戉 - 漢字私註

説文解字

戉
斧也。从𠄌聲。『司馬法』曰、夏執玄戉、殷執白戚、周左杖黃戉、右秉白髦。凡戉之屬皆从戉。
十二戉部

説文解字注

戉
大斧也。从戈𠄌聲。『司馬灋』曰、夏執玄戉、殷執白戚、周𠂇杖黃戉、又把白髦。凡戉之屬皆从戉。

康煕字典

部・劃數
戈部(一劃)

『唐韻』『集韻』『韻會』𠀤王伐切、音越。威斧也。杖而不用、明神武不殺也。『司馬法』夏執玄戉、殷執白戚、周左杖黃戉、右秉白旄。『周禮・夏官・大司馬』左執律、右秉戉。《註》律、所以聽軍聲也。戉、所以爲將威也。

又星名。『前漢・天文志』東井西曲星曰戉。『又』傷成戉。《註》賊傷之占、先成形於戉也。

又『正韻』魚厥切、音月。義同。○按【說文】等書切喻母。而【正韻】獨切疑母。蓋北音以疑爲喻也。

小篆从戈𠄌聲。俗加金作、則專取乎飾、其去古益遠矣。此古今字書之變。

音訓

ヱツ(漢) ヲチ(呉) 〈『廣韻・入聲・月・越』王伐切〉
まさかり

解字

白川

の初文で象形。

藤堂

象形。まさかりのやうな形をした古代の武器を描いたもので、丸く抉つた形をしてゐる。

落合

象形。刃先が丸い鉞の象形。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 鉞。甲骨文には祭祀の供物として記されてゐる。《懷特氏等所藏甲骨文集》1461丙申卜、叀茲戉、用于河。
  2. 祭祀名。《合集》6610貞、求、戉于祖乙。
  3. 地名またはその長。第一期(武丁代)に多く見える。《合補》1971貞、勿呼鳴從戉使眉。

は戉に意符としてを加へた繁文(戉亦聲の形聲字)であり、篆文で作られた。

漢字多功能字庫

甲骨文、金文は、斧鉞の形に象る。古の武器の一種で、の初文。

甲骨文では多く假借して歲となし、年を表す。《合集》37849今戉(歲)受禾

金文での用義は次のとほり。

屬性

U+6209
JIS: 1-56-90

關聯字

戉に從ふ字

戊聲の字