放 - 漢字私註

説文解字

放

逐也。从聲。凡放之屬皆从放。甫妄切。

放部

説文解字注

本文には異同なく、註には甫妄切。十部。といふのみ。

康煕字典

部・劃數
攴部・四劃
古文

『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤甫妄切、音舫。『說文』逐也。『小爾雅』棄也。『書・舜典』放驩兜于崇山。《疏》放逐。『左傳・宣元年』晉放其大夫胥甲父于衞。《註》放者、受罪黜免、宥之以遠。

又『書・武成』放牛于桃林之野。《疏》據我釋之、則云放。

又『禮・曲禮』毋放飯。《註》去手餘飯於器中。

又『左傳・昭十六年』獄之放紛。《註》放、縱也。

又『論語』隱居放言。《何晏註》放、置也、不復言世務。

又『孟子』如追放豚。《趙岐註》放逸之豕。

又『博雅』妄也。『玉篇』散也。『增韻』肆也、捨也。『正韻』廢也。

又『廣韻』分兩切『集韻』甫兩切『正韻』妃兩切、𠀤音昉。同倣。學也。『玉篇』比也。『類篇』效也。『書・堯典』曰若稽古帝堯、曰放勳。《疏》能放效上世之功。

又『周禮・天官』食醫、凡君子之食恆放焉。《註》放、猶依也。

又『孟子』放乎四海。《趙岐註》放、至也。

又『集韻』分房切。、或作放、倂船也。『前漢・禮樂志』神裴回若留放、殣冀親以肆章。

『說文』从攴作

集韻

卷・韻・小韻
平聲三・陽第十・方
反切
分房切

分房切。『說文』併船也。象兩舟。

或从水。亦作放舫。

方、一曰矩也、道也、類也、且也。

亦姓。

文二十四。

卷・韻・小韻
上聲下・養第三十六・昉
反切
甫兩切音2

效也。

或从人〔仿〕。亦作㑂。

卷・韻・小韻
去聲下漾第四十一
反切
甫妄切音1

甫妄切。

『說文』逐也。

古作匚。

文七。

音訓義

ハウ(漢)(呉)⦅一⦆
ハウ(漢)(呉)⦅二⦆
ハウ(漢)(呉)⦅三⦆
はなつ⦅一⦆
はなす⦅一⦆
おふ⦅一⦆
まかす⦅一⦆
ほしいままにする⦅一⦆
おく⦅一⦆
ならふ⦅二⦆
官話
fàng⦅一⦆
fǎng⦅二⦆
fāng⦅三⦆
粤語
fong3⦅一⦆
fong2⦅二⦆

⦅一⦆

反切
廣韻・去聲』甫妄切
集韻・去聲下漾第四十一』甫妄切集韻2
『五音集韻・去聲卷第十二・漾第一・非三放』甫妄切
聲母
非(輕脣音・全清)
等呼
官話
fàng
粤語
fong3
日本語音
ハウ(漢)(呉)
はなつ
はなす
おふ
まかす
ほしいままにする
おく
解き放つ、逃がす。放免、解放など。
追ひ遣る、退ける、遠ざける。追放、放逐、放伐など。
棄てる、置く。放棄、放置、放擲など。
したいやうにさせる。また、したいやうにするさま。放恣、放任、放言、放縱、放蕩など。

⦅二⦆

反切
廣韻・上聲・養・昉』分网切
集韻・上聲下・養第三十六・昉』甫兩切集韻1
『五音集韻・上聲卷第九・養第一・非・三昉』分兩切
聲母
非(輕脣音・全清)
等呼
官話
fǎng
粤語
fong2
日本語音
ハウ(漢)(呉)
ならふ
倣に通じ、眞似する、見倣ふ、學ぶ。放古、放效など。『廣韻』〔倣〕同。『集韻』效也。

⦅三⦆

反切
集韻・平聲三・陽第十・方』分房切
『五音集韻・下平聲卷第五・陽第一・非三・方』府良切
聲母
非(輕脣音・全清)
等呼
官話
fāng (漢語資料未見、藤堂に據る)
日本語音
ハウ(漢)(呉)
藤堂は、仿、舫に當て、左右に張り出して竝べる意で、「ならべる」と訓ずるとする。
『集韻』は、『説文解字』に併船也とするを亦た放に作るとする。
『五音集韻』は併舡也とするの或體として擧げる。

解字

白川

の會意。方は架屍の形。これをつて邪靈を放逐する共感呪術的な呪儀。

『説文解字』に逐ふなりと訓じ、方聲とするが、方は毆擊を加へる對象物。

その架屍に頭部の形を加へたものはで、徼の初文。巫女を毆つものは、長髮の人を毆つものは徵、傲。邪靈をくし、もとめるところを徵するもので、敵に傲る相似た呪法をいふ。みな古代祭梟(首祭)の俗を示す字。

藤堂

(動詞の記號)と音符の會意兼形聲。方は、兩側に柄の伸びた耜を描いた象形字。放は、兩側に伸ばすこと。緊張や束縛を解いて、上下左右に自由に伸ばすこと。

落合

を意符、を聲符とする形聲字。放逐が原義。

方亦聲とする説もあるが、方の字源が明確ではないため、いづれも否定できないものの、積極的に支持する論據もない。

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。小篆と形が同じ。構形初義不明。

金文では倣效(眞似る、手本にする)を表す。

古書での用例は次の如し。

金文ではまた讀んでとなす。多友鼎玁狁放(方)𤼈(興)(參・李學勤)

倣效の義より引伸して依據を表す。

驅逐、放逐を表す。

釋放を表す。

捨棄、放棄を表す。

放縱、不拘束を表す。『廣雅・釋言』放、妄也。

擱置、放下(ともに放置の意)を表す。『廣雅・釋詁四』放、置也。

發放(貸し附ける、支給する、放出する)、施與(惠み與へる)を表す。

また特に金錢を人に貸し附け、定期に利息を取ることを指す。

屬性

U+653E
JIS: 1-42-92
當用漢字・常用漢字