注

宛
屈艸自覆也。上文曰、、宛也。宛之引伸義也。此曰屈艸自覆者、宛之本義也。引伸爲宛曲、宛轉。如『爾雅〔釋丘〕』宛中宛丘、『周禮』琬圭、皆宛曲之義也。凡狀皃可見者皆曰宛然。如『魏風・傳』曰、宛辟皃、『唐風・傳』曰、宛死皃、『攷工記・注』惌小孔皃、皆是。宛與薀、薀與𩰪、聲義皆通。故『方言〔十三〕』曰、宛、蓄也、『禮記』曰、兔爲宛脾、『春秋䋣露』曰、鶴無宛氣、皆是。从宀夗聲。夗、轉臥也。亦形聲包會意。於阮切。十四部。
惌
宛或从心。函人爲甲。眡其鑽空。欲其惌也。鄭司農云、惌、小孔皃。惌讀爲宛彼北林之宛。按爲當作如。先鄭不云宛惌同字。許乃一之。

康煕字典

部・劃數
宀部・五劃
古文

『唐韻』『正韻』於阮切『韻會』委遠切、𠀤音琬。『說文』屈草自覆也。

又宛然、猶、依然。『詩・秦風』宛在水中央。《註》宛然、坐見貌。『魏風』好人提提、宛然左辟。《註》宛然、讓之貌。

又丘名。『爾雅・釋丘』宛中、宛丘。『又』丘上有丘爲宛丘。《註》宛謂中央隆高。

又平聲。『玉篇』『集韻』『類篇』𠀤於袁切、音鴛。大宛、西域國名、去長安萬二千五百里。

又縣名。『一統志』宛、本申伯國、春秋時屬晉、戰國爲韓宛邑、秦爲宛縣、漢因之、明屬南陽府。

又姓。『左傳』鄭大夫宛射犬、楚大夫宛春。

又去聲、於願切、音苑。小也。『詩・小雅』宛彼鳴鳩。《註》宛、小貌。

又入聲、紆勿切、音鬱。『史記・倉公傳』寒濕氣宛。與苑鬱通。

又叶於云切、音熅。『前漢・班固敘傳』漢武勞神、圖遠甚勤。王師嘽嘽、致誅大宛。

音訓

(1) ヱン(漢) 〈『廣韻・上聲・阮・婉』於阮切〉[wǎn]{jyun2}
(2) ヱン(漢) 〈『集韻』於袁切、音鴛、平聲元韻〉[yuān]{jyun1}
(3) ウツ(漢) 〈『康煕字典』紆勿切、音鬱、入聲〉
(1) まがる。かがむ。さながら。あたかも。
(國訓) あて。づつ。

西域の國名の大宛は音(2)に讀む。

解字

白川

の會意。

『説文解字』に艸を屈めて自ら覆ふなりとするが、そのやうな形象の字ではない。

宀は廟。夗は人が坐して、膝のふくよかな形。廟中に坐して神靈を拜する形であらう。

藤堂

(屋根)と音符の會意兼形聲。夗は、人が丸く身體をくねらせたさま。宛は、覆ひの下で身體を丸く屈めることを示す。

落合

會意。建物の象形であるが頭を垂れた形のに從ふ。恐らく祭祀の樣子であらう。但し夗は甲骨文では單獨での使用例がない。

甲骨文では、動詞に用ゐる。詳細不明。《合集》30268今日丁酉卜、王其宛麓[⿰亻⿱冉土]、弗悔。

篆文では人が、頭部がになつてをり、隸書以降に卩が㔾の形に變はつた。

漢字多功能字庫

甲骨文はに從ひ、讀みて館となし、住宿(宿泊)を表す。金文はあるいは旁を羨符に加へる。金文もまた讀みて館となす。仲義父鼎仲義父乍(作)新宛(館)寶鼎。「新宛(館)」は新しく作つた館のこと(劉釗)。戰國楚系文字では宛を借りて怨となす。字形は《上博竹書一・緇衣》簡6、12に見える。あるいは圓環を加へて聲符とし、令字と區別する。(參: 李零、馮勝君、趙平安)

『説文解字』は宛の本義を屈草自覆、草を曲げて身の上を覆ふ意とする。古書にこの用法は見えず。徐灝注箋云夗者、屈曲之義。宛從宀、蓋謂宮室窈然深曲、引申為凡圓曲之稱、又為屈折之稱。屈草自覆未詳其指。

曲折、屈曲を表す。

好像(まるで〜のやうだ)、彷彿を表す。

古い地名。今の河南省南陽に在る。

微小を表す。『詩・小雅・小宛』宛彼鳴鳩、翰飛戾天。毛傳宛、小貌。

苑と通じ、枯萎を表す。『詩・唐風・山有樞』宛其死矣、他人是愉。毛傳宛、死貌。

はつきり見えることを表す。

屬性

U+5B9B
JIS: 1-16-24
常用漢字(平成22年追加)