戈 - 漢字私註

説文解字

戈
平頭𢧢也。从橫之。象形。凡戈之屬皆从戈。
十二戈部

康煕字典

部・劃數
部首

『唐韻』『集韻』『韻會』『正韻』𠀤古禾切、音鍋。『說文』平頭戟也。『徐鍇曰』戟小支上向則爲戟、平之則爲戈。一曰戟偏距爲戈。『禮・曲禮』進戈者前其𨱔、後其刃。『正義曰』戈、鉤孑戟也。如戟而橫安刃、但頭不向上、爲鉤也。直刃長八寸、橫刃長六寸、刃下接柄處長四寸、𠀤廣二寸、用以鉤害人也。『周禮・冬官考工記』戈柲六尺有六寸。『又』戈廣二寸、內倍之、胡三之、援四之。《註》內謂胡以內接柲者也、胡、其孑也、援、直刃也。『釋名』戈、過也。所刺擣則決、所鉤引則制之、弗得過也。『書・牧誓』稱爾戈。《註》戈、短兵也。人執以舉之、故言稱也。又『典略』周有孤父之戈。

又國名。在宋鄭之閒、寒浞子豷封于戈、少康滅之。

又姓。『史記』夏後有戈氏、宋戈彥、明戈鎬。又

司戈、武職、從八品、唐天授年閒置。

从弋、一橫之。象形。

音訓

クヮ(漢、呉) 〈『廣韻・下平聲・戈・戈』古禾切〉
ほこ

解字

白川

象形。戈の形に象る。

説文解字に平頭の𢧢なりといふ。

金文の圖象に、呪飾の綏を加へるものが多く、修祓の呪器としても用ゐた。

藤堂

象形。鳶口型の刃に縱に柄をつけた古代のほこを描いたもので、鉤型に抉れて、敵を引つ掛けるのに用ゐる武器のこと。

のち、古代の作り方と全く違つた、二叉の槍をも戈と稱する。

落合

象形。長い柄の先に、柄に垂直に鋭い刃物を取り附けた武器であり、敵を突き刺すことを目的としてゐる。

甲骨文での用義は次のとほり。

  1. 武器の一種。《合集》29783其𢦚戈一戉九。
  2. 動詞。軍事攻撃の意。《合集》8397貞、叀黃令戈方。
  3. 地名またはその長。殷金文の圖象記號にも多く見える。《合集補編》11295・末尾驗辭戊戌王卜貞、田戈、往來亡災。王占曰、大吉。在四月。茲御、獲狐十又三。
戈人
戰爭に動員されてをり、兵士の意であらう。《合集補編》1845辛丑卜賓貞、叀羽令、以戈人伐𢀛方、[屮戈]。十三月。
四戈
神名。詳細不明。

甲骨文の要素としては、具體的に戈を使つた行爲のほか、戰鬪行爲を象徵するものとして使はれることもある。

漢字多功能字庫

字は長柄を裝著した戈の形に象る。戈は古代の橫刃の武器。後に戈の上端に矛頭を增し、戟と成す。

甲骨文は刻むのが難しく、比較的平たく眞つ直ぐな線で戈を表し、象形の程度は比較的低い。商代金文の戈字の象形の程度は比較的高く、西周以後だんだんと線條化された。金文、古璽いづれにもに從ふ戈があり、金屬で鑄造するのを強調してゐる。

朱駿聲『說文通訓定聲』弋者、柲也、長六尺六寸。其刃橫出、可句可擊、與矛專刺、殳專擊者不同。亦與戟之兼刺與句者異。按ずるに、柲は戈の長柄のこと。『周禮・冬官考工記・冶氏』戈廣三寸、內倍之、胡三之、援四之。按ずるに、戈の刃部を援と稱し、援の末の下(手許)に向かつてまがつた部分を胡と稱し、木柄に嵌入する一端を內と稱し、固定するための皮革の紐を通す小さい孔を穿と稱する。

甲骨文での用義は次のとほり。

金文での用義は次のとほり。

戰國竹簡では轉じて武力を指す。

幣文では古國名に用ゐる。

傳世文獻では武器の意から戰爭の意を派生する。『後漢書・公孫述傳』偃武息戈、卑辭事漢は、戰爭を止め、謙つた言辭で漢に仕へるの意。

屬性

U+6208
JIS: 1-56-89

関聯字

戈に從ふ字

説文解字・戈部のほか、以下の字など。