巟 - 漢字私註

説文解字

巟
あるいはに作る。
水廣也。从聲。『易』曰、包巟用馮河。
初句の段注に引申爲凡廣大之偁。『周頌』天作高山、大王荒之。《傳》曰、荒、大也。凡此等皆叚荒爲巟也。荒、蕪也。荒行而巟廢矣。といふ。
十一川部

康煕字典

部・劃數
巛部三劃

『唐韻』呼光切、音荒。『說文』水廣也。

又『玉篇』及也、至也。

又『說文』引『易』包巟。○按今『泰卦』作荒、古通。

異體字

或體。

音訓

クヮウ 〈『廣韻・下平聲・唐・荒』呼光切〉

解字

白川

象形。は死者の殘骨の象。その頭髮をなほ存する形で、の初文と見るべき字。巟の草間に遺棄される字が荒。

『説文解字』に水廣きなり。川に從ひ、亡聲。とするが、下部は県の從ふところと同じく頭髮の象で、川の流れではない。

流の從ふところは𠫓で倒子の象。流は子の生まれる形。あるいは屍の流れる形。

巟は空虛荒廢のことをいふ。

藤堂

は、ない、何も見えないの意。巟は、何も見えない虛しい川。(『学研新漢和大辞典』字條)

漢字多功能字庫

金文はに從ひ聲。小篆と構形が同じ。戴家祥は『説文解字』に從ひ、本義を水の廣遠なさまとする。

金文では國名に用ゐる。巟白簋巟白(伯)乍(作)姬寶簋。「巟白」は巟國の首領のこと。

巟はの古字。『説文解字』・段注(上揭)參照。戰國竹簡に巟をと讀む。《上博竹書五・三德》簡7喜樂無堇(限)度、是胃(謂)大巟(荒)、皇天弗京(諒)、必復之㠯(以)憂喪。

戰國竹簡に巟をまた用ゐて惶となし、畏懼を指す。《上博竹書四・曹沫之陳》簡61勇者喜之、巟(惶)者悔之は、勇氣ある人を喜ばせ、畏懼する人を後悔させるの意。

また用ゐてとなす。《郭店簡・唐虞之道》簡8愛親巟(忘)臤(賢)、仁而未義也。

屬性

U+5DDF
U+3829

關聯字

巟聲の字