不 - 漢字私註

説文解字

不
鳥飛上翔不下來也。从、一猶天也。象形。凡不之屬皆从不。
初句の段注に凡云不然者。皆於此義引申叚借。其音古在一部。讀如德韵之北。音轉入尤、有韵讀甫鳩、甫九切。與字音義皆殊。音之殊、則弗在十五部也。義之殊、則不輕弗重。如嘉肴弗食不知其旨、至道弗學、不知其善之類可見。『公羊傳』曰、弗者、不之深也。俗韵書謂不同弗、非是。又『詩〔小雅・常棣〕』鄂不𩏬𩏬。《箋云》不當作柎。柎、鄂足也。古聲不柎同。といふ。
十二不部

康煕字典

部・劃數
一部三劃
古文
𠀚
𠙐

『韻會』『正韻』𡘋逋沒切、補入聲。不然也、不可也、未也。『禮・曾子問』葬引至于堩、日有食之、則有變乎、且不乎。

又『周禮・夏官』服不氏、掌養猛獸而敎擾之。《註》服不服之獸者。

又『廣韻』『韻會』𡘋分物切。與同。今吳音皆然。

又『韻會』俯九切、音缶。與可否之通。『說文』鳥飛上翔、不下來也。从一、一猶天也。象形。

又『玉篇』甫負切『廣韻』甫救切、𡘋缶去聲。義同。

又『廣韻』甫鳩切『集韻』『韻會』『正韻』方鳩切、𡘋音浮。夫不、䳡也。亦作鳺鴀。『爾雅・釋鳥』䳡其鳺鴀。《郉疏》陸璣云、今小鳩也。一名䳕鳩、幽州人或謂鷱鴡、梁宋閒謂之隹、揚州人亦然。

又未定之辭也。『陶潛詩』未知從今去、當復如此不。

又姓。『晉書』汲郡人不準。○按【正字通】云、不姓之不、轉注古音、音彪。

又『正韻』芳無切。與柎通。花萼跗也。『詩・小雅〔常棣〕』鄂不韡韡。《鄭箋》承華者、鄂也。不當作柎。鄭樵曰、不象萼蔕形。與旉通。『陸璣・詩疏』柎作跗。『束皙・補亡詩』白華絳趺。『唐詩』紅萼靑趺皆因之。

又華不注、山名、在濟南城東北。『左傳・成二年』晉卻克戰于鞌、齊師敗績。逐之、三周華不注。『伏琛齊記』引摯虞畿服經、不、與詩鄂不之不同。李白詩、兹山何峻秀、彩翠如芙蓉。蓋因華跗而比擬之。胡傳讀不如卜、非。又『古詩・日出東南隅行』使君謝羅敷、還可共載不。羅敷前致辭、使君亦何愚。使君自有婦、羅敷自有夫。〇按愚當讀若吾、疑模切、與敷不夫叶。敷不夫本同模韻、【正字通】不改音符、叶夫愚、非是。

又與丕同。『書・大誥』爾丕克遠省。馬融作不。『秦・詛楚文』不顯大神巫咸。『秦・和鐘銘』不顯皇祖。𠀤與【詩・周頌】不顯不承同。不顯不承、猶書云丕顯丕承也。

又『韻補』叶補美切、音彼。『荀子・賦篇』𥳑然易知、而致有理者與。君子所敬、而小人所不者與。所不謂小人所鄙也。

『正字通』不字在入聲者、方音各殊、或讀逋入聲、或讀杯入聲。司馬光切韻圖定爲逋骨切、今北方讀如幫鋪切、雖入聲轉平、其義則一也。

部・劃數
一部五劃

『玉篇』古文字。註詳三畫。

部・劃數
几部七劃

『字彙補』古文字。註詳一部三畫。

音訓・用義

(1) フ、ブ(慣) フツ(漢) ホチ(呉) 〈『廣韻・上聲・有・缶』方久切〉
(2) フ(呉) フウ(漢) 〈『廣韻・上聲・有・缶』方久切〉
(3) フ(漢、呉) 〈『正韻』芳無切〉
(4) ヒ
(1) ず。あらず。しからず。
(2) いなや
(4) おほきい

鄂不は音(3)で讀み、また萼柎に作る。花の萼のこと。

音義(4)は丕に同じ。

解字

白川

否定、打ち消しに借用する。

字はもと象形、花の萼柎の形であるが、その義に用ゐることは殆どない。

『説文解字』に鳥飛んで上翔し、下り來たらざるなり。一に從ふ。一は猶ほ天のごときなり。とするが、卜文の字形には一を含むことがなく、鳥の翔ぶ形でもない。

詩經・小雅・常棣常棣之華、鄂不韡韡。(常棣からなしの華、鄂不韡韡たり)とある萼不は萼柎、花のつけ根のところで、これが字の本義に用ゐる例。

金文に「不顯」とあるのは「丕顯」、おほいにあきらかなるの意。萼柎に實がつき始めて丕となり、となり、割けて剖判となる。

不、丕、否は通用することがあり、金文に「不𫠭」「不𫫘」のやうに用ゐる。

藤堂

象形。不は芣や菩などの原字で、ふつくらと膨れた花の萼を象る。丕(膨れて大きい)、胚(膨れた胚芽)、杯(膨れた形のさかづき)の音符。

不の音を借り、をつけて否定詞のがつくられたが、不もまた否定詞に轉用された。意嚮や判定を打ち消すのに用ゐる。また、(拂ひ除け拒絶する)とも通じる。

落合

『詩・小雅・常棣』に「鄂不」の語があり、花萼の象形とする説が有力。甲骨文でも花の象形の華で花瓣の部分に類似形が使はれてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。すべて假借した助辭としての用法。

  1. 否定の助辭。主に動詞に對して用ゐられる。《甲骨拼合集》321貞、今十二月、不其雨。
  2. 前の文章を受け、その否定を表示する助辭。この場合にはと釋されることもある。《合補》6570丁未卜扶󠄀、侑學戊、不。
不用
驗辭としての用法では、命辭の内容が採用されなかつた(行はれなかつた)ことを指す。茲不用ともいふ。《殷墟花園莊東地甲骨》63乙卯卜、叀白豕祖甲。不用。
不[⿱午丵]黽
兆辭の一種。恐らく卜兆出現時に音がしなかつたことであらう。不[⿱午丵]ともいふ。

否は意符としてを加へた繁文、同源の字。金文に初出。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文の構形について二つの説がある。

一説には、は地面に象り、下部は植物の根鬚の形に象る、といふ(姚孝遂、何琳儀、趙誠)。本義は根鬚で、茇の初文(陳世輝)。陳世輝は、茇は不の後起の形聲字で、草の根を表す、とする。『説文解字・艸部・茇』艸根也。

また一説には、花萼の柎の形に象り、柎の本字といふ(羅振玉、王國維、郭沫若、徐中舒)。段注『詩』卾不𩏬𩏬。鄭玄《箋》云、不當作柎。柎、卾足也。古聲不、柎同。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文では用義が五つある。

  1. 大を表し、典籍に丕に作る。
    • 頌鼎敢對揚天子不(丕)顯魯休。
    • 盠駒尊王倗下不(丕)其(基)は、盛大な業の基を築き上げることをいふ。
  2. 否定副詞。後世のに相當する。
    • 五祀衛鼎女貯田不(否)。
  3. 否定副詞。猶ほのごとし。
    • 善夫山鼎毋敢不善
  4. 國名。典籍に邳に作る。
    • 邳伯罍不(邳)白(伯)夏子自乍阝尊罍
  5. 人名、氏族徽號。
    • 子不爵子不
    • 不壽簋王姜易(賜)不壽裘

屬性

U+4E0D
JIS: 1-41-52
當用漢字・常用漢字
𠀚
U+2001A
𠙐
U+20650

關聯字

不に從ふ字を不部 - 漢字私註部別一覽に蒐める。